\ えぬすぴブログ

タグ検索: トランスジェンダー

 #  [スポンサー広告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 #1790  [性別関連

「違和感」というよりも「不快感」 #トランスジェンダー

暑い日が続いている。 これまでにも何回か書いてきているけれど、体の性別への不快感が暑さ(寒さ)の不快感に似ているということについて。

「体の性別が嫌い」ということを言う時、その「不快感」まで伝えるのを難しく感じる。 それを例える時によく使うのが「暑さ」(冬の時期は「寒さ」)という言葉。

「ものすごく暑い時に、その暑さを意識しないでいられるなんてほとんど無理でしょう?」という風に。 それと同じように、起きている間は「性別」を意識して過ごしているというわけで。

何か他のことに集中して少しでも忘れるようにするのが、わたしにとっては精一杯。 完全に悟りを開いたような仙人みたいな人だったら、もしかして平気(?)なのかも知れないけれど、そこまでの「レベル」に到達できるとはとても思えないので。

暑さは「不快」だから少しでも涼しくなりたい

わたしが好きな服で出かけることなど色々やってきてるのは、その暑さを少しでも和らげたいから。 ノンパスなのは十分承知していても、人目を気にしている余裕もなくなる……と言うか、何と言うか。

ただ人目を気にしないとは言っても、「どんなことでもjというわけにはいかない。 「お風呂に行く」とか「水着で泳ぐ」とかのレベルになると、ハードルはとても高い。 でも、これからもずっとできないということになっても覚悟みたいなものはあるので平気かも。

昨晩は水着で海にいる夢を見て、目覚めた時の「虚無感」がいつもより強かったのだけれど。 もうそんなには辛くなくなっているし、こうして部屋で涼んで過ごせているからそれでもOK、ということで。

話がそれてしまった……。

体の性別への感じを表わすには「不快感」という言葉が合っていると思う。 これが「性別違和」みたいに「違和感」という言葉になると、わたしにはピンと来なくなる。

「暑くて不快感がある」というのはわかるけれど、「暑くて違和感がある」という風には言わないし。 言葉遣いも何か変だし。

わたしにとっては「性別違和」よりも「性別不快」という言葉の方がシックリくる。 自己紹介する時の言葉としては「性別違和」にしているけれど。

人によって感じ方も様々なので、より広い範囲を表わせる言葉の方がいいのかな、とも思う。 「トランスジェンダー」という言葉もかなり幅広い意味として使われるようになっているから。

スポンサーサイト

 #1789  [

トランスジェンダーへの医療サポート [ #トランスジェンダー ]

このごろはツイッターの方をよく見て書いている。 これからも、リアルタイム性の強いのはツイッター、色々まとめて書きたい時はブログという風に使い分けていくつもり。

オリンピックの方は、卓球もサッカーも終わったので観戦は一段落した。

友達と食事を一緒にすることがあっても、「性別」の話にはさっぱり関心がないので「難しい」とか「考えすぎ」とか言われておしまいになってしまう。 これは仕方のないところがあるかも。

結局はこうして一人静かにして書くことで気を済ませようということになる。

▽ トランスジェンダーへの医療サポート

今日は「LGBTの医療」という記事を見て、改めて考えてみた。

これまでにも色々な記事を見てきたけれど、トランスジェンダー向けの「医療サポート」がどういう状況なのか、よくわからない。 高額なSRSは無理なことだとしても、正式にホルモン療法できる所があるなら。 1本の注射が、とても遠く感じるので……。

LGBT関係の「心のサポート」や交流をするコミュニティは全国にたくさんあるみたい。 ただ、「体のサポート」のことはよくわからない。 「LGB」についてはあまり必要ないからというのがあるからかもしれない。

近くで「注射」できる所の病院を探しても見つからなかった。 専門クリニックが集中した都会に行くこと以外の方法もあったら良いのだけれど。

わたしが個人輸入しているところをずっと変えてない、これまで何のトラブルもない。 それでも、公的には色々な「警告」が出ている。 『わたぼく』でも、お医者さんの「幸せになりたいなら……」というセリフもあったし。

ざっと検索しただけでこんな感じ。

これくらい厳しい方が、軽い気持ちで手を出して後悔する人が減って良いかもしれない。 基本的に自己責任だし、継続的に服用すれば永久的に「不妊」になるみたいに後戻りできない作用もあるし。

わたしの場合、14年近くほぼ毎日服用してきているわけだけれど、女性化以外の目立った「副作用」はないので、危険という実感はない。 専門の検査などを全然していないのは良くないと自覚はしているけれど。

意志の力で女性ホルモンが出るんだったらいいけれど、それは無理な相談なので。

男性の生理現象がなくなるなど、体の不快感が減ったので、少しは人心地付くようになれたのがとても大きい。 こうして色々と話せるようになれたのもそのおかげ。 これからも続けたい。

※ 「体」のサポートをしてくれる所も欲しいです。 場所は栃木県、群馬県、埼玉県(北部)なら近いです。 高額になるのなら無理になるのですが、わたしの様な「女性」でない人でもホルモン補充療法などを受けられる病院やクリニックなどにお心当たりのある方がいらっしゃったら、教えていただけるととても助かりますのでお願い致します。

▼ 追記 (2016-08-23)

もしも注射などをする時に「自己責任」みたいな書類が必要なら全部サインするつもり。 それで、もしも体調が悪くなったとしても全部受け止める。

近くにあったとしても経済的に大変なのは同じでも、そういう場所があるとわかるだけでも心強い気持ちになれそう。

 #1781  [マンガ

『僕が私になるために』(平沢ゆうな) 特別公開

『僕が私になるために』の平沢ゆうなさんのツイッターで知った記事。

食べ物を使ったSRS(性別適合手術)の説明がわかりやすい、Episode 3 が特別公開されていた。

わたしは読んでも全然平気だったけれど、世の中の男性は違うのだろうか。

ここに限らず、次々と激しい痛みが続く描写がリアル。 体感しないとわからないんだろうな……。

わたしにとっては「なくなる」のは望むところなので、痛さは仕方ないと思う。 逆に心の方の痛みが和らぐはずだし。

現実的、と言うか経済的に全然難しいので、ネットで「SRS」を目にすると複雑で、その度に自分の心の狭さを思い知る。

ひとしきりドロドロしてしまうのが「日課」みたい。 さっきもツイッターに長々と書いてしまった。 なので、改めてブログに書いておこうと思った。

SRSどころか、その前段階のHRT(ホルモン補充療法)も、都会じゃなければ難しい。 保険も効かないのでお金もたくさん必要になる。

受診するだけでも「男性」という壁がとても高いことを実感する(電話は、もう嫌だ……)。 調子が悪いと、近くの病院の前を通り過ぎる度に平常心でいられなくなることもある。

そんな感じなのだけれど。

でも、SRSの具体的な方法だけでなく、「なぜしたいのか」という気持ちの方まで理解されるようになったら良いと思う。 これは本心で思っている。

 #1779  [性別関連

「 #トランスジェンダー のトイレ問題」

LGBTと言うか、主にトランスジェンダーの「トイレ問題」のニュースをよく見かける。 アメリカの「トイレ法案」でも色々と問題が起こっているみたい。

州ごとに法律が違うので複雑。 そして、アメリカに限ったことではなく世界中で起こっているはずの問題。

他の場所ならともかく、ずっとトイレに行かないでいるなんてわけにはいかない。

お店などのトイレが「男女別」なのはよくあることで、それだけでかなりプレッシャーがかかる。 我慢するか、他の所に行きたい。

スカートなどで男子トイレというのは、ものすごく驚かれるし注目される(もちろん恥ずかしい)。 かと言って、女子トイレというのは、迷惑なのではという罪の意識も出てくるし、本当の犯罪扱いになることもある(もちろんできない)。

3つ以上ある所で「誰でも使える」トイレがあるところならOKとして。

トイレが1つの時は「共用」。 2つの時は「男女別」ではなく「共用」と「女子用」にすればいいのでは?と思う。 これならそんなにお金もかからないだろうし。

よく行くお店でも2つがこうなっているので、精神的にもすごく助かっている。 あと、トイレのドアの前にもう1つドアがあるので、出入りするところを見られないというのも大きい。 「女子トイレが空いているのに、なんでわざわざそちらに?」みたいに思われなくて済むから。

調べてみたら、香川県の「PROUD」さんに「どんな性別でも使えるトイレのマーク」というのがあったので、こういうのも普及すれば良いと思う。 インタビューの内容、みんな同じように悩んできているのがよくわかる。

 #1776  [性別関連

「 #トランスジェンダー が言われて嬉しくなる言葉『○○○なったね!』」 [Letibee LIFE]

元の記事は Letibee Life にあったみたいだけれど、ページが見つからなかったのでハフポストにあった Letibee LIFE の記事にリンク。

 → トランスジェンダーが言われて嬉しくなる言葉「○○○なったね!」 | Letibee LIFE

これ、ものすごく、よくわかる! 

言って欲しい言葉だったらもちろん、単純に一言でも声をかけてくれるだけでうれしい。 本当に「調子はどう?」みたいなのでOK。

それで気にかけてくれていて無関心じゃないというのがよくわかるから。

正直言って、外見の変化なんてそうそう起こらないことは自分でもよく承知している。 見る人の表情で、その人の思っていることがとてもわかってしまう時もよくある……。

実際に言われるかどうかはともかくとして、口に出されなかったとしても悪口の方が何倍も多いと思える。

だから逆に、良いことの場合は一言で何倍も効果があるように感じるのかもしれない。

その人の希望の性別のイメージに合わせて「可愛くなった」とか「格好良くなった」とか言われて、うれしくならないはずがない。

 #1773  [性別関連

Google ニュースの検索

Google ニュース(Google ニュース)を検索する時のこと。 これまでは次のようにたくさんの語句を並べて一度に検索していた。

そして、検索語句が多過ぎると見つかりにくいということに、今更ながら気がついた。 もっと早ければ……と思ったんだけれど。

多くても4つくらいまでにしておくと良いみたいだ。

「LGBT」だと同性愛や両性愛(LGB)が多くてトランスジェンダー(T)は見つかりにくいので、別々に分けた。

それから、以前は「性同一性障害」で検索すると「解離性同一性障害」も出てくることがあった。 でも、今は"[ダブルクォーテーション]"で囲まなくてもOKみたいだ。

今度からこれで検索することにする。

 #1772  [性別関連

「TEDで絶賛されたあるトランスジェンダーのスピーチ」

いつものように検索していたら、「TEDで絶賛されたあるトランスジェンダーのスピーチ」という記事の後半があることがわかった。 5月に前半を読んで後編も気になっていたので、感想などを書いてみることにする。

父は受け入れなかったが母と兄(一卵性の双子)はありのままを受け入れた。 その後、みんなの説得で父が歩み寄るようになった。

家族関係は良好みたいだ。

小学校での「移行」は5年生になるまでは順調だった。 しかし、あることがきっかけで「ボディーガード」を付けられるようになり、それまでOKだった女子トイレもNGに。

ボディーガードという名前の「監視役」。 トイレの問題の解決、世界中どこでも難しそう。

転校しなければならなくなって、引っ越しで父と離れて家族がバラバラに。

新しい学校でも隠していなければいけないので、友達の家に遊びに行くこともできず「幽霊」のように過ごした。

そして、隠さなくてもよいプライベートスクールに通えることになった。 自分のことを話せる友達ができて、他の子にも話して皆が受け入れてくれた。

“私がトランスジェンダーだという事はみんなにとって大きな問題ではありませんでした。”

“トランスジェンダーであることは全く問題ないと思えるようになったんです。自分自身と、自分の身体を受け入れられるようになったんです。”

“私は女の子になる必要があって、それができないんだとわかるまで先に進めなかったこと。性別に囚われていたのです。”

“私たちは男女が分かれる法的な手続き書、パスポート、運転免許、税金、申請書、トイレまで、そのすべてにおいて思い知らされます。”

“皆さんには力があります、誰かの人生を変えることのできる力が。”

 #1769  [性別関連

「トランスジェンダーの自殺率は一般の9倍」 #トランスジェンダー

ツイッターのフォロー、近づき過ぎると苦しくなると思ってLGBT系や知り合った方たちを解除して……。

突然でごめんなさい。 自分へのフォロー・解除もご遠慮なくで、大丈夫なので……。

そうしたのに、つい気になってニュースを見てしまいたい時もあって。

今日も「生きづらさ」を表わすデータを見つけた。 自殺するリスクがどのくらい違うのか、という記事。

 → LGBT、性的マイノリティーの「生きづらさ」の正体~精神的な苦痛と自殺リスクに目を向けて|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

カミングアウトしていない人も多くて「原因不明」の場合もあるということで、正確にはわからないみたいだ。 また、「LG」に比べて「B」は1.5倍くらいになるというのもわかった。

ただ、「LGB」はあっても「T」のデータがなかったので、改めてまた調べてみた。

2011年のデータで、全米全体で4.6%、トランスジェンダーで41%ということだった。 ということで、9倍くらいということになりそう。 10倍くらい違うんじゃないかなと思っていたので、大体予想通り。

トランスジェンダーの自殺原因で多いのは「体の性別は死ぬまで変わらない」ということだろう。 たぶん、差別やいじめなどよりもずっと多いんじゃないかな。

自分の場合、物心ついた頃は漠然としてたけど「男」だというのが嫌で、小学中学年の頃には「まだ男でも女でもない性別という可能性も」とも思っていたけれど、第二次性徴がきちゃったのでもう無理だとあきらめた……という経過。

それにしても、17歳のリーラーさんがお母さんから言われた言葉が……。 これは相当なダメージを受けるはず。

“あなたは本当の女の子にはなれない。神は間違いを犯さない。あなたが間違っている”

これって、世界中のどこにも逃げ場がなくなるくらい、追い詰める言葉だよ。 そして、自殺後のインタビューでも「彼」とか言ってて、さらに追い打ちみたいで……。

本当に、言葉が出てこない。 少しでもこういう自殺が減るように、「リーラー法」みたいなのが本当に実現すればいいと願うよ。

自分だって「本当の女の子」になれないなんてことは、とっくにわかっていて。 自分だけでなく大抵の人たちは「サンタクロースがいるかいないか」を知るくらいには「体の性別が変わるのは無理」とわかってくるんじゃないのかな。

それでも、とりあえず「抵抗」はしたいから、ジタバタしたくなって。 それがムダな努力に終わることも多いわけで……。 声変わりも止められないし、ヒゲを全部抜いてもまたすぐに生えてきちゃうしね……。

自分は、自殺は何となく考えたとしても実際はしないように、ずっとしてきてる。 何か「悪い魂」になってしまいそうだから……。

神様みたいな存在を心の底から信じているわけじゃないけれど、「」みたいなものはあると思っていて。 きっとそれには「性別」なんかなくて、体があった時よりは苦しく感じなくなるんじゃないかという風に。

と言うか、死んでからも「男」だったとしたら死ぬほど嫌だよ……矛盾してる言葉だけれどね。

上手く言えないけれど、「良い魂のために良いことを」とか「幸せポイントみたいなのをためていけばきっと良いことが」とか、そんな風に意識して行動してきているから、根っからの「優しさ」とは全然違うので。

他人からだけでなく、自分でも自己中心的で偽善的な考え方かも知れないって思ってるよ。 それでも何もしないままなのよりはよっぽどいいし、ある程度は「気休め」になるのが大きいから。

……ゴチャゴチャしてきたので、あと一言で。

一番願うのは、もしも生まれ変わりがあったとしたら、みんなが希望の性別になれるといいな……ということ。

07 ← 2017年08月 → 09
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。