\ えぬすぴブログ

 #1250  <<アニメ>>

「放浪息子」 #8 春

アニメ「放浪息子」第8話「春」の感想。

※ ↓ この先はストーリーのネタバレを含んでいます。

放送から一週間以上経ちました。 また感想が長くなっています…(汗)。

2年生に進級して、見事なくらいにみんなのクラスがバラバラになってしまう。

高槻くんは少し髪を伸ばして、千葉さんはまた登校できるようになっていた。 「前の方が格好良くて…好きよ」と、髪のことを言っていた千葉さん、可愛かった(笑)。

にとりんは土居と同じクラスで、席も前と後ろ。

実は小学校のときに、にとりんと高槻くんは土居からかなりひどいこと(クラス中に二人の気持ちをばらすようなこと)をされた。

同じクラスだったので、千葉さん、ささちゃん、マコちゃんも知っていること。

にとりんと安那ちゃんのデート。

服を手にとって見るくらいなので、興味があるというのは安那ちゃんもわかる。

ボクも服を見るときにはきっとガン見しているはずだから、店員さんだけでなくほかの人にもバレバレなんだろうな…と思う(照笑)。

その話を聞いた真穂ちゃんから、付き合うなら女の子の格好をやめるようにときつく言われる。 「安那ちゃんはお前と違って、普通の女の子なの!」というのは、けっこうきついかも…。 真穂ちゃんにしてみれば、友達の安那ちゃんのことも心配になるのは無理もないことだし、この場合の「普通」という言葉にはそんなに強い悪意が込められているわけではないけれど。

学ランを前にため息をつく高槻くん。 着ていったのは女子の制服だけれど、リボンではなくてネクタイ。

それに気付いた兼田先生は、特に注意することもなく自分で結んだのかどうか聞いただけで、やっぱり不思議先生。

女装を嫌がられてしまうかどうか、ユキさんに相談するにとりん。 「本人に聞いてみないとわからない」「それで嫌われても知らない」という風に言われる。

ユキさんは「シュウくんはよしのちゃんとくっつくと思ってたのに…」と、とても残念そうな様子。 そして、告白してふられたこともあると聞いて更に驚く。

にとりんは見かけによらず手が早い、と言うか“先手必勝型”(笑)。

意外に感じたのはボクも同じ。 性別のことで思い悩む同士で、高槻くんとはとても気持ちをわかり合えるはずだと思っていたから。

「まだ早すぎたのかもね」というユキさんの言葉が、すべてを物語っている感じがした。

駅前で安那ちゃんと待ち合わせするにとりん。

その雑踏の中でも「女の子の格好をするのが…好きです」といきなり告白する。

それでも「だろーね」と軽く受け流す安那ちゃん。

マンガの方のお話だけれど、小学校時代に読モのお姉ちゃんに付いて行って女の子の服を着せられて、それを安那ちゃんにも見られていた…ということもあった。 そのときは「変態」という風にからかわれる感じだったから、にとりんが心配になるのも無理はなかったんだけれど。

「嫌いにならない?」と言うにとりんに、「おもしろいやつー」「可愛い妹みたい」と言う安那ちゃん。 今度一緒に女の子の格好でデートしてみようということになった。

にとりんにとってはかなり思い切った告白のはずだけれど、すんなりと受け入れられた形に。

マコちゃんに話すにとりん。 キスのことなど考えたことがないと答えるにとりんに、それは恋人同士じゃなくて女友だちがひとり増えただけだと、あきれられてしまう(苦笑)。

ちょうどマコちゃんが「千葉さんがかわいそうすぎるよ」と言ったのを、偶然通りかかった千葉さんに聞かれてしまう。

「別に二鳥くんのことなんて、もうどうも思ってないから、気にしないで!」と言って、走り去る千葉さん。 感情をコントロールできなくなったのか、あまりにもツンデレ過ぎる反応…(笑)。 「キス」という言葉が出てきたのにも動揺して、とても気にしている。

ユキさんと一緒にいたのを見かけた土居から、どんな人なのかと聞かれるにとりん。 どう言っていいのか迷って、友だちだと正直に答えてしまう。

「俺と友だちになろうぜ」「許してくれよ」と、調子のいいことを言う土居。

「昔のひどいこと」は、そんな簡単に許せるようなことじゃないのに…。 ちなみに、そのきっかけを作ったのは岡くんだったりする。

その土居と岡くんと、なぜか一緒に帰る流れになった、にとりんとマコちゃん。

ボクにとっても、本当に心配で“やな感じ”になるところ…。

階段を「三段跳び」みたいに降りてくるささちゃん、可愛らし過ぎる(笑)。

みんなで一緒に帰るときに「キスしたことってある?」と突然言う千葉さん。 驚くみんなにとっても、“どういう流れで何の話”なのか、全然わからないはず(苦笑)。

可愛い服を着るだけでも違和感のないにとりんに、半分あきれた様子の安那ちゃん(笑)。

デートするのが恥ずかしくて嫌なら…と言われて、「嫌ってわけじゃない」と答えるにとりん。 「ほっほー、すきねー。あんたも」の言い方、とてもいたずらっぽい(笑)。

「安那ちゃんはキスしたいと思う?」と、いきなりたずねるにとりん。 突然のことで驚いた安那ちゃんの手元が狂って、塗っていたオレンジ色のグロスがはみ出してしまう。

逆に聞き返されて「よくわからない」と言うにとりんに、「いいじゃん、まだ」と答える安那ちゃん。 とてもあっさりしている感じ。

ファッションのテーマは「メガネ少女の休日」(笑)。 ウィッグを付けていないので、ずいぶんと違った印象になる

途中、千葉さんと高槻くんとバッタリ出会う。 そして、安那ちゃんが二人を誘って一緒にカラオケボックスに行くことになる。

トイレで、高槻くんと千葉さんが言い合いになる。 安那ちゃんはいい人みたいだからと言う高槻くんに、冷たい態度の千葉さん。 最後には「男になりたいんでしょう? 合ってるかもね。いるもの、そういう優柔不断な男」とまで。 ショックを受ける高槻くん…。 さすがに言うことが厳しい(苦笑)。

千葉さんが出て行くのとちょうど入れ替わるように安那ちゃんが入って来る。 モデルの事務所に来るようにスカウトされて、まんざらでもない様子。

先に戻った千葉さんは、にとりんに「末広安那は理解があって非の打ち所がない人」だと言って、少し淋しそうな様子にも見える。 にとりんの方は、服が似合っていると言われたのでうれしそう(笑)。

飲み物を頼もうとする安那ちゃんに、「お酒が飲みたい気分だわ」と言って、性格が悪いと言われても関係なく何度もつっかかる千葉さん。 生ビールなんて無理なのに(苦笑)。

それを見かねた高槻くんが、千葉さんをかばうつもりで「二鳥くんのことが好きだから」ということまで話してしまう。 千葉さんはすっかり興奮して「あんたこそどうなの!二鳥くんのことを振り回して!」と言い返す。 そして、「高槻さんは昔付き合っていた」とか「私は好きだったけどふられた」とか、みんな安那ちゃんに話してしまった。

…と、このタイミングで、場違いな感じで歌の前奏が始まる(笑)。

雰囲気がこんなに修羅場チックになっているというのに、みんなで歌おうと言い出すにとりん…あまりにもマイペース過ぎ!(苦笑)。 もうとっくにいたたまれない気持ちになっていても全然おかしくないのに、神経が図太いと言うか、何と言うか…(苦笑)。

にとりんにとって、その3人は「ふられている人」「ふっている人」「付き合っている人」という、これ以上はないと言えるくらい複雑な組み合わせなのに(苦笑)。

にとりんにとってはみんなが友だちで、好きという感情も「友達以上恋人未満」みたいなものだからかな。

みんなで歌うのは嫌だからと一人で歌う千葉さん。 安那ちゃんに「うまーい!」と叫ばせるくらいの上手さ。

中の人(南里侑香さん)もとても上手いから、少しだけでも聞いてみたかったな…フィクションジャンクションな歌とか(笑)。 と言うか、千葉さんはカラオケ好きなタイプには全然見えないのに、いつどこで練習をしているんだろう?

それから、思いがけずみんなの「関係」がわかった後でも、変わらずに落ち着いている安那ちゃんもすごいのかも。

修羅場チックにもなったけれど、終わってみれば割と良い雰囲気に。

千葉さんと高槻くんと3人で仲良くしていたのを思い出して、にとりんが「あのころに戻りたい」と思っていたときに、携帯に土居からのメールが…。 波乱の予感。

次回は「#9 かっこいい彼女」。
 → WEB予告映像 #9

▼ ボク自身のこと

にとりんにメイクする安那ちゃんのところで、ボクも同じようなことをしてもらったの、思い出したよ…♪

オレンジが自然な感じになるというのも勉強になった♪ グロスは持っていなくて、ベージュとピンクの口紅があるんだけれど、ほとんど使わないからずっと減らなくて「お守り」みたいな感じ(笑)。

面倒くさがりで鏡が苦手ということもあるので自分でメイクしないけれど、嫌いなだと思っているわけではなくて。

遊びに行ったときに友だちにメイクしてもらえたことも、とてもうれしかった♪

初めてしてもらったときは、その後に一緒に出かけるということを全然考えられなくなっていて、言われてから初めてハッと我に返って、本当に外に行って大丈夫なんだろうかと思って…(汗)。

ボクが嫌なら落としてもいいという風にも言ってくれたんだけれど、そんなのは嫌でできるはずがなくて。

見られることの不安よりも、ボクのためにしてくれたといううれしさの方が比べものにならないくらい大きかったので、そのまま一緒に出かけられた♪(照笑)。

そのときの恥ずかしいような照れくさいような気持ち、またはっきりと思い出すことができたよ♪(笑)

FC2ブログ > ジャンル:アニメ・コミック > テーマ:放浪息子

▼ 同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

※ 「名前」と「本文」以外は省略できます。

  • ※ 必須
  • ※ 必須
  •  → 確認ページ (メールアドレスの記入があっても公開されません)
10 ← 2019年11月 → 12
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)