\ えぬすぴブログ

カテゴリー: マンガ

 #  [スポンサー広告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 #1791  [マンガ

小椋アカネさんの『彼女になる日』

小椋アカネさんの『彼女になる日』『彼女になる日 another』、どちらも大好きで何度も読み返している。 昔から女の人になることを空想して、このお話の「羽化」みたいに細胞レベルから変われることを望んできているので。

『彼女になる日』の第3巻はもうすぐ、9月5日に発売。 続きが気になっているので、出たらすぐに読みたい。

そして、とてもうれしいことも!  ツイッターで思い切って感想を書いたら、小椋アカネさんご本人からの返信(リプライ)があって。 とてもうれしい! 

 → 小椋アカネさんのツイート: @YUI_NS

わたしの気持ちを気遣っていただく内容でもあったので、とてもあたたかいような気持ちになれて、心がいっぱいになっているほどで……(まだ現在形)。

わたしに限らず、「トランス」に強い願望があるなら、余計に心が和らぐようなお話になるのでは。

と言うか、わたしはついこんな風に色々と考え過ぎてしまうけれど、そういう「性別」のことを難しく考えなくても楽しく読めるお話だと思う。 誤解があったらいけないので、念のために。

大切に感じるということに「性別」は関係ないみたいなことも、大きなテーマかも。 支える人がいることの大切さも伝わってくるよ。

女の人になれないことなどは、子供の頃には何となくわかるもので、何となくあきらめてしまうものでもあった。

でも、「手段」が見つかってからは希望も出てきて。 女の人そのものは無理でも、少しでも「それっぽく」なら、ちょっとは近づいていけるし。

体の不快感はなくならないとしても、お薬の力で実際に和らげることもできる。 性別の特徴が目立ってしまう所は大体そのまま……でもあるんだけれどね。 その辺は自分の想像力(誤解力?)で何とか補う、ということで。

この先も、少しでも楽に過ごしていけるように、心の方も成長していけたらいいな。

スポンサーサイト

 #1781  [マンガ

『僕が私になるために』(平沢ゆうな) 特別公開

『僕が私になるために』の平沢ゆうなさんのツイッターで知った記事。

食べ物を使ったSRS(性別適合手術)の説明がわかりやすい、Episode 3 が特別公開されていた。

わたしは読んでも全然平気だったけれど、世の中の男性は違うのだろうか。

ここに限らず、次々と激しい痛みが続く描写がリアル。 体感しないとわからないんだろうな……。

わたしにとっては「なくなる」のは望むところなので、痛さは仕方ないと思う。 逆に心の方の痛みが和らぐはずだし。

現実的、と言うか経済的に全然難しいので、ネットで「SRS」を目にすると複雑で、その度に自分の心の狭さを思い知る。

ひとしきりドロドロしてしまうのが「日課」みたい。 さっきもツイッターに長々と書いてしまった。 なので、改めてブログに書いておこうと思った。

SRSどころか、その前段階のHRT(ホルモン補充療法)も、都会じゃなければ難しい。 保険も効かないのでお金もたくさん必要になる。

受診するだけでも「男性」という壁がとても高いことを実感する(電話は、もう嫌だ……)。 調子が悪いと、近くの病院の前を通り過ぎる度に平常心でいられなくなることもある。

そんな感じなのだけれど。

でも、SRSの具体的な方法だけでなく、「なぜしたいのか」という気持ちの方まで理解されるようになったら良いと思う。 これは本心で思っている。

 #1763  [マンガ

『僕が私になるために』(平沢ゆうな)

僕が私になるために

すごく、痛い!!!

というのが強烈に伝わってきた。

そして、その痛い期間が長いということも。 正直、もっと短いかもしれないと思っていたので予想外だった。

性別適合手術(SRS)が終わった後の痛みも詳しくて具体的だった。

もうなくなってるのに痛いという幻肢痛は特に辛そう。 その例え方がソーセージにナイフやフォークを刺すと、かなり具体的。

食べ物を使って「図解」された手術のビフォー・アフター、わかりやすかった。 カバーを取った表紙の表裏にも「図解」があって、擬音もおかしかった(笑)。

異国の地で一人ということも含めて、強い孤独感も伝わってきた。 あと、タイのみなさんのお人柄も。 とても自由で明るそうな感じで、心強くもなれそう。

マンガの終わりの方に出てくる「女の人」が他人に見えなかった。 声も小さいし、たぶん、ボクもほとんどこんな雰囲気に見えているのでは……。 そのせいか、一緒に応援されているような気持ちになれた。

 #1762  [マンガ

『やがて君になる』(仲谷鳰)〈1〉〈2〉

『やがて君になる』〈1〉〈2〉を読んだ。 略称は「やが君」。 作者は仲谷鳰(なかたににお)さん。

ネット通販でコミックスのおすすめとして出たのが知ったきっかけ。

人に恋する気持ちがわからないという小糸侑。 そして、これまで誰から告白されてもどきどきしなかったのに、侑のことを「好きになりそう」な七海燈子。 この二人の関係にとても共感できる。

百合的なお話としてもとても良かったし、とても好き。 そして、Aセクシャル要素も強いお話だと思った。

以前読んだ「LGBTだけじゃない12の性的指向」の記事に出ていたどれかにとても近そう。

 → 「ズッキーニ」って何? LGBTだけじゃない12の性的指向、まとめてみました。

  • 「特別と思う気持ちがわからない」
  • 「どきどきしない」
  • 「きっと誰のことも特別と思わない」

このような侑の気持ちは、ボクの感じてきていることそのままだ。 特別な「友だち」と思う気持ちはあると思うけれど、何となく自信がない。

「好きになりたいという相手のことを自分も好きになりたい」という気持ちもわかる。 ボクにとっては、この気持ちがあることで支えられているところがある。

第3巻の出る秋が待ち遠しい。 この先の二人の気持ちの変化や成長や揺れ動きからも目が離せない。

やがて君になる〈1〉〈2〉

▽ 追記

「恋愛感情が少ない」というのと似ているようだけれど「誰のことも好きになりたくない」という気持ちとは大きく違う。

好きな気持ちの表われ方の違いでもあると思う。

これを自然なこととして受け入れるかどうか、この辺のことを考え過ぎると負の方向に行きやすいかも……。 「いつかわかる時まで」とか「このままでもいい」とか、ある程度ゆとりを持って考えないと。 そして、その時間が長くなっても平気なようにしないと……。

「好きになりたいという相手のことを自分も好きになりたい」

こういう気持ちはこれからも忘れたくないと、改めて思わされた 。 ただ、キスはハードルが高いし、「ふれあう恋愛」としてでなかったらという条件付きで。

 #1758  [マンガ

性別適合手術ドキュメント『僕が私になるために』(平沢ゆうな) <紹介>

性別適合手術のドキュメント『僕が私になるために』(平沢ゆうな)というマンガが発売されたそうだ。 作者さんご自身でしかわからない描写も多いみたいで、その辺にも強い関心がある。 ボクには色々な意味で具体的な知識がないので。

本屋さんに行ったら探して買ってみたい。

 → 話題の漫画発売!タイでの性別適合手術ドキュメント?僕が私になるために・平沢ゆうな | Letibee Life

試し読みもした。 かなり赤裸々だ。 そして、タイの人ってすごくて明るい人が多くて雰囲気が良さそうだとも思った。

 → 僕が私になるために/平沢ゆうな Episode 1 - モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ

こちらの『extra』の試し読みもした。

 → 僕が私になるために/平沢ゆうな 【僕が私になるためにextra】 性の境界線 - モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ

「リリーのすべて」、気になってはいたけれど、気持ちの面で何となく観に行かなかった。 調べてみたら9月7日にディスクが出るみたいなので、それで観てみようと思う。

『ブレンダと呼ばれた少年』のブレンダのお話はいつ思い出しても辛い……。 ある意味「人体実験」みたいで、もう、こんな悲劇は起きて欲しくない。

ボクに限っては事故でもいいから自分のがなくなって欲しいとは思っている。 実際に事故に遭ったこともあるけれど、一度目は小さかった頃なので覚えていないし、二度目は足が痛かったことくらいしか覚えていない。 これからもわざと遭うことはしないけれど、そんなことを考えてしまうこともあるのは、まずいのだろうか……。

だいぶ前から覚悟するようにしているけれど、怠けている方だから、経済的な現実として手術なんてとても叶いそうもない。 今時は余計に出来なかったり見つからなかったりするものかも知れないけれど、天職みたいなものがわからない。

心のなかは嫉妬もいっぱいでドロドロ。 そして、自己嫌悪の後に、気持ちが下がらないように動機を見つけようとする……その繰り返し。

何とかジタバタしたい。 とりあえず、一日一日を乗り切って過ごせられるような気力を身につけたい。

 #1747  [マンガ

『ユリ熊嵐』 森島明子さんのブログ「おとなの発達障害かもしれない!?」

『ユリ熊嵐』のコミックスなどを描かれた森島明子さんのブログ「おとなの発達障害かもしれない!?」を読んでいる。

目の前にあった探しものが見つからなかったりとか、目的の物を買いに行ってそれだけ買い忘れるとか、本当に「あるある!」って思った。 ボクもキーボードのすぐ横の携帯に気づけなかったり、パンを買いに行って野菜だけ買って来たり……と、似たようなことが日常茶飯事なので。

コミックス版の『ユリ熊嵐』(全3巻)は、アニメのお話とはだいぶ違っている。 女の子たちが性格も含めてとても可愛いというところから始まって、実は心の方が……みたいな展開。 決め台詞的な展開が多かったアニメ版はシュールでもあったし、コミックス版のメンタル的なお話も良かった。 心の奥に潜む影まで迫るような感じで、最後までドキドキしながら読んだ。

 #1728  [マンガ

「聲の形」 劇場アニメ化(9月17日公開)

「聲の形」が劇場版アニメとして公開されるということをだいぶ前にネットのニュースで知った。 それからけっこう経ってしまったけれど、書いておこうと思う。

制作は京都アニメーションということで、もちろん期待も大きい。 PVも良い感じでアニメの絵柄にも原作の雰囲気が出ていて良いと思う。 声優さんたちが誰になるのかも、とても気になるところ(感情が出せないような人になったら……)。

マンガで上手く表現されていた手話や「硝子から見た世界」がアニメではどういうものになるのかも。

マンガを読んでとても衝撃を受けて今でも印象に残っている。

「すごいマンガ」として紹介されていたのを知って、本屋さんに置いてあった小冊子を試し読みしたのがきっかけ。 聴覚障害のあるヒロイン(西宮硝子)のことがとても気がかりになって、その場で買って家に帰ってからすぐに読み始めた。

発音が上手くできずに声での会話が不自由にことで起こる様々なこと……もちろん、いじめなどが起こることは覚悟していたけれど、予想以上に「衝撃的」だった。

人の心の裏表、キレイ事だけでなくキタナイ事も容赦なく描かれているのが強く伝わってきて、心の底の底までかき回されるような感覚だった。

他の登場人物たちの気持ちの移り変わりがとてもリアルで人間っぽい。

最終巻(第7巻)の最後のお話まで読み進める時間は、すごく濃いものになった。

そして、キャラクターに無駄がない(使い捨てではない)。 上手く言えないけれど、そんな感じ。

読み返したら、もっともっと思い出すはず。 なかなか心の準備が整わなくてまだ一度きりなのだけれど。 また読んでみて、改めて感想を書きたいと思った。

 #1727  [マンガ

このごろ読むマンガをいくつか

暑さがやわらいで、一息付いた。

まだ少しボウーッとしてる。 でも、何か書きたい!  ……ということで、比較的最近のマンガで好きなものを。

どれもとても好き♪  昔も今も「花ゆめ」「LaLa」が多い。

短いけれど感想を。

  • 『はたらく細胞』…… 細胞たちのがんばりが痛いほど伝わってくる。ただの風邪や擦過傷(かすり傷)などでも細胞レベルでは大事件。描写に迫力がある(アニメ化しそう?)。
  • 『アンのマゴマゴ図書之国』…… 予想を遥かに超えてアレンジされた「赤毛のアン」。主人公たちを取り巻く環境がちょっとアレだと思ったけれど、中盤の展開ですっかり不安が吹き飛んでしまった。どんな「アン」の話になるのか楽しみ。
  • 『コレットは死ぬことにした』…… タイトルのインパクトが大きい(実際は違う?)。コレット&ハデスの距離感がちょうど良い感じ。
  • 『彼女になる日』,『彼女になる日 another』…… 「男の子から女の子へ」というお話は昔からたくさん読んできているけれど、それらの中でも特に好きな部類。

もう遅い時間だし、(気が向いたら)後でそれぞれの感想も書きたい。

07 ← 2017年08月 → 09
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。