\ えぬすぴブログ

 #1406  <<アニメ>>

「ちはやふる」 第1首「さくやこのはな」

「ちはやふる」第1話、見た。 とても好きになった♪

雰囲気がとても伝わってくる、キレイな絵も。

小学生のころのお話は、実際にありそうな「暗い」ところも描かれていて、リアル…。

千早にも、思ったことをすぐに口に出してしまうというところが。 ただ、悪気はないから、真っ直ぐ過ぎるだけという感じ。

新とのカルタのシーン、迫力があって良かった。

小学生のころはボーイッシュだった千早も、高校生になってとても印象が変わった。 “ムダ美人”って呼ばれてしまうくらい(苦笑)。 性格はあまり変わっていないかも(笑)。

主人公の綾瀬千早役の瀬戸麻沙美さん、千早にぴったりな感じだった。 男の子っぽい高槻くんと全然印象が違って、小学生でも高校生でも、思っていたよりも女の子的で(笑)。

それから、エンディングの歌も澄んだ感じでとても印象に残った。

カルタに出会ってどう成長していくのか、これからのお話も楽しみ♪

小倉百人一首の本、読んでみたくなった。

小倉百人一首

後ろのページを見ると初版1962年・発行1982年で、お値段は190円(!)という古い本。 高校のころのもので、よく覚えていないけれど、もしかしたら授業で使っていたような…?

百人一首のような短歌では、「好き」「愛してる」など直接的な言葉が使われていないのに、恋愛の気持ちが強く伝わってくるというのもすごいところだと思う。 ボクの場合は自分の実感ではなく、頭で恋愛感情を理解する…という感じになってしまうけれど。

ボクが文章を書くとムダに長くてわかりづらくなってばかりなので、全然正反対(汗)。 ほんの少しでも身に付けられるように、見習いたいなー。

FC2ブログ > ジャンル:アニメ・コミック > テーマ:ちはやふる

▼ 同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

※ 「名前」と「本文」以外は省略できます。

  • ※ 必須
  • ※ 必須
  •  → 確認ページ (メールアドレスの記入があっても公開されません)
10 ← 2019年11月 → 12
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)