\ えぬすぴブログ

2016年07月 一覧

 #1779  [性別関連

「 #トランスジェンダー のトイレ問題」

LGBTと言うか、主にトランスジェンダーの「トイレ問題」のニュースをよく見かける。 アメリカの「トイレ法案」でも色々と問題が起こっているみたい。

州ごとに法律が違うので複雑。 そして、アメリカに限ったことではなく世界中で起こっているはずの問題。

他の場所ならともかく、ずっとトイレに行かないでいるなんてわけにはいかない。

お店などのトイレが「男女別」なのはよくあることで、それだけでかなりプレッシャーがかかる。 我慢するか、他の所に行きたい。

スカートなどで男子トイレというのは、ものすごく驚かれるし注目される(もちろん恥ずかしい)。 かと言って、女子トイレというのは、迷惑なのではという罪の意識も出てくるし、本当の犯罪扱いになることもある(もちろんできない)。

3つ以上ある所で「誰でも使える」トイレがあるところならOKとして。

トイレが1つの時は「共用」。 2つの時は「男女別」ではなく「共用」と「女子用」にすればいいのでは?と思う。 これならそんなにお金もかからないだろうし。

よく行くお店でも2つがこうなっているので、精神的にもすごく助かっている。 あと、トイレのドアの前にもう1つドアがあるので、出入りするところを見られないというのも大きい。 「女子トイレが空いているのに、なんでわざわざそちらに?」みたいに思われなくて済むから。

調べてみたら、香川県の「PROUD」さんに「どんな性別でも使えるトイレのマーク」というのがあったので、こういうのも普及すれば良いと思う。 インタビューの内容、みんな同じように悩んできているのがよくわかる。

 #1778  [ネット

自転車のルート検索

自転車でのルートを調べる時に便利なサイト。

 → 地図・ルート検索 - NAVITIME

Googleマップからのルート検索は、車と電車と徒歩。 隠れた所に自転車のアイコンもあるのだけれど、機能が実装されていないみたい。 徒歩のルートを調べて所要時間を3で割れば大体合うのでOKだけれど。

NAVITIME では消費カロリーもわかる。 大体、3kmあたり約100kcalくらいみたい。

ルートは「距離が短い」の他に「坂道が少ない」というのもある。 標高差(高低差)が図で表示されるのもわかりやすい。 少しでも疲労を軽減するためにもとても大切なポイント。

あと、特に夏場は給水のために途中に公園のあるルートが良い。

ルートは他にも「坂道が多い」「大通り優先」「裏通り優先」というのがある。 その「裏通り優先」の人目につきにくい道がけっこう好き。

 #1777  [ゲーム

「Deemo」 ベストスコア (2016-07-31)

月末恒例の「Deemo」ベストスコアの発表。 先月の6月分は忘れてた。

今月はアップデートされたというのが大きい。 Vitaのことなんて忘れられているんじゃないかと思っていたので。

PLAY環境は、PSVita版でスピードは「5」。

この頃は、一時期みたいなのは少なくなって、折にふれてのPLAYという感じ。

Cytus の方はもっと短くなった。 ホールド操作が苦手というのもある。

Deemoの遊び方の説明はたった1枚の画像だけ。 本当にこれだけで、とてもシンプル♪

How To Play Deemo

タップとスライドだけの Deemo の方が「本能的」にできる感じ。 曲も好きなのが多いし、ピアノの音色も好き。

スコアはこの下。↓

 #1776  [性別関連

「 #トランスジェンダー が言われて嬉しくなる言葉『○○○なったね!』」 [Letibee LIFE]

元の記事は Letibee Life にあったみたいだけれど、ページが見つからなかったのでハフポストにあった Letibee LIFE の記事にリンク。

 → トランスジェンダーが言われて嬉しくなる言葉「○○○なったね!」 | Letibee LIFE

これ、ものすごく、よくわかる! 

言って欲しい言葉だったらもちろん、単純に一言でも声をかけてくれるだけでうれしい。 本当に「調子はどう?」みたいなのでOK。

それで気にかけてくれていて無関心じゃないというのがよくわかるから。

正直言って、外見の変化なんてそうそう起こらないことは自分でもよく承知している。 見る人の表情で、その人の思っていることがとてもわかってしまう時もよくある……。

実際に言われるかどうかはともかくとして、口に出されなかったとしても悪口の方が何倍も多いと思える。

だから逆に、良いことの場合は一言で何倍も効果があるように感じるのかもしれない。

その人の希望の性別のイメージに合わせて「可愛くなった」とか「格好良くなった」とか言われて、うれしくならないはずがない。

 #1775  [

「自閉症スペクトラム指数」チェック

「自閉症スペクトラム指数」チェッカーで、久しぶりに自己診断をしてみた。

 → AQ(自閉症スペクトラム指数)チェッカー|自閉症スペクトラム情報局

全50問の回答は次のようになった。

  • 01-10: 4231321344
  • 11-20: 3314213222
  • 21-30: 4223413332
  • 31-40: 3313133414
  • 41-50: 1233214324

結果は42点

基準値が変わっていないのなら、平均は16点(18点?)くらいで、境界となる閾値(いきち)は33点。

4年前の結果(自閉症スペクトラム指数 自己診断 | #1450)ともあまり変わらず、ちょっと増えただけ。 予想はしていた。

正直過ぎる友だちがいるとわかりやすい代わりに、落ち込むことにもつながるので、両刃の剣……。 とりあえず、自分の特徴を理解して心がけることしかないかな。

 #1774  [ゲーム

PS Vita 「Deemo」のバージョンアップ!

ものすごーく久しぶりに「Deemo」のバージョンアップがきていた! 

スマホ版などが次々とバージョンアップされる中、PS Vita版は長い間何もなく、今年の1月に2つコレクションが追加されて、それから半年後ようやく……という感じ。

  • バージョン 1.03
    • 選曲画面とデュエルモードの安定性の向上。
  • バージョン 1.02
    • コレクション Shattered Memories(無料楽曲Altaleを含め)は、メインストーリーをクリアすると開放される。
    • 今後、コレクション Shattered Memories に無料楽曲を定期に追加し続ける。

もうVitaのことなんかすっかり忘れ去られているんじゃないかと思っていたので、良かった。 今後、無料楽曲を定期に追加し続けるという言葉、信じてもいいんだよね?! 

新曲の「Altale」、調べてみたら彦星のアルタイル(Altair)とは綴りが違うし、読み方は「アルターレ」か「アルテイル」みたい。

Altale Easy All Charming

Easy は置いておいて、Hard だけでなく Normal も難しくて、プレイ3回目くらいでそれぞれ 78.77% と 91.20%。 リズミカルで覚えやすい曲なのだけれど、スライドが左右で連続する所が難しいよ。

ゲーム本体がアップデートされたので、あの「カクつき」が直っているかな?!と、KOUYOU などもプレイしてみたのだけれど、まだ残っているみたい(?)。 気のせいか、前よりは起こりにくくなっているような(?)。

あと、二代目Vitaの問題なのかも知れないけれど、連打や同時押しの時などにタッチの反応が悪いのも変わっていない。 充電コードを挿しておくとかなり改善するのは確かなので、それで何とかするしか。

「Vita を持っていてスマホを持っていない」という層が少数派だというのはよくわかる。 もし持っていたとしても、同じゲームを2つでプレイするというのはお金も余計にかかるし億劫でもあるので。

以前ほど長時間プレイしていないけれど、今は新鮮な気持ちで遊べている。 プレイの回数もスコアの更新も減って先月は忘れていたけれど、今月末にはベストスコアも載せるつもり。

忘れ去られていなかっただけでもうれしいので、これから新曲も追加していって欲しいな。 Rayark さん、お願いします。(*_ _)″

 #1773  [性別関連

Google ニュースの検索

Google ニュース(Google ニュース)を検索する時のこと。 これまでは次のようにたくさんの語句を並べて一度に検索していた。

そして、検索語句が多過ぎると見つかりにくいということに、今更ながら気がついた。 もっと早ければ……と思ったんだけれど。

多くても4つくらいまでにしておくと良いみたいだ。

「LGBT」だと同性愛や両性愛(LGB)が多くてトランスジェンダー(T)は見つかりにくいので、別々に分けた。

それから、以前は「性同一性障害」で検索すると「解離性同一性障害」も出てくることがあった。 でも、今は"[ダブルクォーテーション]"で囲まなくてもOKみたいだ。

今度からこれで検索することにする。

 #1772  [性別関連

「TEDで絶賛されたあるトランスジェンダーのスピーチ」

いつものように検索していたら、「TEDで絶賛されたあるトランスジェンダーのスピーチ」という記事の後半があることがわかった。 5月に前半を読んで後編も気になっていたので、感想などを書いてみることにする。

父は受け入れなかったが母と兄(一卵性の双子)はありのままを受け入れた。 その後、みんなの説得で父が歩み寄るようになった。

家族関係は良好みたいだ。

小学校での「移行」は5年生になるまでは順調だった。 しかし、あることがきっかけで「ボディーガード」を付けられるようになり、それまでOKだった女子トイレもNGに。

ボディーガードという名前の「監視役」。 トイレの問題の解決、世界中どこでも難しそう。

転校しなければならなくなって、引っ越しで父と離れて家族がバラバラに。

新しい学校でも隠していなければいけないので、友達の家に遊びに行くこともできず「幽霊」のように過ごした。

そして、隠さなくてもよいプライベートスクールに通えることになった。 自分のことを話せる友達ができて、他の子にも話して皆が受け入れてくれた。

“私がトランスジェンダーだという事はみんなにとって大きな問題ではありませんでした。”

“トランスジェンダーであることは全く問題ないと思えるようになったんです。自分自身と、自分の身体を受け入れられるようになったんです。”

“私は女の子になる必要があって、それができないんだとわかるまで先に進めなかったこと。性別に囚われていたのです。”

“私たちは男女が分かれる法的な手続き書、パスポート、運転免許、税金、申請書、トイレまで、そのすべてにおいて思い知らされます。”

“皆さんには力があります、誰かの人生を変えることのできる力が。”

 #1771  [

のどが乾く原因は?

新しい環境ではいつもより緊張するせいか、暑さのせいか、のどの乾き方が激しくなった。 水を飲んでも飲んでもなかなか止まらないくらい。

今日は雨模様で涼しかったからか、それほどでもなくて一安心。

「のどの渇き」で調べてみた。

特に心当たりがあるのは、ストレスと緊張からの自律神経の乱れ、更年期障害、ホルモンバランスの乱れなど。

緊張しやすいのは子供の頃からずっと続いている。

それから、女性ホルモン関係。 自分の体ではほぼ作れないものだし、薬に頼らないともっとひどくなるので……。

あと、水をたくさん飲んでも尿の量はそれほど増えないという特徴がある。 夏は汗でいっぱい水分が使われてしまうのか、特に少なくなる。

お酒はほとんど飲まないし、タバコは吸ったことがない。

糖分・塩分の摂り過ぎも大丈夫。

お菓子を食べなくなってだいぶ経つ。 禁断症状みたいなのも全然出ていない(笑)。 そう言えば、いつの間にかグラノーラやシリアルを食べなくても平気になった。

買い物の回数が少なくなって時間も短くなったのが思わぬ収穫。 体感で回数は半分、時間も半分くらいに減った。

主食はパンと野菜、時々ご飯、おやつは「蒟蒻畑」。 甘いものと言えばアイスは食べているけれど、こればかりは許して欲しい……。

解決策としては結局のところ、こまめな水分補給をするということになるのかな。 あと、できるだけストレスを少なくするように気を付けよう。

 #1770  [アニメ

アニメ感想(2016夏)

アニメ、夏の新番組の中では、「甘々と稲妻」「あまんちゅ!」「orange」が特に好き。

「甘々と稲妻」は、リアルな5歳らしい女の子という感じのつむぎが特にかわいい。 公平と小鳥が一緒になって料理を作るところ、あぶなっかしいところもリアルでいい。 子供っていいなーって思うし、優しい気持ちになれる。

「あまんちゅ!」は、「ARIA」っぽいゆったりとした雰囲気、BGMも好き。 明るくて活発な「ぴかり」と緊張しがちでおとなしい「てこ」の二人の関係が対照的で好き。

「orange」は、未来の自分からの手紙というSF要素がありながら、友達同士の会話などの描写がすごくリアルっぽいところが好き。 もう後悔したくないという意思はあっても、手紙に書いてある通りにしたいと願う気持ちと素直になれない気持ちとのせめぎ合いが、切ない感じもする。

あとは、引き続き「ジョジョ4」を。 敵ではないスタンド使いが多く登場するのも良い。

 #1769  [性別関連

「トランスジェンダーの自殺率は一般の9倍」 #トランスジェンダー

ツイッターのフォロー、近づき過ぎると苦しくなると思ってLGBT系や知り合った方たちを解除して……。

突然でごめんなさい。 自分へのフォロー・解除もご遠慮なくで、大丈夫なので……。

そうしたのに、つい気になってニュースを見てしまいたい時もあって。

今日も「生きづらさ」を表わすデータを見つけた。 自殺するリスクがどのくらい違うのか、という記事。

 → LGBT、性的マイノリティーの「生きづらさ」の正体~精神的な苦痛と自殺リスクに目を向けて|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

カミングアウトしていない人も多くて「原因不明」の場合もあるということで、正確にはわからないみたいだ。 また、「LG」に比べて「B」は1.5倍くらいになるというのもわかった。

ただ、「LGB」はあっても「T」のデータがなかったので、改めてまた調べてみた。

2011年のデータで、全米全体で4.6%、トランスジェンダーで41%ということだった。 ということで、9倍くらいということになりそう。 10倍くらい違うんじゃないかなと思っていたので、大体予想通り。

トランスジェンダーの自殺原因で多いのは「体の性別は死ぬまで変わらない」ということだろう。 たぶん、差別やいじめなどよりもずっと多いんじゃないかな。

自分の場合、物心ついた頃は漠然としてたけど「男」だというのが嫌で、小学中学年の頃には「まだ男でも女でもない性別という可能性も」とも思っていたけれど、第二次性徴がきちゃったのでもう無理だとあきらめた……という経過。

それにしても、17歳のリーラーさんがお母さんから言われた言葉が……。 これは相当なダメージを受けるはず。

“あなたは本当の女の子にはなれない。神は間違いを犯さない。あなたが間違っている”

これって、世界中のどこにも逃げ場がなくなるくらい、追い詰める言葉だよ。 そして、自殺後のインタビューでも「彼」とか言ってて、さらに追い打ちみたいで……。

本当に、言葉が出てこない。 少しでもこういう自殺が減るように、「リーラー法」みたいなのが本当に実現すればいいと願うよ。

自分だって「本当の女の子」になれないなんてことは、とっくにわかっていて。 自分だけでなく大抵の人たちは「サンタクロースがいるかいないか」を知るくらいには「体の性別が変わるのは無理」とわかってくるんじゃないのかな。

それでも、とりあえず「抵抗」はしたいから、ジタバタしたくなって。 それがムダな努力に終わることも多いわけで……。 声変わりも止められないし、ヒゲを全部抜いてもまたすぐに生えてきちゃうしね……。

自分は、自殺は何となく考えたとしても実際はしないように、ずっとしてきてる。 何か「悪い魂」になってしまいそうだから……。

神様みたいな存在を心の底から信じているわけじゃないけれど、「」みたいなものはあると思っていて。 きっとそれには「性別」なんかなくて、体があった時よりは苦しく感じなくなるんじゃないかという風に。

と言うか、死んでからも「男」だったとしたら死ぬほど嫌だよ……矛盾してる言葉だけれどね。

上手く言えないけれど、「良い魂のために良いことを」とか「幸せポイントみたいなのをためていけばきっと良いことが」とか、そんな風に意識して行動してきているから、根っからの「優しさ」とは全然違うので。

他人からだけでなく、自分でも自己中心的で偽善的な考え方かも知れないって思ってるよ。 それでも何もしないままなのよりはよっぽどいいし、ある程度は「気休め」になるのが大きいから。

……ゴチャゴチャしてきたので、あと一言で。

一番願うのは、もしも生まれ変わりがあったとしたら、みんなが希望の性別になれるといいな……ということ。

 #1768  [

目に見えないモノを考えるのがコツ

外見とか声とかの視覚、聴覚……感覚に心を奪われすぎた。

目に見えるモノは、もっと↓もっと↓少なく考える。

目に見えないモノは、もっと↑もっと↑多く考える。

それが今までの「コツ」だったのに、心に足りなくなりそうになるところだった。

もっともっと、そうすることにする。

でも、胸はなくならない方がいい。 髪は切りたくない。 好きな服装ができるのがいい。

ひげとか低い声とか○○○とかみんな、なくなった方がいい。

左目はいいけど、右目も同じように見えづらくなってくるのは怖い。

体の内部の感覚は鈍くしたいのに、気を紛らわせようと必死になってもなかなかできない。

まだ感覚に左右されてしまう、心は矛盾していて未熟……。

 #1767  [性別関連

ただ一度だけでいい

触れ合う恋愛をしたくないというのはずっと確かな心のはずだったけれど。

本当はそうじゃなかった。 自分でも気づかないふりをしていた、ということ。

一生に一度だけでもいいからしたいと強く願っている……女の人の体で。

色々なお話でフィクションとして触れる経験があっても、それでは足りないということだった。

自分自身が実際に経験したい。

ただ、「大切な友だち」としてではない特別な存在って、イメージが全然思い浮かばない。 例えるとすると、黒いシルエットの Deemo みたいな感じに近いかも? 

「純粋」なものに憧れていても心の底では正反対で、「誰でもいい」ってことの裏返しなのかも。

女の人としてエッチなことがしたい

それが「ドロドロ」に揺れ動き続けている原因……だとすると、かなりツジツマが合う。

でも、たぶん平気だ。 SRSとか、現実的に実現する確率は低いし、ボクの心がどうであろうと、見かけ上は「純粋」に憧れた状態のままで終わるはず。 こういう苦しい気持ちだって必ず終わりがあって、永遠に続くわけではないと考えられるから、これからも過ごしていける。

目に見えるものは命と一緒に終わるけれど、目に見えないものなら、もしかして……?  そういう大切なものは「悪い方」に行かせたくない。 良い状態のままでいきたい。

……などと、歩きながら考えた。

今日はいつもよりたくさん歩いたから、悪い夢は見ないんじゃないかな。

 #1766  [性別関連

『リリーのすべて』、9月7日にBlu-ray&DVDリリース

『リリーのすべて』、映画は見なかったのだけれど、9月7日にBlu-ray&DVDがリリースされるということなので観てみたい。

モデルになったリリー・エルベさんについては、世界で初めて「性別適合手術(SRS)」を受けた人という知識くらいしかない。

※「手術」の名称は今までに「性転換手術」→「性別再判定手術」→「性別適合手術」と変わってきている。

リリー・エルベさんは1882年生まれ。 最初の手術を受けたのは1930年ということなので、48歳の時になる。 けっこう遅い(ボクの年齢でも何とかなるのかな……お金を作れば)。 「母」になりたいために卵巣や子宮の移植手術まで受けたということなので、女性になりたい気持ちがとても強かったに違いない。

舞台は1920年代(日本では大正時代)のコペンハーゲン。 アンデルセンの没後50年くらい。

当時のデンマークは同性愛が刑法での犯罪扱い。 手術のことを知った国王から婚姻を無効とされていた。

……そういう時代だ。

その数十年前と同じ考え方をする人々が今もいるのは確かだけれど、時代の流れとともに誤りが修正されたり改善されたりしてきているんだということはわかる。

 → リリー・エルベ - Wikipedia

ウィキペディアの記事を読んで、公式サイトの「TRAILER」も全部見て。

最初は興味半分だったのがだんだんと本気に?……という印象も持ったのだけれど。 元から女性的な顔つきと体だったということなので、その影響も多少あったんだろうか(もしも違っていたら、ごめんなさい)。

「自分の体じゃない」とか「本当の自分」とかの感覚にはとても共感できる。

また、リリーさんにとっては妻のゲルダさんの存在がとても大きかったと思う。 好きな人の幸せを考えて受け入れようとする心の広さに、きっととても支えられたのだと思う。 もしも一人だったら実現できなかったんじゃないかと思えるくらい。

テーマとして「恋愛をするのは魂だからジェンダーは関係ない」みたいな要素も強くあるのだろうか。 そういうのだったら、余計に関心が出てくる。

 #1765  [PC

ブログのテンプレートを更新

また気持ちが不安定っぽくなってきたので、気を紛らわせるために色々。

久しぶりにブログのテンプレートを見直してみる。 そうしたら、今まで知らなかった新機能もあることがわかったので取り入れてみた。

記事によれば、サムネ表示機能はスマホ用限定みたいだけれども、試しにやってみたらPC用でも大丈夫みたいだった。 画像をほとんど使っていないのがバレバレになるこのブログではあまり関係ない感じだけれど。

あと、同じカテゴリーの前後の記事へ移動するのもできるようになった。

それではみ出してしまったので、一行でおさめるために記事の横幅を30文字から36文字に広げた。

今では、カテゴリー分けするよりタグ付けする方をよく使う。 カテゴリーだと一つの記事に一つだけになるけれど、タグだと複数付けられる。 「性別」の記事の時にも便利。

さっきも歩いてきた。 体の疲れから眠りを深くした方が、リアルっぽい悪夢……取り囲まれて何か言われたりとか髪を切られそうになったりとか……そういうのを少なく出来る。

夢のなかでも「視線」が怖い。 ダメージが大きいのは嫌だから、たまには楽しい夢も見たいよ……。

 #1764  [性別関連

性同一性障害の診療が可能な病院

『僕が私になるために』にも、お医者さんが「ネットで買った経口薬でホルモンをとるのはやめる」「幸せになるためなんだから体は大切に」とおっしゃるシーンがあった。

ネットの経口薬はダメなのか……。 更にジェネリックになったら余計に悪いのかな?  Thailand のゾウの切手とか可愛いんだけどな。

もしもお酒類は一滴も飲んではいけませんと言われたとしても全く困らないし、これからも体は大切にしよう。 最近はお菓子も欲しくなくなってるくらいだから、全然余裕。

経口薬よりも良い方法を選ぶには、当たり前だけれど、もっとお金がかかる。 でも、このままでも良くないのは確か。

改めて近くにある病院などを探して、電話で問い合わせをしてみた。 嫌でもトラウマになったことを思い出して、「またなのかな?」と恐れる気持ちを抑えつけるようにする。

電話は特に緊張するので、予め言うことを一字一句全部書き出しておく。 息継ぎのための句読点も入れる。 そして、読み直しながら修正して大体覚えて、しっかり見ながらお話するという風にしている。

通話のボタンを押す時には、指からも汗が出てくる。 一件一件、終わった後に呼吸を整える必要もあるので、次まですごく時間がかかる。 気力と体力の両方を奪われる……。

マンガでの言葉も参考にして、話すのは次のような内容にした。

(ピッ)
(もしもし、○○さんでしょうか?)※ 省略可
あの、すみません、お忙しいところを失礼致します。
診療内容についてお聞きしてもよろしいでしょうか?

実は私は当事者なのですけれども、自分の体の性別が嫌だという風に、ずっと感じておりまして、女性ホルモンの薬を個人輸入で手に入れて、使ってきております。

ただ、診療を受けないままではいけないと、改めて強く思っておりまして、今は性同一性障害者への女性ホルモン補充療法を、していただける所を探しております。

もしもよろしければ、そちら様でお願いすることができればと思ったのですが。
やはり女性でないとできないのでしょうか?

(お話)

わかりました。お時間、どうもありがとうございました。
(ガチャ)

敬語は変じゃなかったかな?  声が震えてなかったかな?  あっ、「性同一性障害」は「性別違和」って言わないといけなかったかな?  とか、今でも色々と考えてしまう。

電話して聞いてみると「お引き受け出来ません」という風な返事。 東京行きを勧められることも。 大体思っていた通りの結果。

ただ、マンガに出てきた場面のようにガチャ切りはなかった。 即答で断られるのではなく一度保留になってから、ということもあったし、「男性はダメです」みたいにも言われなかったし、まあ、大体は……。

病院には病気の人だけでなく「たまご」や「ひよこ」の人たちもいっぱいいらっしゃるだろうし、ボクが外見でもご迷惑をおかけしてしまったら……とも思えてしまうので。

この辺りでGID診療は無理なんだろうか……それとも、探し方が悪いんだろうか。

栃木だけでなく北関東は「0」ばかり。 埼玉や東京へは片道で1時間半から2時間くらい。 電車賃はともかく、検査などだけでもどのくらいかかるのか……万単位は確実。 定期的に通えるくらいになるまで、あと……? 

最終手段は引っ越し。 どちらにしても部屋の片付けは何とかしないと。

 #1763  [マンガ

『僕が私になるために』(平沢ゆうな)

僕が私になるために

すごく、痛い!!!

というのが強烈に伝わってきた。

そして、その痛い期間が長いということも。 正直、もっと短いかもしれないと思っていたので予想外だった。

性別適合手術(SRS)が終わった後の痛みも詳しくて具体的だった。

もうなくなってるのに痛いという幻肢痛は特に辛そう。 その例え方がソーセージにナイフやフォークを刺すと、かなり具体的。

食べ物を使って「図解」された手術のビフォー・アフター、わかりやすかった。 カバーを取った表紙の表裏にも「図解」があって、擬音もおかしかった(笑)。

異国の地で一人ということも含めて、強い孤独感も伝わってきた。 あと、タイのみなさんのお人柄も。 とても自由で明るそうな感じで、心強くもなれそう。

マンガの終わりの方に出てくる「女の人」が他人に見えなかった。 声も小さいし、たぶん、ボクもほとんどこんな雰囲気に見えているのでは……。 そのせいか、一緒に応援されているような気持ちになれた。

 #1762  [マンガ

『やがて君になる』(仲谷鳰)〈1〉〈2〉

『やがて君になる』〈1〉〈2〉を読んだ。 略称は「やが君」。 作者は仲谷鳰(なかたににお)さん。

ネット通販でコミックスのおすすめとして出たのが知ったきっかけ。

人に恋する気持ちがわからないという小糸侑。 そして、これまで誰から告白されてもどきどきしなかったのに、侑のことを「好きになりそう」な七海燈子。 この二人の関係にとても共感できる。

百合的なお話としてもとても良かったし、とても好き。 そして、Aセクシャル要素も強いお話だと思った。

以前読んだ「LGBTだけじゃない12の性的指向」の記事に出ていたどれかにとても近そう。

 → 「ズッキーニ」って何? LGBTだけじゃない12の性的指向、まとめてみました。

  • 「特別と思う気持ちがわからない」
  • 「どきどきしない」
  • 「きっと誰のことも特別と思わない」

このような侑の気持ちは、ボクの感じてきていることそのままだ。 特別な「友だち」と思う気持ちはあると思うけれど、何となく自信がない。

「好きになりたいという相手のことを自分も好きになりたい」という気持ちもわかる。 ボクにとっては、この気持ちがあることで支えられているところがある。

第3巻の出る秋が待ち遠しい。 この先の二人の気持ちの変化や成長や揺れ動きからも目が離せない。

やがて君になる〈1〉〈2〉

▽ 追記

「恋愛感情が少ない」というのと似ているようだけれど「誰のことも好きになりたくない」という気持ちとは大きく違う。

好きな気持ちの表われ方の違いでもあると思う。

これを自然なこととして受け入れるかどうか、この辺のことを考え過ぎると負の方向に行きやすいかも……。 「いつかわかる時まで」とか「このままでもいい」とか、ある程度ゆとりを持って考えないと。 そして、その時間が長くなっても平気なようにしないと……。

「好きになりたいという相手のことを自分も好きになりたい」

こういう気持ちはこれからも忘れたくないと、改めて思わされた 。 ただ、キスはハードルが高いし、「ふれあう恋愛」としてでなかったらという条件付きで。

 #1761  [お知らせ

ブログとツイッターとの書き分けのお知らせ

ブログとツイッター、どちらに書くかのお知らせです。

今年の5月くらいまではずっと、どんなことでもブログだけに書くという方針を続けていました。 一ヶ所にすれば見る人も一回で済むし、自分も混乱しないと考えたのが主な理由です。

ツイッターの方はタイムラインん確認とブログの自動通知だけという使い方でした。 たまに実況する時以外は、ほとんどツイート数=ブログの記事数という状態でした。

ただ、最近はタイムラインを見てそこで書き込むということもするようになりました。 その流れで、短い日記をツイッターで済ませるようにもなりました。 ブログに日常的な短い記事(普通の日記)が少なくなってきたのは、そういう訳です。

どちらに書くかという目安なのですが、長めで固い記事はブログ、短めで緩い記事はツイッターという風にするつもりですので、気づいたら読んでみて下さるとうれしいです。 よろしくお願いします。

 #1760  [ニュース

タックスヘイブンやパナマ文書についての最新ニュース

久しぶりにタックス・ヘイブンについて調べた。

 → タックスヘイブン OR パナマ文書 - Google ニュース検索

最新のニュースもいくつかあった。

パナマ1カ国の1事務所のデータの流出だけで、ここまで多くの世界の要人の他にたくさんの個人や企業の名前が上がっている。 もちろん、日本の個人や企業も多そうだ。

パナマ文書に名前があがっていたメッシとその父親に対しては、脱税で禁錮21ヶ月と罰金370万ユーロ(約4億円)という有罪判決が出たということだ。 アルゼンチン代表引退というのはこのことと関係ないのかな? 

 → メッシ、脱税の有罪判決に控訴 弁護士が「判決は正しくない」 - Goal.com

世界全体での金額は約3千兆円(!)ということで、先進国の国家予算の何十倍くらいの規模。 今回のパナマ文書は氷山の一角(一欠片)で、未解決に近い状態のままだという感じがする。

資本主義なのに逆進課税という、矛盾してねじれた状態がずっと続いてしまうことになると思うので、何とか解決されれば良いと思う。

 #1759  [スポーツ

EURO2016 準々決勝 【結果】
スイス 1(3)-(5)1 ポルトガル 
ウェールズ 3-1 ベルギー 

ドイツ 1(6)-(5)1 イタリア 
フランス 5-2 アイスランド 

見たのはドイツvsイタリアだけ。 寝落ちしたので、PK戦は録画で。

ノイアーとブッフォンからのオーラと言うか、圧力が強くてすごかった。 あれなら外した選手が多かったのも納得できる。

後はニュースのハイライトなどで見た。 アイスランド、前半で4-0という状況からよく2点返したと思う。

準決勝は、7日午前4時のウェールズvsポルトガル(#WALPRT)と8日午前4時のドイツvsフランス(#GERFRA)。 地上波ではドイツvsフランスの放送がない……。

とりあえず今日深夜に起きていられたら観てみよう。

決勝は11日月曜の午前4時。 寝不足で仕事する人が多くなるかも。

 #1758  [マンガ

性別適合手術ドキュメント『僕が私になるために』(平沢ゆうな) <紹介>

性別適合手術のドキュメント『僕が私になるために』(平沢ゆうな)というマンガが発売されたそうだ。 作者さんご自身でしかわからない描写も多いみたいで、その辺にも強い関心がある。 ボクには色々な意味で具体的な知識がないので。

本屋さんに行ったら探して買ってみたい。

 → 話題の漫画発売!タイでの性別適合手術ドキュメント?僕が私になるために・平沢ゆうな | Letibee Life

試し読みもした。 かなり赤裸々だ。 そして、タイの人ってすごくて明るい人が多くて雰囲気が良さそうだとも思った。

 → 僕が私になるために/平沢ゆうな Episode 1 - モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ

こちらの『extra』の試し読みもした。

 → 僕が私になるために/平沢ゆうな 【僕が私になるためにextra】 性の境界線 - モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ

「リリーのすべて」、気になってはいたけれど、気持ちの面で何となく観に行かなかった。 調べてみたら9月7日にディスクが出るみたいなので、それで観てみようと思う。

『ブレンダと呼ばれた少年』のブレンダのお話はいつ思い出しても辛い……。 ある意味「人体実験」みたいで、もう、こんな悲劇は起きて欲しくない。

ボクに限っては事故でもいいから自分のがなくなって欲しいとは思っている。 実際に事故に遭ったこともあるけれど、一度目は小さかった頃なので覚えていないし、二度目は足が痛かったことくらいしか覚えていない。 これからもわざと遭うことはしないけれど、そんなことを考えてしまうこともあるのは、まずいのだろうか……。

だいぶ前から覚悟するようにしているけれど、怠けている方だから、経済的な現実として手術なんてとても叶いそうもない。 今時は余計に出来なかったり見つからなかったりするものかも知れないけれど、天職みたいなものがわからない。

心のなかは嫉妬もいっぱいでドロドロ。 そして、自己嫌悪の後に、気持ちが下がらないように動機を見つけようとする……その繰り返し。

何とかジタバタしたい。 とりあえず、一日一日を乗り切って過ごせられるような気力を身につけたい。

 #1757  [ニュース

参議院選挙:LGBTについての各政党の考え方 <補足>

LGBT関連のニュース検索をしていたら、LGBT法連合会さんのサイトに政党アンケートの最新の調査結果があるのがわかった。

これによると今回は“人権問題であるが、特に取り組まなくてよい”と答えた政党はなかった。 良い方向に行っているのかも。

……というわけで、2012年や2014年の調査結果とも違うのがわかったので、昨日の記事の補足として書いておくことにした。

 → 参議院選挙:LGBTについての各政党の考え方|えぬすぴブログ #1756

 #1756  [ニュース

参議院選挙:LGBTについての各政党の考え方

7月10日の参議院選挙まであと9日。

各政党の「LGBTについての考え方」にも関心があるので色々調べている。

例えば「同性婚に賛成か反対か」というような具体的なこと。 賛成しているからOK!という風に単純には決められないけれど、「どのくらい関心があってどのくらい理解しているか」ということは知りたいと思う。

最近の記事によると、与野党で考え方が割れているようだ。 「LGBTを巡る各党の主な公約や政策」もわかる。

 → 東京新聞:LGBTで割れる与野党 自公「理解広める」 民共社生「差別解消」:政治(TOKYO Web)

日本には同性愛を禁ずる法律も同性婚やシビル・ユニオン(法的に承認されたパートナーシップ関係)を認める法律 も、どちらもない。 黒でも白でもないグレーゾーン

渋谷区や世田谷区の「証明書」も法的な効力はないということなので。

一言で言うと「差別はしないが権利は認めない」ということになるのかも(何か、微妙……)。

もう一つ、参考として前回の参議院選挙でのLGBTについてのアンケート結果を探して改めて見てみた。

 → 【第23回 参議院選挙】各政党に聞いた、セクシュアル・マイノリティについての5つのこと|LGBTのためのコミュニティサイト「2CHOPO」

政党の対応は様々だった。 かなり具体的な公約や政策を考えているところも多い印象。 ただ、ここには党名を書かないけれど、冷たい回答をする政党もあった。

2014年に行われたアンケートで「人権問題として同性愛者や性同一性障害者らの性的少数者について取り組んでいくことをどう思われますか?」という問いに「人権問題として取り組まなくてよい」との回答。

 → 2014衆議院議員選挙・各党の回答結果 ( 選挙 ) - 性的マイノリティに関する政策調査プロジェクト(愛媛) - Yahoo!ブログ

そして、最近では「カミングアウトする必要のない社会を目指す」という考えも明らかにしている。 何だか矛盾しているように感じられて混乱する。 日本の社会制度を変えるのよりも日本中の人々の気持ちを変える方が、ずっと実現が難しそうに思うのだけれど、どうなんだろう。

それから、よくある「前向きに検討する」みたいな言い方なのだけれど、その言葉の裏には「今考える必要はない」という気持ちが見え隠れしているように思えて、何か信用できなくなってしまう。

本当に、よく考えないといけないと改めて思う。

他にとても参考になるのが、Wikipedia の「日本におけるLGBTの権利」や「日本における同性結婚」という記事。 これまでの歴史からアンケート結果まで載っていてわかりやすい。 下記にリンクを。

06 ← 2016年07月 → 08
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31------



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)