\ えぬすぴブログ

 #1022  <<日記>>

水風呂に入る

濡れても大丈夫なようにしたいと思って、水着でお風呂掃除した。 そして、そのまま水風呂に入った。

いくら猛暑日で気持ちがモヤモヤしていたとは言っても「莫迦なことをやってるんじゃないか…」と思った。

水道水は冷たくて、なかなか肩までつかれないくらいだったけれど、しばらく暑さを忘れることができた。

冷たい水は特に苦手で、頭にかかるだけでもとても息苦しく感じるの、昔から変わっていない。 やったことないけれど、滝に打たれる修行なんかしたら絶対に息ができなくなるはず(震)。 温かい水ならそうでもないんだけれど。

暑いからプールに行きたいとか無茶なことを考えることもあるけれど。 「色々な意味」で不安に感じるだけかも…と思い直せた。

ただ、水泳の授業では泳ぐのはダメでも飛び込みなら普通にできた。 なんでなんだろう。

そう言えば、母もプールや海では水辺にも近寄りたくないくらいだと話していたこともあった。 そして、ボクも確実にその性質を受け継いでいる。

ただ、これからも母のようにお風呂好きにはなれそうもないけれど(苦笑)。 できるだけ薄暗くして、自然に見えにくくなるようにするのがコツかも。

▼ 同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

※ 「名前」と「本文」以外は省略できます。

  • ※ 必須
  • ※ 必須
  •  → 確認ページ (メールアドレスの記入があっても公開されません)
10 ← 2019年11月 → 12
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)