\ えぬすぴブログ

カテゴリー: 性別関連

 #  [スポンサー広告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 #1925  [性別関連

自己紹介(下書き)

自分の体の性別が嫌で、自分でも気持ち悪い。 「女の人」になりたい

財政的な理由で、性別適合手術はもちろん、性同一性障害の診断も受けていない。 できるようになったら、もちろん希望したい。

  • 体は『女性』になるが、すべての人から『男性』扱いのまま。
  • 体は『男性』のままで、すべての人から『女性』扱いになる。

どちらか一方だけ選べるとしたら、体が『女性』になる方しか考えられない。 社会的性別(ジェンダー)には、あまり関心がない。

「好きな人が男の人だから女の人になりたい」という動機は全くない。

それ以前に、「好きになる」気持ちがよくわからない。 相手の性別に関係なく、恋愛感情をあまり持ち合わせていない(Aセクシャル)。

体の性別を思い知らされるのはとても嫌なので、できるだけ避けたい。

避けてきたことの中にはもちろん、「ふれあう恋愛」も含まれる。 これまでにキスも含めて、そういう「経験」は一度もない。

人に体を見られるのも含まれる。 公衆のお風呂や温泉にも行かない(高校の修学旅行を最後に、30年以上)。

スポンサーサイト

 #1800  [性別関連

「魂の形」は変わらない

最近、よく考えていること。

性別適合手術(SRS)を受けなくても、性別の変えられる国(地域)が多くなってきていることをニュースで知ることもある。

「体はそのままで性別だけ変更できる」ということについて賛成か反対かと聞かれたら、わたしはかなり困る……。 「生殖能力を故意に失った人」という条件があれば……とも思うのだけれど。 そうでないと平等な感じがしないと思うので……。

ちなみに、わたしは女性ホルモン剤(個人輸入)を14年以上続けているので、もう生殖能力は残っていないし回復もしないはず。 お医者さんには行っていないけれど、ほとんど確実に感じている。

わたしはどうしたいか、と聞かれたら……。 改名や戸籍などはずっとこのまま……何も進展しなくても良いとも思う。 実際に経済的にとても難しいから。

ただ、女性ホルモン剤だけは続けさせて欲しいと思う。 自前の身体では作れないものなので。

もちろん、もっとお金があったら、SRSもしたい。 何があっても「自己責任」という契約書が必要ならいくらでも書くから。

世の中の流れとは逆方向みたいな願いで申し訳ないけれど、改名とか戸籍とかよりも自分の身体の不快感を減らす方を優先したい気持ちが強い。

もちろん、制度が変わることでたくさんの人の生活や「生命」も救うことにつながるので関心はあるし、色々なことが実現して欲しいと思っている。

わたしにとって、魂の「形」は社会制度という「形」には左右されないものだと思う. それでこんなことを考えることが多いので。

「車輪の国」の「義務」みたいに、一日24時間ずっとバッジを付けててもいい。 自分がMtFであるという「素性」を公開してまわりの人に知らせなければならないとか、事情を聞かれたら答えなければならないとか……そういう「義務」が課せられても全然かまわないから。

と言うか、現在の状況も似たようなもの。

初対面ではまず「容姿」に目が行くのも知っている。 テレパシーでもない限り「心の中」までは見えないから。

わたしは「バッジ」は付けていないけれど、「一目一声」で素性はわかる(バレる)。 また、話しかけられたり聞かれたりしたら、初対面の人にもけっこうたくさん話したくなる。 今も自主的に「義務」を実行しているようなものなのかも。

好意的でない人の様々な「反応」にも平気になってきてしまった。 見かけた途端に逃げ出すとか、すれ違う時にわざわざ大回りして避けるとか、聞こえるように悪口を言うとか……そうされた経験もあるので、もうたいていのことならだいじょうぶなはず。 まだ経験がないのは、心理的ではなく「物理的」にケガをさせられるようなことくらいかな。

ただ、夢まではコントロールできないので、ひどい夢を見てしまうこともある……。 内容は、髪を切られるのが一番多くて、たまに暴言とか暴力とかもあるという感じ。 「トラウマなんて存在しない!」と思いたいけれど、精神的ダメージを回避するのがなかなか難しいことも……。

「知られてもかまわない」というのは、あくまでもわたしの個人的な考え方。 それを望まない人がいたら、まわりの人に知られることなく暮らせるようにもなっていって欲しいとも思っている。

それから、たくさんの好意的な人もわたしのまわりにもいる。 そういう人が一人でもいれば百人力に感じられるので、わたしの状況が「マイナス」になることはまずない。 そう思えることも、心の大きな支えになっている。

 #1790  [性別関連

「違和感」というよりも「不快感」 #トランスジェンダー

暑い日が続いている。 これまでにも何回か書いてきているけれど、体の性別への不快感が暑さ(寒さ)の不快感に似ているということについて。

「体の性別が嫌い」ということを言う時、その「不快感」まで伝えるのを難しく感じる。 それを例える時によく使うのが「暑さ」(冬の時期は「寒さ」)という言葉。

「ものすごく暑い時に、その暑さを意識しないでいられるなんてほとんど無理でしょう?」という風に。 それと同じように、起きている間は「性別」を意識して過ごしているというわけで。

何か他のことに集中して少しでも忘れるようにするのが、わたしにとっては精一杯。 完全に悟りを開いたような仙人みたいな人だったら、もしかして平気(?)なのかも知れないけれど、そこまでの「レベル」に到達できるとはとても思えないので。

暑さは「不快」だから少しでも涼しくなりたい

わたしが好きな服で出かけることなど色々やってきてるのは、その暑さを少しでも和らげたいから。 ノンパスなのは十分承知していても、人目を気にしている余裕もなくなる……と言うか、何と言うか。

ただ人目を気にしないとは言っても、「どんなことでもjというわけにはいかない。 「お風呂に行く」とか「水着で泳ぐ」とかのレベルになると、ハードルはとても高い。 でも、これからもずっとできないということになっても覚悟みたいなものはあるので平気かも。

昨晩は水着で海にいる夢を見て、目覚めた時の「虚無感」がいつもより強かったのだけれど。 もうそんなには辛くなくなっているし、こうして部屋で涼んで過ごせているからそれでもOK、ということで。

話がそれてしまった……。

体の性別への感じを表わすには「不快感」という言葉が合っていると思う。 これが「性別違和」みたいに「違和感」という言葉になると、わたしにはピンと来なくなる。

「暑くて不快感がある」というのはわかるけれど、「暑くて違和感がある」という風には言わないし。 言葉遣いも何か変だし。

わたしにとっては「性別違和」よりも「性別不快」という言葉の方がシックリくる。 自己紹介する時の言葉としては「性別違和」にしているけれど。

人によって感じ方も様々なので、より広い範囲を表わせる言葉の方がいいのかな、とも思う。 「トランスジェンダー」という言葉もかなり幅広い意味として使われるようになっているから。

 #1788  [性別関連

一橋大で亡くなった学生の遺族が語る思い

遺族へのインタビューもあって、普通のニュースからではわからない、もっと「真実」に迫った生々しさも感じられた。

ゲイだということをアウティングされた後でも、授業を休めないというプレッシャーはとても大きかったはず。 出席すれば、その相手の顔を見ないわけにいかない。

授業に出るだけでも休み時間に吐いてしまうような状況。 “体が硬直し、息ができなくなって吐いた”というくらい。

そして、最後はとても怖かったはずで……。

記事を読んで、遺族の「もっとこうすれば良かった」という後悔もとても伝わってきた。

それから、亡くなった翌日の大学側の両親への説明が「ショックなことをお伝えします」「息子さんは、同性愛者でした」という風に始まったそうだ。

これだけでも、認識のひどさが伝わってくる。 そして、裁判では「人知の及ぶところではない」と責任を否定しているそうだ。

似たようなことはもっと起こっているはずで、そういうことを解決できる仕組みがしっかりできると良いと思う。

わたしの場合、初めて会った人にもカミングアウトするくらいだけれど、それでも「アウティング」は怖い。

もしも、ネットなどで不特定多数の人たちに本名などが広く知られることになってしまったら、と思う。 今までのように外に出かけることもできなくなって、また「逆戻り」してしまいそう。

本当の友達だったら、「大切なこと」を聞いたらしっかり考えていて欲しいと思う。

 #1787  [性別関連

インドネシアでの「LGBT危機」 #LGBT

記事をとても短く要約すると、インドネシアではLGBTの人々に対して次のようなことが行われているということだ。

  • 偏見に満ちた虚偽の発言。
  • 嫌がらせや暴力などがあっても、政府が基本的な保護策を怠っている。
  • 生活に関する「プロパガンダ」を禁止。
  • 身の安全や表現の自由の権利の侵害。
  • 権利運動を「核爆弾より危険」と言われる。
  • 強制的な「リハビリ」
  • 精神科医師会が、同性愛者やトランスジェンダーのアイデンティティーを「精神疾患」と公言。
  • LGBT連帯デモを暴力的に弾圧。
  • その一方で、LGBTの組織や人々への「殺人予告」を野放しにする。

何と言うか、ひどすぎる。 インドネシアだけでなく、特に中近東やアフリカなどでは今でもとても厳しい状況の所が多いのだけれど。

文化の違いがあっても、すぐ近くのタイと比べてもだいぶ違う。

「現在形」で語られることのように思えない。 いったいどのくらい昔まで時間を遡ってしまっているのか。

早く「世界標準」にまでは良くなって欲しい。

 #1779  [性別関連

「 #トランスジェンダー のトイレ問題」

LGBTと言うか、主にトランスジェンダーの「トイレ問題」のニュースをよく見かける。 アメリカの「トイレ法案」でも色々と問題が起こっているみたい。

州ごとに法律が違うので複雑。 そして、アメリカに限ったことではなく世界中で起こっているはずの問題。

他の場所ならともかく、ずっとトイレに行かないでいるなんてわけにはいかない。

お店などのトイレが「男女別」なのはよくあることで、それだけでかなりプレッシャーがかかる。 我慢するか、他の所に行きたい。

スカートなどで男子トイレというのは、ものすごく驚かれるし注目される(もちろん恥ずかしい)。 かと言って、女子トイレというのは、迷惑なのではという罪の意識も出てくるし、本当の犯罪扱いになることもある(もちろんできない)。

3つ以上ある所で「誰でも使える」トイレがあるところならOKとして。

トイレが1つの時は「共用」。 2つの時は「男女別」ではなく「共用」と「女子用」にすればいいのでは?と思う。 これならそんなにお金もかからないだろうし。

よく行くお店でも2つがこうなっているので、精神的にもすごく助かっている。 あと、トイレのドアの前にもう1つドアがあるので、出入りするところを見られないというのも大きい。 「女子トイレが空いているのに、なんでわざわざそちらに?」みたいに思われなくて済むから。

調べてみたら、香川県の「PROUD」さんに「どんな性別でも使えるトイレのマーク」というのがあったので、こういうのも普及すれば良いと思う。 インタビューの内容、みんな同じように悩んできているのがよくわかる。

 #1776  [性別関連

「 #トランスジェンダー が言われて嬉しくなる言葉『○○○なったね!』」 [Letibee LIFE]

元の記事は Letibee Life にあったみたいだけれど、ページが見つからなかったのでハフポストにあった Letibee LIFE の記事にリンク。

 → トランスジェンダーが言われて嬉しくなる言葉「○○○なったね!」 | Letibee LIFE

これ、ものすごく、よくわかる! 

言って欲しい言葉だったらもちろん、単純に一言でも声をかけてくれるだけでうれしい。 本当に「調子はどう?」みたいなのでOK。

それで気にかけてくれていて無関心じゃないというのがよくわかるから。

正直言って、外見の変化なんてそうそう起こらないことは自分でもよく承知している。 見る人の表情で、その人の思っていることがとてもわかってしまう時もよくある……。

実際に言われるかどうかはともかくとして、口に出されなかったとしても悪口の方が何倍も多いと思える。

だから逆に、良いことの場合は一言で何倍も効果があるように感じるのかもしれない。

その人の希望の性別のイメージに合わせて「可愛くなった」とか「格好良くなった」とか言われて、うれしくならないはずがない。

 #1773  [性別関連

Google ニュースの検索

Google ニュース(Google ニュース)を検索する時のこと。 これまでは次のようにたくさんの語句を並べて一度に検索していた。

そして、検索語句が多過ぎると見つかりにくいということに、今更ながら気がついた。 もっと早ければ……と思ったんだけれど。

多くても4つくらいまでにしておくと良いみたいだ。

「LGBT」だと同性愛や両性愛(LGB)が多くてトランスジェンダー(T)は見つかりにくいので、別々に分けた。

それから、以前は「性同一性障害」で検索すると「解離性同一性障害」も出てくることがあった。 でも、今は"[ダブルクォーテーション]"で囲まなくてもOKみたいだ。

今度からこれで検索することにする。

07 ← 2017年08月 → 09
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。