\ えぬすぴブログ

 #1594  <<性別関連>>

性同一性障害の「絶望的な苦しみ」

タイトルはちょっとショッキングだけれど、真剣に伝わってくるような感じが印象深かったので。

特に”24時間365日、一瞬の休みもなく苦しみ続け、それを完全に治癒する対処法が存在しない”というところからも、辛さを理解しようとして下さるのがよく伝わってきた。

そういう方がいるのがわかると、力づけられるような、うれしいような気持ちになれる。

ボクは「思ってくれる人の存在には関係なく辛い」みたいに考えてきていたけれど、以前よりは「いればうれしい」という気持ちにもなれてきたと思うので。

暑い時に「暑いですね」と労われても暑く感じるのは変わらないけれど、気持ちはうれしいのと一緒。

体の性別は死ぬまでずっと変わらないし、感じ方の辛さも変わらない。 そして、生まれ変わりがあるかどうか、ヒトになれるかどうか、望んでいる性別になれるかどうかなんてこともわからない……。

「体の性別」の存在を忘れるのは、とても難しい……。 人の視線はともかくとして、お手洗い、お風呂など、生活に密着していることでもあるので。

少しでも近づきたいから、もちろん「手術」も大きな希望の一つだけれど。 現実的に今の経済的状況ではいつできるようになるかもわからない夢みたいなもの……。

性別を意識しないでいられる時間はない。 自分では「個性」みたいなものだと思えて、こんな状態がずっと続いていることが「障害」なのかどうかも、ボク自身がよくわからないまま……。

ただ、正確には“24時間365日”ではない。 当たり前といえば当たり前だけれど、眠っている間は大丈夫。 運が良ければ良い夢だって見られることも。

起きている間でも、できるだけ別のことに集中して「性別」への意識を薄らぐようにはできる。

なるべく「現実」を強く感じさせないようなこと(ボクにとってはアニメやマンガなどのフィクションなど)もある。 また、それに加えて「好きな服装」で出かけられるようになれたこともとても大きなことで。

もしもそういうことさえ許されなかったとしたら、きっと気がおかしくなってしまう……。

「暑い」状況は変わらなくても、「涼しい」と感じられる方法はある。 そのへんに、まだ希望がある。 だから、大丈夫。

……ということで。

本当はもっと短くする、と言うか、前の記事も含めて10行くらいにしておくつもりだったのに、思ったよりもずっと時間がかかって長い文章にもなってしまった(いつものこと)。 とりあえず2つに分けたけれど、わかりづらいかも……?

今日も暑かったけれど、体を休めることはできたので、また明日からがんばれそう。 夜も遅くなって眠くもなってきたので、このへんで……。

FC2ブログ > ジャンル:心と身体 > テーマ:LGBT

▼ 同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

※ 「名前」と「本文」以外は省略できます。

  • ※ 必須
  • ※ 必須
  •  → 確認ページ (メールアドレスの記入があっても公開されません)
10 ← 2019年11月 → 12
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)