\ えぬすぴブログ

 #1941  <<テレビ

ETV特集「Love~性的マイノリティーの戦後史~」 (6月16日放送)
NHK Eテレ
06-16(土) 23:00 - 24:00

ETV特集「Love~性的マイノリティーの戦後史~」 - NHK

"「LGBTブーム」と呼ばれる今、性的マイノリティー の知られざる戦後史を、言葉で振り返る。" 

一連のツイートへのリンク。 https://twitter.com/YUI_NS/status/1005628569928622080

[引用] "社会から「異常性愛」と呼ばれ差別された60年代を語るカルーセル麻紀。"

1960年代なんて、差別したりされたりするのが当たり前で「普通」だったはず。 身も心もとても大変だったはずだと想像できる……。

子供のころ、苦しいのに誰かに話すなんて「自殺行為」は、思いつけなかった……。

当時というか子供のころは、
「男の人が好きで、女の人みたいに見せる人」
のことだと思っていたので。

もちろん、もうとっくの昔にそんな誤解はなくなったので(念のため)。

手術でなくしちゃうなんてこと、本当にできるんだ!……と思った。モロッコってすごい!とも。 特別な人だけのことで、一般の人もできるようになるなんて考えもしなかった。

今でもそんな感覚が抜けない。 わたしだって念願が叶うかもしれないなんて。 (お金の持ち合わせさえあれば……)

お金がかかるので行ったことがないし、もちろん性同一性障害の診断も受けられていない。

「トランスなのにエイセクシャルで、エッチなことをするつもりもないなら、手術する必要はないです」

万に一つでも、こんなふうに「診断」されるかも? というか、まわりの人で内心はこう思っている人、多いかも。

とにかく、ツイテルのが不快と言うしか。

暑いのが嫌なのに、
「どうして涼しくなりたいのですか?」
と聞かれても、
「少しでも楽に過ごしやすくなりたいから」
というふうに答えるしか。

「暑かったら涼しくなりたい」というのは「自然」な感覚だよね? 35℃の中でずっと過ごすの、イヤだよ。

女性ホルモンの薬を飲むようになってから、「暑さ」の不快は同じでも、35→30℃くらいには和らいだかも。 「男性の生理現象」がなくなったのも、大きな効果だよ。

ただ、もちろんこれで十分というけではないので。

「近似する外観*」になって、「暑さ」をほぼ感じないくらいになれたら……というのを夢見てるよ。

* 近似する外観 → 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律

もしも近似する外観になれたら、わたしも「ふれあう恋愛」をしたいと思うようになれるんだろうか。 そうなれたら、本当に「夢」みたい。

▼ 同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

※ 「名前」と「本文」以外は省略できます。

  • ※ 必須
  • ※ 必須
  •  → 確認ページ (メールアドレスの記入があっても公開されません)
10 ← 2019年11月 → 12
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)