\ えぬすぴブログ

タグ検索: 薬

 #1437  [性別関連

「女性になりたい」少年に未承認剤

夕ご飯、食べ忘れるところだった。 夜10時頃、目薬を付ける時に思い出した。

昼ご飯と同じように、蒸したキャベツを食パン(1枚)で挟んで食べた。 食欲が全然ないわけじゃないけれど、後はお菓子を少し食べるだけで済んでしまえる。

食べた後は習慣で、もう一種類の目薬。 それから、女性ホルモンの薬も。
 ↓

 #1427  [

目医者さんで診察(視野検査)

頭の中はこれからのこと――主にお仕事のことでいっぱいな毎日。 でも、今月中の予定なので、忘れずに行った。

視力検査をしたら、なぜか両目とも0.1が見えた! とても久しぶりのことで、自分でもなぜだかわからない。 出かけることが多くなったからかも。

眼圧は両目とも8くらいに抑えられていて、目薬もちゃんと効いていそう。

今回は、視野検査もした。 右目は無事で、左目の視野の欠損も図で見ると4年前と比べてあまり変わらなかった。

ただ、細かい所で悪くなっているかも知れないということだった。 ボク自身も見づらい所が前より多くなった感じがしている。

(左目) ボクの左目

このあとの4年も、あまり進まないようにするのが目標。

緑内障は両目とも同じくらい進んでいくということなので、ボクみたいに片目だけというのは不自然。

緑内障に気付く前に事故に遭ったこともないので、なぜなのかはボクにもわからない。 幼稚園の時と小学生の時に自動車事故で入院したことがあるけれど、昔のは関係ないということなので。

ただ、もしも事故などが原因だとしたら、そういうことに遭わなければ無事に済むということになりそう。 もちろん、油断しないで目薬を忘れないようにするけれど。

目薬を受け取る時、紫の「トラバタンズ」は、目の周りが黒ずんだり、まつげが伸びたり太くなったりすると、改めて注意もしていただいた。 すぐに洗い流せるように、お風呂に入る前のタイミングが良いということも。

また、他の目薬(黄色の「ミケランLA」とオレンジの「エイゾプト」)にはそのような副作用はないということだった。

自分ではあまり変わったように感じないし、まつげが伸びても全然かまわない。

実は、最近は目薬を忘れることが多くなっている。 2種類付けないといけないのに、1種類だけでその後のを忘れたりとか…。 いつもよりも気を付けるようにしようと思った。

 #1393  [

目医者さんで診察(OCT)

目医者さんに行ってきた。

いつもの視力検査と眼圧検査のほかに眼底検査も。 瞳孔を開く目薬をしてしばらく経つと、まわりが少しまぶしくなって効いてきたのがわかった(笑)。

前回新しく追加した“どろり濃厚”なエイゾプト(目薬)も効いたみたいで、眼圧は今までの最低記録を更新してにまで下がっていた。

…とは言っても、目の感覚は全然変わらないので実感がない。 ちょっと触っただけで凹んでしまう…なんてこともないので(笑)。

少しでも下げた方が良いわけだけれど、ゼロやマイナスにはできないから、そろそろ限界に近いかも?(苦笑)。

それから、網膜の厚さを調べるOCTという検査を初めて受けた。 一面赤い中にチカチカする緑っぽい光点を見るだけで、すぐに終わった。 「ものすごく赤!」という感じで、かなりサイケデリックだった(笑)。

その結果は予想通りという感じだった。 左目の方は半分近くレッドゾーンになっていて、右目の方はほとんどグリーン。 視野が欠けている割合と同じくらいで、目の状態がはっきりと確かめられた形になった。

目薬の追加は、エイゾプト一つだけ。

注意書きには「よく振ってからお使いください」とあるけれど、うっかり忘れても大丈夫。 振らないままだと液が落ちてこないので、すぐに気付けるから。 それくらいドロリとしている(笑)。

 #1371  [

目医者さんで診察(目薬追加)

目医者さんに行ってきた。

目薬、新しく1つ増えてしまった(笑)。 「エイゾプト」という名前で、眼圧を下げるための目薬。

今回の眼圧も9くらいで、低く安定しているけれど。

視野検査で少し進んでいるのがわかったので、先のことを考えると眼圧を更に低くしておく方が良いということに。 症状が進んでいくのは仕方ないけれど、少しでも遅らせるということなので。

1ヶ月くらい試して、また診察していただいて、効果を確認することに。

ほかの目薬と一緒に点眼するときは間隔を10分以上開けるので、今までより時間がかかりそう(苦笑)。 忙しいときは5分でもよいみたいだけれど、そこまでしなくても大丈夫かな。

ご飯を食べる前と後で点眼するという方法も教えていただいた。 その方が間違わずに気楽にできそう。

さっき初めて「エイゾプト」を点眼してみた。 本当に液が濃い感じで、しばらくの間は白くかすんで見えるくらいだった(苦笑)。

よく振ってからお使いください」という注意書きもあるので、扱い方としては「どろり濃厚ジュース」みたいだと思った(笑)。 ピンクだったらピーチ味っぽい?とか余計なことを考えたけれど、容器はオレンジ色(笑)。

「ミケランLA」(黄色)と「トラバタンズ」(紫)は、これまで通り。 紫のは25℃以下で保存するので、夏の間はずっと冷蔵庫の中。

つける順番は、朝は「オレンジ → 黄色」で、晩は「紫 → オレンジ」。 厳密に守らなくても大丈夫ということだけれど、少しややこしい感じ(苦笑)。

これまでずっと一回一種類だったから、間違えたり忘れたりしないように。

目薬

 #1369  [日記

新しいかゆみ止め

昼間以外、半袖では肌寒かった一日。 体は「酷暑モード」が残っているので、調子が狂ってしまいそう(苦笑)。

でも、そのせいか、新しい虫さされがあまりできなくなって済んでいるので、落ち着ける…。

かゆみ止めを買ってきた。 今度は塗り薬ではなく軟膏にして、傷の回復が良くなりそうな組織修復剤(アラントイン)の成分がある物で、一番お手頃なのにした。

早速塗ってみた。 よく効いている感じ♪

 #1349  [日記

虫さされ、かゆみに効く薬

虫さされの跡があちこちにできていて、なかなかおさまらない(汗)。

昼間は割と大丈夫なのに、夜になると急にかゆみが強くなるから困ってしまう(焦)。 しみるのでなかなか薬を塗れないくらい、ひどくなっている所もある…。 液状じゃなくて、軟膏タイプの方がいいのかな。

ドラッグストアに行ったときに色々見ていたら、「ムヒ ホワイティ」というのがあったので買ってきた。
 → ムヒホワイティブランドサイト|池田模範堂

「跡が残りにくい」という特徴なので、主に新しくできてしまった所に使っている。 目薬みたいな感じで、とろっとしていた。

効いてくれるといいな。 ただ、もう跡がはっきり残っている所は薄くならないかも?(苦笑)。

最近使ってよく効く感じだったのは「マキロンかゆみどめ液P」。 気軽に持ち歩ける大きさで、ピカチュウも可愛い♪(笑)。 ツンとするにおいがなくて、ベタベタしなくて、いい感じ♪
 → マキロンかゆみどめ液P|第一三共ヘルスケア

 #1338  [日記

深夜から「夏目友人帳」

夜が更けるまで暑い時間が続く…。

この時期は気を付けていないと虫さされもひどくなる。 殺虫剤、かゆみ止めなどが欠かせない。 かゆみを感じたときは早めに殺菌消毒薬も塗るようにして、去年までよりは跡がひどくならなくなったかも?

今日はずっとぼんやりした感じで、眠かった…zzz 夜が更けて涼しくなってくると、ホッとできる。

今期も深夜の時間帯はアニメのラッシュアワー。 アニメが好きでも、多すぎて付いていくのが大変に感じられるくらい(苦笑)。

今夜は1:30から「夏目」の放送も。

コミックスを読んでいて、今期の中で原作を知っている唯一の作品。 アニメではどんな風に描かれるのか、あのキャラの声優さんは誰になるのか、というのも楽しみ。

眠れていなかったら、リアルタイムでも見るつもり。

 #972  [性別関連

“子どもの性同一性障害”の記事

性同一性障害についての記事を見つけた。

「心の性別」のことでは、どう判断するのが良いのか難しそう。

思春期のころは特に、「同性が好きだから」などの理由から自分の心の性別がわかりづらくなることもありそうだし。

それから、本人にもまだよく気持ちがわからないのに、男っぽいとか女っぽいとかでまわりで判断して決めるみたいなことだってあるかも。

思い違いだったからと言って、あとでホルモン治療をやめるということになっても、体が元通りにならない場合があるだろうし。 それでかえって前よりも気持ちがひどくなってしまう場合だってあるかも。

かといって、何もしないままでもひどいのが変わらないかも…。

ボクの場合は、異性も同性もそういう風に好きになることはなかったし、自分の心の性別がどちらなのかという風にも考えなかった。 今も同じようだから、そのような気持ちでわからないことも多いんだけれど。

FC2ブログ > ジャンル:心と身体 > テーマ:性同一性障害

09 ← 2017年10月 → 11
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)