\ えぬすぴブログ

タグ検索: パナマ文書

 #1760  [ニュース

タックスヘイブンやパナマ文書についての最新ニュース

久しぶりにタックス・ヘイブンについて調べた。

 → タックスヘイブン OR パナマ文書 - Google ニュース検索

最新のニュースもいくつかあった。

パナマ1カ国の1事務所のデータの流出だけで、ここまで多くの世界の要人の他にたくさんの個人や企業の名前が上がっている。 もちろん、日本の個人や企業も多そうだ。

パナマ文書に名前があがっていたメッシとその父親に対しては、脱税で禁錮21ヶ月と罰金370万ユーロ(約4億円)という有罪判決が出たということだ。 アルゼンチン代表引退というのはこのことと関係ないのかな? 

 → メッシ、脱税の有罪判決に控訴 弁護士が「判決は正しくない」 - Goal.com

世界全体での金額は約3千兆円(!)ということで、先進国の国家予算の何十倍くらいの規模。 今回のパナマ文書は氷山の一角(一欠片)で、未解決に近い状態のままだという感じがする。

資本主義なのに逆進課税という、矛盾してねじれた状態がずっと続いてしまうことになると思うので、何とか解決されれば良いと思う。

 #1730  [ニュース

「タックス・ヘイブン」、「刺傷事件」、「東京五輪 裏金疑惑」などについて

「タックス・ヘイブン」、「刺傷事件」、「東京五輪 裏金疑惑」などについて思ったこと。

文章が長くなったので、続きの本文は追記で。↓

 #1724  [ニュース

日本では「調査しない」パナマ文書を検索・ダウンロード

日本では「パナマ文書」に関しては政府が「調査しない」というあまりにも大胆な方針を出した。

それだけではなくマスコミも「(詳しく)報道しない」方針のようだ。 パナマ文書の正式リストで名前や住所などが公表された5月10日を過ぎてもあまり変わっていない。

世界では政府を巻き込んでの問題になっているのに、まるで他人事っぽくて、日本国内のことについては詳しく触れない。

ちなみに、「国境なき記者団」の「世界報道自由ランキング」(Template:世界報道自由度ランキング - Wikipedia)では日本は72位で「問題な状態」。 ここ数年、急速に悪くなっている。

誰もが知っている有名な企業・団体もあるのに、その名前さえ「報道しない」という徹底ぶり。 たくさんあり過ぎるので、もしも関連企業の不買運動をしたら、常に意識しないと生活が困難になりそうなレベル。

その金額が莫大過ぎるからという理由もあるのだろう。 合計すると国家予算レベルで「人の生命<お金」が成り立ちそうなくらい。

今は個人でもネットで検索するだけで色々なことがわかる時代。 知る人が増えれば増えるほど、悪いことをされる危険性は低くなるのでは……と思うのだけれど。

ICIJ、国際調査報道ジャーナリスト連合のサイトからは、データベースの検索やデータのダウンロードもできるようになっている。 最初の注意書きを意訳すると「名前があっても悪いことをした人とは限りません」ということかな。

検索結果でつながりが一目でわかる関連図も出るのでわかりやすい。

使い方は、Gigazineの解説がわかりやすかった。  → 「パナマ文書」のデータベースがついに公開、誰でもカンタンに検索する方法はコレ - GIGAZINE

ダウンロードされるZIPファイルの中身はCSVファイル。 大きいのは100MB以上もあって開くだけでも時間がかかるくらい。

これだけのことでも数の多さを実感する。 リークされたファイルのサイズは2.6TBということで、この何万倍になるの?というくらい巨大だ。

「タックス・ヘイヴン」(租税回避地)を利用するのは形式上で「合法」になるからって、悪いことには違いがない。 正直な人ほど損をする世の中になっていってしまう。

資金だけでなく疑惑も「洗浄」されて、きれいな社会になれば良い。 社会の仕組みが大きく変わるきっかけになってほしい。

 #1700  [ニュース

パナマだけではないタックスヘイブン(租税回避地)

タックスヘイブン(租税回避地)は、パナマだけではなく世界中にあった。

主な所では、日本はケイマン諸島、アメリカはデラウエア州に集中しているみたいだ。

人口5万人のケイマン諸島にある日本の資産は約61兆円(国家予算並み?)もあるそうで、国内の法人税率(2015年の基本税率は23.9%)で計算すると約14兆円の税収になるそうだ。

アメリカのデラウェア州は人口が897,934人なのに、企業の数は945,326社!  このデータだけを見ても異常過ぎるのがわかる。

当たり前だけれど、パナマだけの問題ではなかった。

世界の1%の人が持っている資産が世界の50%以上だったのが99%以上になりそうだ」という記事を見たことがあるけれど、実際はもっと貧富の差が激しくなっているんだろうな。

 → CNN.co.jp : 1%の富裕層、世界の富の半分を保有へ

差があるのは仕方がないかも知れないけれど、ここまで来るとさすがに異常事態なのでは?  もう少し何とかならないものか……。

「パナマ文書の完全版」は5月初めに公開される予定ということで、これをきっかけにして日本だけでなく世界中で隠れている資産が解明されたら、どうなるんだろう?  想像できないくらい巨大な金額になりそう。

 #1697  [ニュース

「パナマ文書」 スキャンダル

ニュースを検索していたら「パナマ文書」という言葉を見つけた。

何となく「死海文書」みたいな歴史的な大発見なのかも?!と思ったら、違った。 ただ、「歴史的」ということには変わりないかも。

流出したのは「合計2.6テラバイトの1150万件の文書」ということで、とにかくすごい量だ。 全部保存するには、内蔵HDDでも10,000円ちょっとするくらい(あまり関係ないけれど)。

1150万件を紙媒体にしたらトラックで約1000台分(!)になるそうで、ちょっと想像できない。 実際には無理だろうけれど、1台分を1日で調べ終えたとしても3年くらいかかる計算……。

世界各国で調査が始まっている中で「日本は?」と言うと、何と「日本政府としては調査しない」方針ということで、本当にこれで大丈夫なのか?……と心配になる。

他の国では、ロシアは「西側の陰謀」、中国は「報道規制・検索制限」。 規制する国が多いほど、情報の重要性や真実味が増していくような……。

国のトップの個人名もあって、これが元で実際に首相が辞任しているそうだ。 また、世界的にも有名な企業も多くて、これからますます大きな問題になっていきそうだ(もちろん、「調査しない」日本も例外なく)。

課税を逃れる「租税回避」(租税回避 - Wikipedia)の手段ということで、脱税のように違法ではないことだとしても、印象はかなり悪いし倫理的にも問題がありそう。 そう言えば、日本の船なのに「パナマ船籍」というのをニュースで何度も聞いてその度に不自然に感じていたし、そのへんも怪しいことだったのかも。

徹底的に解明して、悪いことがなくなっていけばいいと思う。

09 ← 2017年10月 → 11
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)