\ えぬすぴブログ

 #1261  <<ニュース>>

放射性物質の半減期 (ヨウ素,セシウム,プルトニウム,ウラン)

放射性物質の半減期、あちこち探して調べてみた。

▼ 半減期

ロジウム106   29.8秒
ヨウ素131          8日
コバルト60           5.3年
ストロンチウム90    28.8年
セシウム137         30.1年
ラジウム226        1,600年

プルトニウム239   24,000年
ウラン234        245,000年(24万5千年)
ウラン235    704,000,000年(7億4百万年)
ウラン238  4,470,000,000年(44億7千万年)

水道などに含まれる量が発表されているヨウ素131は8日で、セシウム137は30年

ウィキペディアなどで特徴を調べると。

ヨウ素131は、“甲状腺に蓄積して甲状腺ガンを引き起こす可能性がある”ということ。

セシウム137は、“体内に取り込まれてから体外に排出されるまでの100日から200日にわたってガンマ線を放射し、体内被曝の原因となる”ということがわかった。

半減期というのは「半分になるまでの時間」なので、倍の時間になってもゼロにならない。 半分(2分の1)の半分(2分の1)になるので、4分の1が残る計算になる。

ウランはものすごく長くて、特にウラン238なんてほとんど地球年齢と同じで、プルトニウムの2万4千年でも半永久的で、想像できるレベルをはるかに超えている。

プルトニウムは“かつて人類が遭遇した物質のうちでも最高の毒性”と言われるような危険物質。 しかも、一度吸収されると体外へ排出されにくいという特徴もある。

ヨウ素やセシウムのように気化しにくくて、遠くまで放出されないということだけれど。 近くで作業している方々は…? 何か怖い感じがする…。

原子炉の中にどのくらいの量があって今どのような状態なのか、ほとんど報道されないそうだけれど、どうなっているのかな…。

FC2ブログ > ジャンル:ニュース > テーマ:原発事故

▼ 同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

※ 「名前」と「本文」以外は省略できます。

  • ※ 必須
  • ※ 必須
  •  → 確認ページ (メールアドレスの記入があっても公開されません)
10 ← 2019年11月 → 12
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)