\ えぬすぴブログ

 #1260  <<ニュース>>

放射線の単位 (ベクレル、グレイ、シーベルト)

放射線のことで聞き慣れない単位がよく出てくるので、調べてみた。

ベクレル  [Bql]  放射線を出す側からみた量
グレイ   [Gy]   放射線を受ける側からみた量
シーベルト [Sv]   放射線を受ける側に及ぼす健康影響の度合い

 → TEPCO:エピソード放射線 NO.12「ベクレル、グレイ、シーベルト」

単位の由来は、物理学者の名前(アンリ・ベクレル、ブラッグ・グレイ、ロルフ・シーベルト)から。

乱暴だと思うけれど、紫外線に例えてイメージすると…。

ベクレルが太陽から出る量、グレイは体に受ける量、シーベルトは皮膚などへのダメージ…という風に考えていいのかな?

シーベルトの値が大きかったらヤケドで大変なことになるけれど、少なかったら日焼けするくらいで大丈夫という感じで。

勘違いで間違っていたら、ごめんなさい。
(;*_ _)″

健康への影響に関係があるシーベルト[Sv]、よくチェックしておこうと思っている。

1シーベルト[Sv] = 1000ミリシーベルト[mSv] = 100万マイクロシーベルト[μSv]

 → シーベルト - Wikipedia

FC2ブログ > ジャンル:ニュース > テーマ:原発事故

▼ 同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

※ 「名前」と「本文」以外は省略できます。

  • ※ 必須
  • ※ 必須
  •  → 確認ページ (メールアドレスの記入があっても公開されません)
10 ← 2019年11月 → 12
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)