\ えぬすぴブログ

 #1558  <<スポーツ>>

[ソチオリンピック] ジャンプとかフィギュアスケートとか

ソチオリンピック、色々見た。 ノルディック複合の渡部暁斗とか、男子フィギュアスケートの羽生結弦とか、スキージャンプの葛西紀明とかも。

渡部の銀メダルの時の、荻原次晴の「号泣」も印象に残った。 とても強い思いがあふれてるのが伝わってきて。

スキージャンプ、あれだけの強い選手が揃っている中で41歳でも大活躍できる葛西は、本当に“レジェンド”という呼び名にふさわしい。 金メダルだったらなお良かったけれど、とてもきれいで大きなジャンプだった。

ジャンプの終わった後にチームメイトが駆け寄るところも良かった。

男子フィギュアで、個人的に印象に残ったのはジェレミー・アボット。 SPでは最初のジャンプでしばらく立ち上がれないほど激しく転倒したのに、最後までしっかり演技をやりきるくらい立て直したところ。 そして、翌日のFSでは自己ベストを更新。 本当に不屈の魂という感じだった。

あと、プルシェンコの棄権と引退発表は、とても残念……。

ウィキペディアを読むと、苦労とケガとの戦いの記録のように思えるほど。 人工椎間板置換術という大きな手術もしてオリンピックに出られただけでもすごいし、団体戦での演技もすごかったけれど、ついに限界か……という感じ。 また演技を見られたらいいんだけど。

羽生は、キスアンドクライとかで腰がとても低いところも印象に残った。 テロップに全部隠れてしまうこともあったし、あんなに深くお辞儀する人をほかには一人(小林ゆう[写真])くらいしか知らない(笑)。

エキシビションの羽生の演技も今から楽しみ。 お互いに憧れの「ヒーロー」みたいに思ってるということだし、プルシェンコの後継者と言われるくらい、すごくておもしろいのをやってもらえたらいいな。

▼ 同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

※ 「名前」と「本文」以外は省略できます。

  • ※ 必須
  • ※ 必須
  •  → 確認ページ (メールアドレスの記入があっても公開されません)
10 ← 2019年11月 → 12
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)