\ えぬすぴブログ

タグ検索: 映画

 #  [スポンサー広告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 #1766  [性別関連

『リリーのすべて』、9月7日にBlu-ray&DVDリリース

『リリーのすべて』、映画は見なかったのだけれど、9月7日にBlu-ray&DVDがリリースされるということなので観てみたい。

モデルになったリリー・エルベさんについては、世界で初めて「性別適合手術(SRS)」を受けた人という知識くらいしかない。

※「手術」の名称は今までに「性転換手術」→「性別再判定手術」→「性別適合手術」と変わってきている。

リリー・エルベさんは1882年生まれ。 最初の手術を受けたのは1930年ということなので、48歳の時になる。 けっこう遅い(ボクの年齢でも何とかなるのかな……お金を作れば)。 「母」になりたいために卵巣や子宮の移植手術まで受けたということなので、女性になりたい気持ちがとても強かったに違いない。

舞台は1920年代(日本では大正時代)のコペンハーゲン。 アンデルセンの没後50年くらい。

当時のデンマークは同性愛が刑法での犯罪扱い。 手術のことを知った国王から婚姻を無効とされていた。

……そういう時代だ。

その数十年前と同じ考え方をする人々が今もいるのは確かだけれど、時代の流れとともに誤りが修正されたり改善されたりしてきているんだということはわかる。

 → リリー・エルベ - Wikipedia

ウィキペディアの記事を読んで、公式サイトの「TRAILER」も全部見て。

最初は興味半分だったのがだんだんと本気に?……という印象も持ったのだけれど。 元から女性的な顔つきと体だったということなので、その影響も多少あったんだろうか(もしも違っていたら、ごめんなさい)。

「自分の体じゃない」とか「本当の自分」とかの感覚にはとても共感できる。

また、リリーさんにとっては妻のゲルダさんの存在がとても大きかったと思う。 好きな人の幸せを考えて受け入れようとする心の広さに、きっととても支えられたのだと思う。 もしも一人だったら実現できなかったんじゃないかと思えるくらい。

テーマとして「恋愛をするのは魂だからジェンダーは関係ない」みたいな要素も強くあるのだろうか。 そういうのだったら、余計に関心が出てくる。

スポンサーサイト

 #1728  [マンガ

「聲の形」 劇場アニメ化(9月17日公開)

「聲の形」が劇場版アニメとして公開されるということをだいぶ前にネットのニュースで知った。 それからけっこう経ってしまったけれど、書いておこうと思う。

制作は京都アニメーションということで、もちろん期待も大きい。 PVも良い感じでアニメの絵柄にも原作の雰囲気が出ていて良いと思う。 声優さんたちが誰になるのかも、とても気になるところ(感情が出せないような人になったら……)。

マンガで上手く表現されていた手話や「硝子から見た世界」がアニメではどういうものになるのかも。

マンガを読んでとても衝撃を受けて今でも印象に残っている。

「すごいマンガ」として紹介されていたのを知って、本屋さんに置いてあった小冊子を試し読みしたのがきっかけ。 聴覚障害のあるヒロイン(西宮硝子)のことがとても気がかりになって、その場で買って家に帰ってからすぐに読み始めた。

発音が上手くできずに声での会話が不自由にことで起こる様々なこと……もちろん、いじめなどが起こることは覚悟していたけれど、予想以上に「衝撃的」だった。

人の心の裏表、キレイ事だけでなくキタナイ事も容赦なく描かれているのが強く伝わってきて、心の底の底までかき回されるような感覚だった。

他の登場人物たちの気持ちの移り変わりがとてもリアルで人間っぽい。

最終巻(第7巻)の最後のお話まで読み進める時間は、すごく濃いものになった。

そして、キャラクターに無駄がない(使い捨てではない)。 上手く言えないけれど、そんな感じ。

読み返したら、もっともっと思い出すはず。 なかなか心の準備が整わなくてまだ一度きりなのだけれど。 また読んでみて、改めて感想を書きたいと思った。

 #1649  [日記

「チョコレートドーナツ(Any Day Now)」を観た

友達から「とても良い」と勧められて、「チョコレートドーナツ(Any Day Now)」をDVDで観た。

……本当に涙が出てきた。 悲しいというよりも悔しい気持ちの方がずっと大きくて……。

“実話に着想を得て製作された映画”という言葉が、改めて重くのしかかってきた。

異性愛の親なら誰でも良くて、同性愛の親なら誰でも悪いとでも……? そんなに単純なはずがない。

「恋愛」で結ばれた「血のつながりがない」二人だって家族なのに。

混乱させることかどうかとか、何も知らない他人が決めて良いはずないのに。

とても大切なのは愛情の深さのはずなのに。

……本当に色々な感情が湧き起こった。

観てから数日経っているんだけれど、今でもその時の感情をしっかりと思い起こせるくらい。

 #821  [アニメ

「崖の上のポニョ」を見て

テレビで放送された「崖の上のポニョ」を見ました。

※ ネタバレしているかも知れませんので、あとは「追記」の方に書きます。
  また、一度書いてから何度か書き直しました。
↓ 

FC2ブログ > ジャンル:アニメ・コミック > テーマ:「崖の上のポニョ」

 #381  [アニメ

「時をかける少女」、7月21日(土)にテレビ放送!

7月21日、「時をかける少女」の映画が2本続けてテレビで放送されます♪ 

金曜日の深夜ということにもなりますが、実写版の「時をかける少女」(1983/角川春樹事務所)の放送があって、土曜日の夜には、アニメ版の「時をかける少女」が放送されます。 (関東地方以外では違う場合があるかも知れません)

  • 7月21日(土) 2:50~ 4:55 「時をかける少女」(1983/角川春樹事務所)
  • 7月21日(土)21:00~23:10 「時をかける少女」(2006/角川書店)
07 ← 2017年08月 → 09
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。