\ えぬすぴブログ

2010年06月 一覧

 #999  [スポーツ

1回戦 #4

パラグアイvs日本、ボクが思っていたよりもずっと互角という感じだった。

お互いに守備的で、相手にチャンスを作らせないような試合展開。 惜しいシュートもあったけれど、攻撃手段が少なくて、ミスをしないようにずっと根比べしているみたいな感じがした。

延長に入ったときには、どちらでもいいからもっと思い切って勝負に出てゴールを決めて欲しいという気持ちだった。 ミスからの点だとしたら後味が悪くなるけれど、PK戦になるよりは良さそうだから。

延長でも決着がつかなければ、記録上で「引き分け」ということになる。 PK戦は試合とは別物でどちらか1チームに決めるためのくじ引き代わりのようなものなのに、その結果ばかりが大きく取り上げられやすい。

運も大きく左右することなのに失敗したことばかりに注目されることもあって、それも不条理に思えて嫌いなところ。 サッカーじゃなくて野球に例えるとしたら、最後にアウトになった選手に試合全体の責任を押しつけること以上におかしいのに。

試合で全力で走ってヘトヘトに疲れた後に、メンバーに選ばれて蹴りに行くのだけでも、とても大変そう。

そんな中でも印象に残ったのは本田のPK。 ゴールの真ん中に「軽く」蹴るなんて、試合中のPKならともかく、PK戦では余程の度胸がなければできないはず。

「試合で緊張したことはない。海外でマクドに行って注文する方が緊張する」と本人が話したという記事を読んで、すごいとは思っていたけれど(笑)。 本当に強心臓だと思った。

全然関係ないけれど、ボクは海外どころか日本国内でもお店で注文して食べるのに緊張してしまう。 年に何回もしていないことだけれど(苦笑)。

それから、PK戦がものすごく苦手なはずのオシムさん、スカパーの解説をされているということなので気になって調べてみたら、全部しっかりと見つめられていたということだった。 また、終わってからのご様子もわかって、ほっとした(笑)。

スペインvsポルトガルの試合、お互いに攻め合うと言うか、スペインが優勢だった。 決定的なのもけっこう外れて、得点は少なかったけれど。

得点になった場面では、味方選手がパスをヒールで流したときにオフサイドぎりぎりっぽい感じ。

C・ロナウドのフリーキック、とても不規則に変化して、キーパーがバレーボールのレシーブみたいにはじくだけになっていてすごいと思った。

最後の方で退場になったプレーが、よくわからなかった。 選手同士はかなり離れていたように見えたのに。 もしもあれが倒された演技だったとしたら、とても白けてしまう。

北朝鮮との試合では相手を圧倒していて、ポルトガルの攻撃にはすごいイメージがあったけれど、それ以外では無得点という結果になったのが意外だった。

 #998  [スポーツ

1回戦 #3

オランダvsスロバキア、政見放送があって前半は教育テレビでの放送になったので、まだ始まっていないのかと思った(苦笑)。 決勝戦の放送も教育テレビの放送に変更されているし、これからもあるかも。

オランダの1点目になるロッベンのゴール、自陣から走り出すタイミングとかシュートのコースとか、とても上手いと思った。 ケガをしていて復帰したばかりには思えない感じだった。

最後の PK の判定、わざとらしいようにも見えた。 勝負には影響なかったけれど。

ブラジルvsチリ、まだハイライトでも見ていないのでよくわからない。 スコアを見るとブラジルが強かったんだろうという感じ。

 #997  [スポーツ

1回戦 #2

ドイツvsイングランド、アルゼンチンvsメキシコの試合を見た。

両試合とも、流れを変えるような大きな誤審があった。 それから、それまでの良い緊張感がだんだんなくなっていった感じがする。

イングランドの2点目になるはずだった同点ゴール、ゴールラインからボール2個分くらい先に落ちていたのに認められなかった。 追いつこうと勝負をかけて点を取りに行った結果だから、カウンターで次々と失点することになったのは仕方がないところがあるかも。

アルゼンチンの1点目のゴール、1メートルくらい前に出ていて完全なオフサイドのはずだったけれども認められた。 主審と線審で協議していたから取り消されるのかとも思ったけれど、判定は変わらなかった。

スロービデオで何度も見直さないとわからないくらい微妙だったら仕方がないけれど、両方ともすぐにわかるくらいはっきりしていた。

長い間続いてきた判定のルールが変わるきっかけになるかも。 判定の正確さにも限界があるから、審判を増やすとかチームでの抗議を認めるようにしてもよいように思える。 オフサイドかどうか、ゴールラインを超えたかどうか、ハンドがあったかどうか、より正しい判定になるはず。

ビデオカメラを使っている場合だけに限られてしまうし、ロスタイムが増えすぎないように工夫する必要はあるけれど、得点に関わることはそのまま勝負にも大きく関わることだから。

ウィンブルドンでも回数制限付きで判定に「チャレンジ」できるようになって試合の質が良くなった感じがするので、サッカーでも同じようなルールがあって良いように思えた。

 #996  [スポーツ

1回戦 #1

決勝トーナメント1回戦の組み合わせを見ると、これまでに何度も戦ってきたライバル同士という対決が多い。

ドイツvsイングランド、オランダvsスロバキア、スペインvsポルトガル…って、みんなヨーロッパ同士の組み合わせだし(笑)。 あと、アルゼンチンvsメキシコ、ブラジルvsチリも、南米・中南米同士だし(笑)。

何だか、欧州選手権と南米選手権が同時に開催されているかのような組み合わせ。 せっかくのワールドカップで「ワールドワイド」になるはずなのに、何かもったいないような感じがしてしまった(苦笑)。

ウルグアイvs韓国、ウルグアイの決勝点は、ポストぎりぎりの所へカーブさせて狙いすましたスアレスのシュートだった。

アメリカvsガーナ、ガーナの決勝点は、相手に激しく体を当てられても倒れずに踏みとどまったギャンのシュートだった。

どちらも激しい試合になって、終盤とか延長とかでかなり疲れているはずのときでもそういうプレーができるのがすごいと思った。

 #995  [スポーツ

G組(3),H組(3)

G組はブラジルとポルトガル、H組はスペインとチリになった。

スペインは第1戦で負けたけれど、1位通過。 スペインを破ったスイスはホンジュラスと引き分けて敗退。

そう言えば、D組のドイツも第2戦で負けたけれど、1位通過。 そして、ドイツを破ったセルビアも敗退している。

第3戦までどうなるかわからないグループばかりで、とても激しい展開になったと思った。

今日から4日間で8試合、決勝トーナメント1回戦(ベスト16)。 全力でぶつかり合う、見応えのある試合が楽しみ♪

 #994  [ネット

本田圭佑 / フリーキック動画

本田のフリーキック、斜めからで距離もあったのにすごかった! ほとんど無回転で、普通にカーブしない軌道になって、キーパーが逆をつかれていた。

北京オリンピック二次予選の香港戦でのフリーキックも思い出した。 曲がり方は大きいけれど、ボールの位置とかキーパーが惑わされているところとか、よく似ている感じ。

 → YouTube - U-22 Japanese Honda SUPER FREE KICK!!

YouTube で、ほかにも探してみた。

 → YouTube - TOP Free-Kicks of Keisuke Honda || 本田 圭佑 の トップ フリーキック

色々な種類があって、とてもキーパー泣かせだと思った。

 #993  [スポーツ

F組(3),E組(3)

F組、スロバキアvsイタリアの試合、イタリアが最後まで粘ってあと1点という所までいったけれど、追いつけなかった…。 3試合通じて、決め手になるものが少なかったような感じがした。

ニュージーランドはパラグアイとも引き分けて3試合3引き分け。 1度も負けなくてもグループリーグで敗退ということになったけれど、大健闘だと思った。

E組、デンマークvs日本の試合を見た。

夜遅かったけれど、それまでにウィンブルドンを見たりしていて、あまり眠くならなかった。

序盤は速いパス回しなどを見せていたデンマークが押していて、日本にはチャンスが少なかった。

そんなときにあの本田のフリーキック! 更に、遠藤のフリーキックも。

デンマークはそれですっかりペースを狂わされて、日本にとって怖い攻撃が少なくなっていったように思えた。

日本も守りに入らずに最後まで攻撃に出ていた。 岡崎の3点目では、その前に本田がディフェンスをかわして置き去りにした技がすごいと思った。

ワールドカップの記録で「直接フリーキックで1試合2点」というのは1966年でのブラジル(ペレ、ガリンシャ。対ブルガリア)以来ということだった。 また「アジア勢の1試合3点」というのも、同じ1966年での北朝鮮(3-5。対ポルトガル)以来ということだった。

44年前って伝説みたいな時代だし、これまでに何度かあってもおかしくないイメージだったので意外な感じがした。

決勝トーナメント、日本の対戦相手はパラグアイ。 6/29(火)23:00 キックオフなので、今度は見やすい時間。

南米では珍しく(?)、とても守備がしっかりしているという印象がある。 サンタクルスくらいしか知っている選手がいないので、よくわからない。 以前、チラベルトが活躍していたときの印象は残っているけれど(笑)。

お互いに組織力を生かして守備をしっかりしてチャンスを確実に…という試合展開になりそうかな。

 #992  [スポーツ

C組(3),D組(3)

C組はアメリカとイングランド、D組はドイツとガーナが決勝トーナメント進出。

D組のガーナとオーストラリアは、結果的にドイツ戦での点差で明暗が分かれた形になった。

スロベニアvsイングランドの試合はテレビで見ていた。 主に攻撃していたのはイングランドで、攻守が激しい試合だった。

ポストに当たったルーニーのシュート、トラップしてから打つまでがとても速かった。 リプレーで見て初めてキーパーが指先で触っているのがわかって、どちらもすごいと思った。

アメリカはロスタイムで、ドノヴァンの劇的な決勝ゴール!

前のスロベニアとの試合では特に不可解な判定が多くて、正当なゴールのはずなのに取り消し?ということまであったから、1位通過できて良かったと思えた。

C組もD組も「あと1点」というのが大きくて、最後までどうなるかわからない展開だった。

少しの差で2位通過になったイングランドは、いきなりドイツとの対戦。 お互いにスタイルが似ていて、激しい試合になりそう。

 #991  [スポーツ

A組(3),B組(3)

肌寒く感じたので、久しぶりの長袖。

涼しいついでに掃除や持ち物整理をしてみた。 でも、体を動かすとすぐに暑くなって、一休みすると今度はまた肌寒くなって…という繰り返し。 湿度が高いからだろうけれど、何だか調子が変になってしまう。 鼻の調子も悪くなって、鼻炎の薬を飲んでやっと落ち着かせた。

ワールドカップ、グループリーグ第3戦で地上波放送されるのは4試合のうち1試合。 日本戦のある日は2試合になるけれど。

A組はウルグアイとメキシコ、B組はアルゼンチンと韓国が決勝トーナメントへ。

今日放送されるのは、C組のスロベニアvsイングランドの試合。 イングランドの様子が気になる。

ウィンブルドン、ナダルvs錦織の試合は途中まで見て寝落ちしてしまった(苦笑)。 ストレート負けだったけれど 4-6 まで行ったセットもあったし、惜しいところや通用するところもあったという感じ。

 #990  [スポーツ

ウィンブルドン、開幕

フランスvs南アフリカの試合が終わって、引き続きウィンブルドンを見ているところ。

昨日も深夜に見て、始まったことに気付いた。 フェデラーがかなり追い込まれていて、気になって最後まで見てしまった。 うとうとしながらだったけれど(苦笑)。

今日は錦織圭が登場して、ナダルとの対戦。 しかも、センターコート。

いきなり強すぎる相手だけれど、運が良いと言った方がよいのかも。 良い試合になるといいなー。

今日もなかなか眠れなくなりそう…(苦笑)。

 #989  [スポーツ

G組(2),H組(2)

G組のポルトガルvs北朝鮮の試合、ポルトガルのゴールラッシュだった。

C・ロナウド、代表の試合では1年以上もゴールがなかったというのが意外。

前の試合でポストに当たった惜しいシュートがあったけれど、今度もクロスバーに当たるのがあった。 どちらもすごかったけれど、運がないのかも…と思った。 プレー自体は悪くない感じで、ゴールチャンスの時はしっかりとラストパスを通していたけれど。

それでも、試合の終わりの方でようやくゴールを決めた。 競り合ってボールが宙に浮いて、背中と頭に当たったのがちょうど足下に落ちてきた、ちょっとおかしな感じのゴールだった(笑)。 本人だけでなく他の選手たちの、何とも言えないほっとしたような表情が印象に残った。

次の試合のポルトガルvsブラジルは好カードだけれど、ブラジルはなるべく負けないように、ポルトガルは大量失点だけは避けるようにする戦い方になるかも。 決勝トーナメントにも備えると思うので、けっこう地味な内容になるんじゃないかな。

コートジボワールの方は、次の北朝鮮戦で勝って勝ち点で並んだとしても、同じようにゴールラッシュしないと得失点差で届かないので、望みが少ない状況に。

H組のチリvsスイスで、スイスがワールドカップでの連続無失点時間記録を更新したけれど、試合には負けてしまった。

スペインvsホンジュラスの試合、スペインは攻めた割には点が取れなかった。 得失点差も競っているので、第3戦が終わるまでどうなるかわからない感じ。

 #988  [スポーツ

F組(2),G組(2)

F組、パラグアイが調子良さそう。

イタリアは決め手に欠けていてあまり良くない感じで、粘ったニュージーランドに対して、まさかの引き分け。 最後のスロバキア戦も厳しい試合になりそうだけれど、がんばって欲しいな。

G組のブラジルvsコートジボワールの試合も見た。

ブラジルは、しっかりと守ってきっちりと勝ちにいくような感じ。 たくさんの人数で攻撃に出るような華やかさはあまりない感じだけれど。

ただ、ブラジルの2点目のゴール、シュート前だけでなく最初に相手と競ったときにも故意に手を使っているように見えて、とても良くないと思った。 問題になりそう…。

ドログバ、ゴールを決められて良かった。 ラストパスもシュートも完璧という感じだった。

今、G組のもう一つ、ポルトガルvs北朝鮮の試合が始まっているところ。

深夜にはH組のチリvsスイス、スペインvsホンジュラスがある。 特に、スペインのことが気になる。

 #987  [ゲーム

「デカリス」

昨日、ゲームの「デカリス」があったので、初めて遊んでみた。
 → SEGA『テトリス・デカリス』公式サイト

以前、セガのアーケード版テトリスでよく遊んでいたので、何か懐かしい感じがした。 ちゃんと「サル」もいたし(笑)。

レバーがデカくて、体全体で抱えて操作する感じになるので勝手が違う(笑)。 ゲーム画面もデカくて、見やすい(笑)。

「一人用ラインアタックモード」で遊んでみた。 割と早くゲームオーバーになってしまった。 画面は大きくてもフィールド自体は狭いので、無理してテトリスを狙わずに安全策でプレイした方が良さそう(苦笑)。

 #986  [日記

スニーカー

今日は、買い物に行ってきた。 暑かったので、マイボトルを持って行った。 疲れないように座って休みながら、こまめに水分補給した。

靴がセール中で、少し良い物でも安くなっていたので、そのスニーカーを手に入れた。 現品限りで箱もなかったけれど、関係ないし(笑)。 今まで履いてきた2足とも少し古くなってきていたので、ちょうど良かった♪

女の人の靴は LL サイズでも余裕で入らないので、お店で選べない(汗)。 大きなサイズのも見つけられるので、ネットが便利。 でも、似合わないし履く機会も特にないから、少ししか持っていないんだけれど(苦笑)。

 #985  [スポーツ

E組(2)

オランダvs日本の試合を見た。

思っていたよりも、オランダはスピードや迫力がないように思えた。 パスやトラップでも細かいミスがあって、チャンスがなかなか作れない感じだった。

日本は守る一方にならずに攻撃もできていて、ボクが思っていたよりもずっと接戦になった。 世界のニュースを見ても「日本はがんばった」というような内容が多かった。

カメルーンvsデンマークの試合は、ハイライトで見た。 日本戦とは違って、この試合でのエトオは本来のセンターフォワード。 お互いにゴール前の場面が多くて、どちらに何点入ってもおかしくない感じだった。

日本とデンマークは共に1勝1敗で、第3戦で直接対決。

日本は1点差勝ちと1点差負けで、得失点差がプラマイ0。 デンマークは2点差負けと1点差勝ちで、得失点差がマイナス1。 この1点の差が大きくて、引き分けのときは日本が決勝トーナメントに進出できる状況になった。

実力的にはデンマークの方が上だと思えるけれど、ここまでの日本は相手の良さを消すようなサッカーもできているので、あまり関係ない感じ。 最後まで激しい試合になりそう。

第3戦のキックオフは木曜日深夜3:30という、すごい時間帯だけれど「がんばって見る!」という人も多くなるかも。

今夜は、これからF組のスロバキアvsパラグアイ、続けてイタリアvsニュージーランドの試合があるので楽しみ♪

 #984  [スポーツ

C組(2), (E組(2))

C組、イングランドvsアルジェリアの試合は、予想外の引き分け。 イングランドもピンチになってしまった。

スロベニアvsアメリカの試合は、この大会では珍しい点の取り合い。 ドノバン、角度のない所からゴール上に突き刺したシュート、すごかった!

出場国の国土と人口を比べると、アメリカが1番目でスロベニアが32番目というのもおもしろい比べ方だと思った。

 #983  [性別関連

性同一性障害のホルモン療法

ホルモン療法のことでQ&A形式にまとめられていて、わかりやすかった。

その中からいくつか抜き出してみた。

  • 体の特徴を心の性に近づける。変えられる部分と変えられない部分がある。
  • 精神的に不安定になることがある。体への負担にも注意が必要。
  • 血栓症の発生率が一般の人の20倍に高まる(男性←女性ホルモン)。
  • 医師の診断結果が出ていなくても買えるので、とても危険な状況。
  • 自費診療のため経済的負担が重い。

ボクが病院に行き始めたころに調べていたのと、あまり事情は変わっていないように思える。

声とかひげとか、目立つところほど変わらないような…(苦笑)。 しゃべるのとか顔を見られるのとかで、とても意識してしまうのは変わらない。

はっきりした変化は、体脂肪率が大幅アップ(12%→28%)したことなど。 目に触れないのばかり(苦笑)。

血栓症のことは知っていても、“20倍”という数字までは知らなかった。
 → 血栓症とは - はてなキーワード

「血液サラサラ」になる食べ物は効果的?
 → e血液サラサラガイド
 → 血液サラサラ食品(食べ物・サプリ)

野菜は食べられるのが多くて、魚類は苦手で…(汗)。 肉類はほとんど食べなくなっているけれど、大豆系は豆腐、納豆、枝豆などをよく食べる。 炭水化物は、主に食パンなどで多く摂りすぎているかも(苦笑)。

体力が落ちてくるのは年齢的なこともあるかも。 薬が体の「負担」になるのとは違うようにも思える。

診断も受けていなくて、薬のことだけでもお医者さんのお世話になれるのは経済的に難しい。 ずっと休んでいるけれど、病院に行って改めて伝えておきたい。

色々できるように体力と精神力を身に付けたい。 今のところ、歩いて疲れているばかり…という感じだけれど(汗)。

不安を感じないわけじゃないけれど、精神的なことでは前よりも確実に「良くなった」感じ。 ホルモンの薬で確実に体に感じるストレスが減ったから。 それで気持ちの方にもゆとりができてきたように思える。

ただ、「ふれあう恋愛」のことは、たとえしたいと思ったとしても「できない」という気持ちのまま…(苦笑)。

あと、今はもう毎日同じように薬を飲み続けるだけになっている。 本当はちゃんと新しい情報を調べないといけないんだろうけれど。

できるだけ気を付けて、これからも続けていきたいな。

FC2ブログ > ジャンル:心と身体 > テーマ:性同一性障害

 #982  [性別関連

“子どもの性同一性障害”の記事(続き)

“子どもの性同一性障害”の記事 - #972」で前にも書いた「境界を生きる:子どもの性同一性障害」の記事の続き。

思春期のころは体のことも心のことも強く意識することになるから特に大変になる。 それでも、学校や親や友だちなど、自分のことを考えてくれる人たちができたらとても心強くなれるはずで。

体のことは変わらなくても、心の持ちようが変わってくるのも大きなことだから。

FC2ブログ > ジャンル:心と身体 > テーマ:性同一性障害

 #981  [日記

話しかけられると、少し安心

午後、雨だったので歩きで図書館に行って来た。

服装は半袖Tシャツにハーフパンツ。 もちろん、女物(笑)。

男物のハーフパンツは全然持っていない。 暑くても足が見えるのは嫌だったから…。

もうだいぶ薄くなっているので「大丈夫なんじゃないかな?」と勝手に思っている。 年齢的なことは、ひとまず置いておいて(苦笑)。

雨はパラパラと降る感じで、余計に蒸し暑く感じた。 たどり着くまで、長かった…(汗)。

中に入って、涼しくて人心地ついて、ゆっくり休みながら新聞や雑誌を読んだ。

本を借りて館外利用券を出すときには、少し緊張する。 いつでも事情を話す心構えでいるけれど、今までに一度も尋ねられたことはない。 女の人に見られないから…(苦笑)。

帰るときは本降りになっていて肌寒かった。 歩くうちに平気になったけれど。

寄り道して買い物をしているときに、知らない人から話しかけられた。 ボクがかごに入れたのと同じ物を手にしながら、「これを忘れずに買ってくるように言われた」という感じで。 その様子が何か可笑しかった(笑)。

とりあえず「そうですか」という風に、声には出さなかったけれど、うなずいてみた。

知らない人に話しかけられるのがけっこう多くて、そのたびに緊張もするけれど。 「服装などで気持ち悪いと思われていたら、こんな風に話しかけられない」とも思えるように。 それで少し安心もできてきて、出かけるのも大丈夫な感じになる。

 #980  [スポーツ

A組(2), B組(2), D組(2)

さっきD組のドイツvsセルビアを見終わって、C組のスロベニアvsアメリカを見ながら書いているところ。

ドイツは特にサッカーのお手本になるようなプレーが多かった。 退場者が出て一人少なくなったあとも、それを感じさせないくらいカバーし合って攻撃できていた感じ。

両チームに惜しいシュートがあって、この試合に限らず、ポストやバーが「活躍」することが多いと思った(苦笑)。

本命のドイツが敗れて、D組も混戦に。 オーストラリアはちょっと苦しいけれど。

A組では、メキシコに敗れたフランスも大ピンチ。 第3戦で大差で勝って、更にもう一つの試合の結果次第ということになってしまった。

B組、アルゼンチン以外は混戦で、2連敗したナイジェリアにもチャンスが残った。

 #979  [スポーツ

H組(1)

スペインvsスイス、ほとんどスペインのペースだと思ったけれど、ゴールが決められなかった。 圧倒的に攻めていて惜しいシュートもたくさんあったんだけれど…。

スイスはケガをしていて出られない主力選手がいたり、守りの要のセンデロスまで前半で負傷交代することになったりしたのに、最後まで守りきったのがすごいと思った。

スペインには厳しい状況になったけれど、このあともがんばって欲しいな。 第3戦のチリとの試合が熱くなりそう。 地上波の放送がないのが残念…。

 #978  [日記

夏の大三角,木星

今日も蒸し蒸しして暑い…(汗)。

昨日も暑くて、夜中でもなかなか眠れなくて落ち着かなかった。 それで、動いたら「ばたんきゅー」で眠れると思ったので散歩してみることにした(笑)。

すっかり涼しくなっていてちょうど良かった。 出歩く人もいないような時間だから大丈夫だと思って、部屋着のままだったけれど(苦笑)。

星空を見上げたら「夏の大三角」が見えた。 上にデネブ、右上にベガ、下にアルタイル。 つい「化物語」のエンディング曲を思い出してしまう(笑)。

めがねを外してもわかるくらい明るかった。 そして、東の空には、もっと明るい星があった。

帰ってから「暦計算室」の今日のほしぞらで調べてみて、それが木星だということと、ほかにも色々な惑星が見えるというのもわかった。 普通の星と同じように見えても、とても近くで光っているんだと思えた。

そのあと横になっていたら、いつの間にか眠っていた。 少し疲れるけれど、よく眠るのには良い方法(笑)。

 #977  [スポーツ

F組(1), G組(1)

F組、地上波での放送がなかったので、ニュースで見た。 意外に、このグループも大混戦になるのかも。 イタリア、がんばって欲しいな。

G組、コートジボワールvsポルトガル、両チームとも全力でぶつかっている感じで最初から最後まで見応えがあった。 ボールの取り合いもとても激しくて、ケガをする選手が出てしまうんじゃないかと思えるくらい…(汗)。 それでも、警告になるようなファールがあまりなかったのが良かった。

C・ロナウドに惜しいシュートがあった。 ドログバは途中から出場できて良かった。

ブラジルも同組ということを考えると、どちらかが予選落ちしてしまう可能性が高いのが残念な感じ。 どちらかほかの組なら良かったのに。

あと、カメルーンもこのコートジボワールに迫るくらい、できるはずだと思うんだけれどな。

 #976  [スポーツ

E組(1)

オランダvsデンマーク、レベルの高い内容でも、お互いにあまり無理なことはしないという感じだった。 デンマークにとっては不運なオウンゴールもあった。

オランダは、ロッベンが出ていなくても十分強いと思った。 途中交代で出てきたエリアも目立っていたし。

日本vsカメルーン、テレビの音は小さくしてラジオでも中継を聴いていた。 選手名もよく出てくるのでわかりやすくて、ブブゼラの音も少しだけ小さいような気がした(苦笑)。

カメルーン、まとまりがない感じで思ったよりも迫力がなかった。 エトオがいるのは下がったところとかサイドとかばかりだったし、ゴール近くで3人に囲まれた中での突破がすごかったというくらい。 フランス大会で直前にけが人が出て、エムボマが代わりにボランチをやっていたときのことを思い出した。

本田のゴールは、トラップしたのがぴたりと足下におさまったところでほとんど決まったという感じ。 ゴールする前も後も、とても落ち着いていたのが印象に残った。 それから、ベンチまで走って行ったのは、点を取ったら来るように中村憲剛に言われていたからということだった(笑)。

第1戦が終わったばかりで気が早いけれど、オランダ3勝、カメルーン3敗、日本とデンマークは1勝1敗で、直接対決しての結果でどちらが進出できるかが決まる、という風になりそうかな。 その第3戦のキックオフは深夜3:30だけれど、見る人がけっこう増えるかも。

05 ← 2010年06月 → 07
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930---



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)