\ えぬすぴブログ

 #1767  <<性別関連>>

ただ一度だけでいい

触れ合う恋愛をしたくないというのはずっと確かな心のはずだったけれど。

本当はそうじゃなかった。 自分でも気づかないふりをしていた、ということ。

一生に一度だけでもいいからしたいと強く願っている……女の人の体で。

色々なお話でフィクションとして触れる経験があっても、それでは足りないということだった。

自分自身が実際に経験したい。

ただ、「大切な友だち」としてではない特別な存在って、イメージが全然思い浮かばない。 例えるとすると、黒いシルエットの Deemo みたいな感じに近いかも? 

「純粋」なものに憧れていても心の底では正反対で、「誰でもいい」ってことの裏返しなのかも。

女の人としてエッチなことがしたい

それが「ドロドロ」に揺れ動き続けている原因……だとすると、かなりツジツマが合う。

でも、たぶん平気だ。 SRSとか、現実的に実現する確率は低いし、ボクの心がどうであろうと、見かけ上は「純粋」に憧れた状態のままで終わるはず。 こういう苦しい気持ちだって必ず終わりがあって、永遠に続くわけではないと考えられるから、これからも過ごしていける。

目に見えるものは命と一緒に終わるけれど、目に見えないものなら、もしかして……?  そういう大切なものは「悪い方」に行かせたくない。 良い状態のままでいきたい。

……などと、歩きながら考えた。

今日はいつもよりたくさん歩いたから、悪い夢は見ないんじゃないかな。

▼ 同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

※ 「名前」と「本文」以外は省略できます。

  • ※ 必須
  • ※ 必須
  •  → 確認ページ (メールアドレスの記入があっても公開されません)
09 ← 2017年10月 → 11
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)