\ えぬすぴブログ

 #1457  <<日記>>

気持ちを想像する

いつも新しい発見があって、介護の仕事の奥深さや重要さを思い知らされてばかり。 はっきり言って、以前までの考えとは全然違っていた。

手順だけ覚えるのもなかなかできなくて、それほど気を置かなくても大丈夫なのに、相手のことに関係なく緊張してしまうくらい…。 混乱したり、真っ白になったりして、なかなか自信も出てこない。

それでもとにかく、これからもがんばっていきたい。

自分「一人」のことばかりで「相手」とか「つながり」とかがどこかに行ってしまいがち…。

相手が今どのような状態(気持ち)で、自分は今何をすれば良いのかということなど、「想像」(イメージ)するのもとても苦手…ということも、痛いほどわかってきた。

相手の身になって考えることというのは、ずっと昔から考えに入っていなかったようなところがあったのは、自分でもある程度はわかっていたつもりだったけれど、それがより具体的に強くわかってきたという感じ。

「全体的に順序立てて覚える」というような「記憶」だけでなく、何度も何度も「練習」して覚え込むことの大切さも、ずっとわかってきている。 「習うより慣れろ」ということわざ、改めて本当にその通りだと思う。 まず、手順だけでもしっかりと覚えて、間違えや不都合のないようにしたい。

ボクが「苦手」と思ってきていること、ボクにない部分だと思えることがとてもたくさんある。 ただ、「少ない」とか「ない」とか強く感じ続けていることだから、余計に「欲しいもの」とか「必要なもの」にも思えるから。

▼ 同じカテゴリーの記事

コメント

宇宙 : 十人十色と言うけれど…
私の職場の大先輩で人の気持ちや回りの状況が分からない人がいます。分からない、と言うより完全に思考にないんだと思います。だからと言って悩むでもなくマイペース。注意されても気にしない。直す気もない。ある意味羨ましい性格だと思う今日この頃。
そんな人を間近に見ているせいか、ユイさんの前向きさがひしひしと感じます。

他人と関わって行くにはいろいろと神経を使う。いかにそれを上手く扱うか。自分をコントロールできるのは自分しかいません。
目の前の現状をいかに判断するか。

人それぞれ考えは違うけど、「当たり前の常識」だけは身に付けないと変なレッテルを貼られてしまう。当の本人はそんな事お構い無しでわが道を進んでいる。それでは人間関係、信頼関係は成り立ちません。
自分に足りないものに気付き、それを身に付けようとしているユイさんの爪の垢を少し分けてやってくれませんか?(^_^;)

ユイ : Re: 十人十色と言うけれど…
ボク自身も、以前は自分でほとんど気付けていなかったです…。

KYな失敗は今でもよくあります(汗)。でも、時間が経ってしまってからでも「自分で気付ける」ようにもなれたのは良かったことだと思えます。はっきりと教えてもくれた友だちのおかげもあって、次第に気付けるようになってきています。

「常識力」にも全然自信が持てません。
人付き合いも少なく世間知らずです…。変なことをしたり言ったりしたつもりはないのに「エーッ?!」と思われるのも、よくあることです(苦笑)。

ボク自身のことを棚に上げるようですが、あまりにも「気付かない」ような人を苦手に感じます(苦笑)。

それから、どの職場に行ったとしても必ず同じような人がいるということもよく聞きます。不条理な感じで嫌ですが、ある程度は大人的な考え方をするのも必要かも知れません。

表に出る言動ばかりに目が行きがちですが、「なぜそのようなことを言ったりしたりするんだろう?」と理由を考えてみるのも大切だと思います。

そして、相手のペースに巻き込まれて「自分まで同じようになってしまわない」ように心がけたいです。それから、とても難しいこともありますが、相手の「良いところを探す」のが改善のポイントになるかも知れません。

学習の中で覚えたのですが、「自己覚知」という言葉があります。
「自分自身の性格などを知っておき、意識してコントロールしながら相手を受け入れること」というような感じです(もしも微妙に意味が違っていたら、ごめんなさい)。

ボクはまだ「コントロール」にも「受容」にも自信が全然持てませんが、できるようになっていきたいです。

コメントの投稿

※ 「名前」と「本文」以外は省略できます。

  • ※ 必須
  • ※ 必須
  •  → 確認ページ (メールアドレスの記入があっても公開されません)
10 ← 2019年11月 → 12
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)