\ えぬすぴブログ

 #1134  <<ニュース>>

性描写規制条例、成立

東京都の条例の改正案、今日の都議会本会議で採決されて成立。 施行は、自主規制が4月1日、販売規制が7月1日から。

あいまいな基準だから、内容に関係なく規制する必要がない作品までが規制されるきっかけになってしまうように思えて、何か嫌だな…。

対象になるものの中には、明らかに「18禁」の描写が含まれているものもあるだろうけれど。

どこまでが大丈夫なのか曖昧だから、「この作品が規制されるならこの作品も…」という風にどんどん広がって混乱していって。 マンガやアニメなど「二次元」に限らず、実写のドラマや映画など「三次元」にも広がっていくことになるかも。

「表現の自由」の問題も含まれているのに、なぜかテレビの報道ではあまり取り上げられていないように感じる。 テレビ番組の規制とは関係ないことだと思われているからなのかな。 アニメもあるし、マンガが原作のドラマもあるのに。

それから、“不当に賛美・誇張”ということは、犯罪者なのに格好良く見せている場合も規制の対象になる可能性があるということで。 性犯罪に限らないので、対象になる作品はもっと多くなりそう。

ボク自身は、こう見えても(?)エッチなのが嫌いとかいけないとかは思っていなくて。 成人してからだいぶ経ってのことだけれど、そういうマンガを読んでいたこともあるしゲームで遊んでいたこともある。

もちろん、良いお話だと思っているからと言って、どんなものでも子供たちに勧めたいなんて考えないけれど(汗)。

意思が無視されて一方的だったり、人間性や人格を傷つけたり…というのはとても嫌い。 でも、そういうのばかりではなくて。

心が伴っていて、お互いに深いところで気持ちがつながっているというのが伝わってきて、とても印象に残るお話もあるから。

個人的な好き嫌いで言ったら、衝撃的で性的な描写があるかないかに関係なく、心に響いてくるようなお話があれば良いんだけれど。

本当に実行されることになって、お話の内容が変な方に行かなければいいな。 これからどうなっていくのかな。

▼ 最近のニュース動画

▼ 同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

※ 「名前」と「本文」以外は省略できます。

  • ※ 必須
  • ※ 必須
  •  → 確認ページ (メールアドレスの記入があっても公開されません)
10 ← 2019年11月 → 12
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)