\ えぬすぴブログ

 #1700  <<ニュース>>

パナマだけではないタックスヘイブン(租税回避地)

タックスヘイブン(租税回避地)は、パナマだけではなく世界中にあった。

主な所では、日本はケイマン諸島、アメリカはデラウエア州に集中しているみたいだ。

人口5万人のケイマン諸島にある日本の資産は約61兆円(国家予算並み?)もあるそうで、国内の法人税率(2015年の基本税率は23.9%)で計算すると約14兆円の税収になるそうだ。

アメリカのデラウェア州は人口が897,934人なのに、企業の数は945,326社!  このデータだけを見ても異常過ぎるのがわかる。

当たり前だけれど、パナマだけの問題ではなかった。

世界の1%の人が持っている資産が世界の50%以上だったのが99%以上になりそうだ」という記事を見たことがあるけれど、実際はもっと貧富の差が激しくなっているんだろうな。

 → CNN.co.jp : 1%の富裕層、世界の富の半分を保有へ

差があるのは仕方がないかも知れないけれど、ここまで来るとさすがに異常事態なのでは?  もう少し何とかならないものか……。

「パナマ文書の完全版」は5月初めに公開される予定ということで、これをきっかけにして日本だけでなく世界中で隠れている資産が解明されたら、どうなるんだろう?  想像できないくらい巨大な金額になりそう。

▼ 同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

※ 「名前」と「本文」以外は省略できます。

  • ※ 必須
  • ※ 必須
  •  → 確認ページ (メールアドレスの記入があっても公開されません)
10 ← 2019年11月 → 12
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)