\ えぬすぴブログ

 #1097  <<アニメ>>

「君に届け」 ep.3「放課後」 ep.4「噂」

「君に届け」第3,4話を見ての感想。

再放送では第7,8話まで放送されているし、すっかり遅くなってしまった(汗)。 時間がかかるから短くしようと思ったけれどできなかったので、これからもゆっくり書いていくつもり。

▼ episode.3「放課後」

教室の中に入って友だちとあいさつをするだけで、あこがれ続けた光景を現実のものとしていると感じる爽子。

動かす力をくれている」という風にお互いに話す爽子と風早。 自分では気付きにくいことなのかも。

風早が爽子にメモを渡すところが良かった。

爽子にとって初めてのことで、メモを誰に渡すかでいっぱいになって。 自分では全然見ずに回してしまった爽子と大慌てになる風早が可笑しかった(笑)。 “黒沼へ だってば”も良かった♪(笑)。 と言うか、最初から自分宛てだと気付いて欲しい(苦笑)。

くるみを見て「お人形さんみたい」と思ったけれど、そういう爽子も十分すぎるほど人形っぽいと思った。 フランス人形と日本人形という違いはあるけれど(笑)。

妄想しながら勉強して、いつの間にか身についたという爽子。

ボクも日常で何かするとき、別のことを妄想している時が多いかも。 妄想と言うよりは現実逃避に近いように思えるけれど。

クラスのみんなと話せるようになって、笑顔まで見せる爽子。 自分だけが知っていた笑顔という「秘密」がみんなにも知られて、ちょっと悔しくて、笑顔を“ひとりじめ”したいと思う風早の様子が可愛かった♪(笑)。

▼ episode.4「噂」

黒沼家の光景。 いつもと違う爽子の様子に敏感に気付く母と父。

「恋人ができたのかしら」とサラッと言う母と、茶碗を落として「爽子、俺の爽子ー…!」と叫ぶ父が、とても対照的で可笑しかった(笑)。

自分たちの悪い噂のことを爽子に話すあやねと千鶴。 「二人とも強いんだねー」と答える爽子(笑)。 「ピュアホワイト」と言うか、どういうことなのかわかっていないから話が通じていなくて、かなりトンチンカン(笑)。

風早のおでこが出てるところを見ようとする爽子と、目を合わせられなかった風早。 見てる方まで照れくさくなるほど、とてもいい雰囲気♪

爽子の「友達じゃないよ…」と言うところと、「好きって言うよりも…」と言うところ、その続きが肝心なことなのに、あやねと千鶴にちゃんと伝わらないのがもどかしい…。

“吉田と矢野をバックに付けて、風早をいいように使っている”という噂まで…(苦笑)。 爽子の性格を考えて、“裏番”なんてあまりにも実際とかけ離れているってことに誰か気付いて!って感じになる。

噂を聞いて自分がまわりにいない方が良いと思い込んだ爽子。 あやねや千鶴や風早を避けてしまうようになって、ますます誤解をされてしまうことに。

そして、自分が避けられて嫌われているかも知れないと思ってしまった風早にも、かえって心配をかけることになってしまう。

思い込みからますます話せなくなってしまうというのは、ボクも心当たりを強く感じるところなので、見ていてもつらかった…。 次の週まで、特に長く感じた。

FC2ブログ > ジャンル:アニメ・コミック > テーマ:君に届け

▼ 同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

※ 「名前」と「本文」以外は省略できます。

  • ※ 必須
  • ※ 必須
  •  → 確認ページ (メールアドレスの記入があっても公開されません)
10 ← 2019年11月 → 12
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)