\ えぬすぴブログ

 #19  [アニメ>>

【TVアニメ】 4月からの新番組特集! 〈◎〉

4月はアニメも改変期です。たくさんのアニメが終わって、たくさんのアニメが始まります。(毎年のことですが…)

「巌窟王」「ファタジックチルドレン」も最終回目前です…。 それから、「Air」も最終回(12話)の放送が終わりました。まだ終わりの方は見ていません。あとでゆっくり見ようと思っています。原作のゲームは知りませんが、アニメの方も本当に丁寧に作られた名作だと思います…。

「巌窟王」

前回の放送では、アルベールが伯爵に向かって言った言葉がとても印象深かったです。

 “自らを正当化して、意地を張り続けて、自分をだましてるだけ…”
 “運命は自らの手で切り開いていくもの…”
心からの叫びという感じで、本当に伯爵のことを思っているんだなーと感じさせられました。(ちょっとドキドキさせるようなシーンもありましたw)

「ファタジックチルドレン」

惑星ギリシア編に入ってから、一気に物語の全貌が分かってきました。どんどん謎が解けていきます。バラバラだった鎖がひとつに結ばれるような感じです。もう一度第一話から見てみたいと強く思っています。時を越えてめぐる気持ち、とても大切だと思いました。

それでは、4月から始まるTVアニメの中で、ボクがチェックしている作品を紹介します。 たくさんありますが、特に期待作になっているのを3つあげるとすると

「ハチミツとクローバー」「絶対少年」「雪の女王」

になります。またこれからほかの作品も好きになっていくかも知れません。

☆★☆ 4月のTVアニメ (My Check!) ☆★☆

▼ 「ハチミツとクローバー」

ハチミツとクローバー

▽ 放送
2005年4月14日
毎週木曜日 24:35~(初回4月14日は24:50~放送)
フジテレビ


タイトルはなんとなく知っていましたが、マンガを読んだことは全然ありません。 “全員片思い”逆走ラブストーリー…ということらしいです。 アニメスタッフのたっての願いから、マンガ原作に忠実な話になるようです。 それだけ思い入れを強くさせるような作品なのだと思います。

こういう淡い色使いの絵の雰囲気、大好きです♪  また、美大が舞台になっているので、絵の好きな人にも良いかも知れません。 “恋愛スペック”がかなり低いという主人公、個人的に気になっています…(笑)。

▼ 「ツバサクロニクル」

NHKアニメワールド ツバサ・クロニクル

▽ 放送
2005/4/9(土)
毎週土曜日 午後6:30~6:55
教育テレビ


CLAMP作品でおなじみの名前のキャラクターが総登場です(笑)。 「サクラ」とか「知世姫」とか、少しだけ違った名前になっていますが…。 ボクは「レイアース」と「CCさくら」くらいしかよく知りませんが、どんな物語なのか楽しみです。

▼ 「絶対少年」

絶対少年

▽ 放送
2005/5/21(土) ※ 5/14 から 5/21(土)に変更されました。
毎週土曜日 午前8:06~8:31
NHK BS2

▽ 物語
 不登校の中学生、歩(あゆむ)は母親と離婚して田舎で獣医を営む父のもとで夏休みを過ごすことになる。そこで「わっくん」という少年の姿をした不思議な存在と、彼について回る生きた機械のような物体に出会う。ここには「にんげん」以外の命が息づいているらしい……。歩は再び「世界」や「他人」とかかわり始める。一方横浜では、さまざまな機械の不調、コンピューターネットワークのトラブルが頻発していた。そこにも光る謎の物体が……。
 伊藤和典(原案・シリーズ構成)、望月智充(監督)による、少年少女のための現代のファンタジー。

  引用:http://www.nhk.or.jp/spring/12.htm


 NHK 春の新番組 衛星アニメ劇場「絶対少年」から引用しました。 HPを見ると、機械のような生物のような妖精(?)までいました。 不思議な物語になりそうで、とても楽しみです♪

▼ 「雪の女王 The Snow Queen」

NHKアニメ劇場 雪の女王 The Snow Queen

▽ 放送
2005/5/22(日)
毎週日曜日 午後7:30~7:55
総合テレビ

▽ 物語
雪の女王にさらわれた少年カイを、幼なじみの少女ゲルダがさまざまな困難に打ち勝って助けだす物語。

  引用:http://www.nhk.or.jp/spring/68.htm


今年は『アンデルセン生誕200年』という年なのだそうで、それを記念してアニメが作られたみたいです。 200年前の作品とは思えないくらい、今でもずっと新鮮に感じる物語なのがすごいところだと改めて思いました。

ボクは今でも童話が好きですが、アンデルセン童話は特別に好きです♪  創作童話なのでそれぞれの作品に込められたアンデルセン自身の気持ちを強く感じ取れるのが良いです。 自分も「白鳥」みたいになりたいと願う気持ちがこめられている「みにくいあひるの子」など、ボクにも強く共感できる気持ちが多いのです。

「雪の女王」は、童話にしては珍しくカイとゲルダというように具体的な名前がついています。 それだけ物語性の高い作品だと思います。 どんな困難なことがあってもカイのことを思って旅を続けるゲルダが印象的で、カイのことを大切に思う気持ちが本当に強いんだなあと感じました。

予定では全39話(!)になるそうですが、アニメになってどんな話になるのかとても楽しみです♪




その他の気になる作品は以下の通りです。 どれも個性的な作品みたいです。

▼ 「SPEED GRAPHER」
http://speed-grapher.com/
2005/4/7(木)
毎週木曜日 26:40~27:10
テレビ朝日

▼ 「英國戀物語エマ」
http://www.emma-victorian.com/
2005/4 ~
〔UHF各局〕

▼ 「エルフェンリート」
http://www.vap.co.jp/elfenlied/
2005/4 ~
〔UHF各局〕

▼ 「これが私の御主人様」
http://www.gosyujinsama.com/
2005/4/7(木)
毎週木曜日 24:30~25:00
BS-i

▼ 「苺ましまろ」
http://www.tbs.co.jp/ichigomashimaro/
2005/7 ~
TBS

▼ 同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

※ 「名前」と「本文」以外は省略できます。

  • ※ 必須
  • ※ 必須
  •  → 確認ページ (メールアドレスの記入があっても公開されません)
10 ← 2019年11月 → 12
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)