\ えぬすぴブログ

 #1091  <<>>

好きな気持ちは「障害」?

「異性が好き」ということを、異性しか好きになれない「異性愛障害」みたいに考えるの、あまりないと思う。

それでは、「同性が好き」ということを「同性愛障害」みたいに考えるのは? 「異性も同性も好き」ということを「両性愛障害」みたいに考えるのは?

お互いに相手が好きで大切に感じられることを「障害」と考えるの、とても変だと思う。

ボク自身の感じ方や考え方になるし、人によって色々な違いがあると思うけれど。

Aセクシャル(無性愛)」も、同じように考えられないかな。

苦手なこともあって、恋愛に関すること全部が嫌いで否定しているわけではなくて、好きという気持ちは大切とも考えているから。

▼ 同じカテゴリーの記事

コメント

かのん :
たぶん、同性愛でも無性愛でも
好きになることを障害だって言ってるのではなくて
想いを成就することに障害を感じるって
ことなんだと思うよ。

ユイは恋愛経験がないって言ってたから
誰かが欲しいって思う気持ちはわからないかもしれないけど

ユイが魔法の薬が欲しくてたまらないって思うのと同じで

人を好きになったら、その人の心も欲しくなる。
愛されたいって願うし
もっと愛したいって思う。
でも同性愛だろうが異性愛だろうが
両想いになるのって簡単なことじゃない。

そういう意味では、生きていれば
色んな障害があるってことだよね。

でもどんなカタチであれ、お互い思い合い
相思相愛であれば、まわりが障害って思っても
きっと本人同士は幸せなんじゃないかな。

異性を好きになる人が多いから
同性愛や無性愛がノーマルじゃないって思われるのかもしれないね。
でも、人はそれぞれ持ってる器が違うから
私のような人もいれば
ユイのような人もいる。

ユイが無性愛だと主張するのは
まだ心から愛せる人とめぐり会ってないからかもしれないし
本当に誰かを愛する気持ちがないのかもしれないし。
どちらにせよ、それが障害か障害じゃないかは
自分で思うことだし、
無性愛と愛情がないのと履き違えてもダメだと思う。
人の幸せを思えるようなら
もうそこに愛はあると思うから☆


ユイ : >かのん
想いを成就することに障害を感じるって、本当にそうだねー。好きだと思う気持ちは障害なんかじゃないけれど、それをカタチにするのに難しいことが多くなるということだから…。

ボクの場合は、好きと言うと「友だちみたいに好き」というの以外に思いつけないところがあるけれど。もちろん、誰に対しても想いが同じということじゃないし。
特別に強く感じられる人もいるから♪

愛情まで弱いという風には考えないで、相手を大切に思える気持ちがあれば十分…という感じになれるよ。
? :
そうだね、人を大切に思う気持ちが大切だね^^

ユイは物事に対して何にでも定義づけをしてしまう
ところがあると思うの。

「友達ってなんだろう?」
「恋愛ってなんだろう?」ってね。

でもそれって人それぞれ感じ方も違うし
答えのない永遠のテーマみたいなものでw
深く考えても仕方ないと思うよ。

友達みたいに好きだろうと
恋人みたいに好きだろうと
誰かを好きって思えることが
ユイにとってとても大切なことだと思うから。
ユイ : >かのん
なんだろう?って考えるの、無意識にしている癖みたいなもので…(苦笑)。友だちや恋愛のことで実感することが少なかったから、矛盾していることに気付けなかったり、想像して考えてばかりになりやすいのかな…?

友だちになるということだって、そうなりたいと考えてなるものじゃなくて、“気付いたらもうなっているもの”なんだよね。「君に届け」での爽子と友だちとのことでもそういうシーンがあってとても共感できたよ。
そして、ボクにも実感としてわかることだよ。

かのんのことも、自然に大切だと思うようになっていたから…♪

好きだと思える気持ちが大切だというのを忘れないようにしていくよ。

コメントの投稿

※ 「名前」と「本文」以外は省略できます。

  • ※ 必須
  • ※ 必須
  •  → 確認ページ (メールアドレスの記入があっても公開されません)
10 ← 2019年11月 → 12
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)