\ えぬすぴブログ

 #1748  <<>>

自閉症スペクトラムとか性別とかで思うこと

もうだいぶ前にふとしたことから「アスペルガー症候群」というのを知って、ものすごく心当たりのあることばかりだったので自閉症スペクトラムチェックをしてみたことがあった。

現在も「自己診断」のプログラムは停止中。 自分の回答を見直してみると、数年前と変わらず今も33点を超えて40点くらいな感じだ。

それから、精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)が改定されて、「アスペルガー症候群」という呼び方がなくなり「自閉症スペクトラム」に含まれるようになった(のかな? 間違っていたらごめんなさい)。 なので、診断の仕方も変わっているかも知れない。

もし「性格」だとしたら変えられる?……かもしれないとも思うのだけれど。

みんなが良い方に努力してるのはわかっていて「自分も!」と思っても、“努力では届かないつまづきの様なものを感じてしまう”ということは、ボクも強く感じてきているところで。

特に、死ぬまで変わらない体の「性別」のことでも……。

「性別」のことに関してはお医者さんにかかっていないのが後ろめたいような気持ちになることもあるのだけれど。 身体の不安よりも「検査を受けたって変えられるわけじゃない」という気持ちが根強い。

相談しに行った病院で、後になって精神科(心療内科)も希望して何度か行ってみたのだけれど、時間が短くて割りに合わない感じが強かったので。 自分の考え方次第だし、具体的な効果のある薬の方がずっと役立ちそう。

こんなことを書いちゃっていいのかわからないけれど、人それぞれなのかも。 今、ちょっと変かもしれない(暗い?)。

▼ 同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

※ 「名前」と「本文」以外は省略できます。

  • ※ 必須
  • ※ 必須
  •  → 確認ページ (メールアドレスの記入があっても公開されません)
09 ← 2017年10月 → 11
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)