\ えぬすぴブログ

 #346  <<スポーツ>>

世界卓球、終了

世界卓球が終わった。 相変わらず強い中国選手が目立った。

単純計算では世界人口の5分の1ということになるけど、卓球の世界では3人に2人以上と思えるくらい。 関係ないけど、オリンピック代表の3人に選ばれるだけでも、とても大変だと思った。

女子シングルスの準決勝は全員が中国の選手。 そして、世界ランキング1,2位の選手が敗れて、決勝はともに十代同士の対決になるというくらいなので、選手層が厚い。

ニックネームというか、キャッチフレーズはこんな感じ?  「番長」っていうのは、ちょっと…。(- -;) 

準決勝
  • 張怡寧(最強女王) vs 郭躍(18歳戦士)
  • 郭炎(帝国の卓球番長) vs 李暁霞(冷徹なる超新星)
決勝
  • 郭躍(次世代女王) vs 李暁霞(超新星)

結果は、セットカウント4-3で郭躍選手が優勝。

男子シングルスの決勝も中国対決。

  • 馬琳[マリン](帝国の新元帥) vs 王励勤[オウ・レイキン](逆襲の上海タワー)

何かものものしい呼び名が…。 世界ランキング1位対2位の対決というだけあって、レベルが高い試合に。 二人とも「機械」なんじゃないかと思うくらい正確でもあった。 ものすごいラリーも何度かあった。

馬琳選手が攻めて、王励勤選手が守るというような展開。 ポイントを取った後、馬琳選手の方は何度も気合いを入れるのに対して、王励勤選手はとても冷静だったのも対照的だった。

結果は、セットカウント4-3で王励勤選手が優勝。 男子単での2連覇は20年ぶり。

馬琳選手は3回目の銀メダルということで、残念な結果に。 それから、卓球王国 -World Table Tennis- のレポートを見たけど、とても悲しいことが重なって本当にお気の毒で…。

今度こそ優勝できるといいな。

▼ 同じカテゴリーの記事

コメント

キリン : ピンポーン~w
まずはお約束のダジャレから…w


2~3年前まではヨーロッパ勢が強くて中国も陰りが…と言われていたけれどさすがは卓球大国といった感じだね(o^-')b

うちは最近は全然やってないよ…(ノ_<。)

世界レベルとは言わないけれど、人並みにできる状態ではありたいな~w

またユイちゃと一緒にやりたいしね(o^-')b
腕を磨いて待っててね(ΦωΦ)ふふふ…
ユイ : >キリン
何がダジャレになってるのか考えちゃった。(^∇^*)ヾ 

そう言えば、ヨーロッパの選手もほとんど目立たなかったね。日本選手キラー(?)になったルーマニアのドデアン選手は印象に残ったけど。
気が付けば、世界じゃなくて中国の大会?という感じにも…w 



ボクの方は“しばらく”というレベルではないくらい長い期間で…w 

でも、一緒に卓球もできて、自分でもまだけっこうできそうだと気が付いたけどw 距離は遠いけど、またできたらいいよね~。(*-v-)゜゜゜ 
かえで : (ΦωΦ)ふふふ・・・・
卓球は下手だけど、好きなんだよね。
見ているよりも、やっぱりプレイする方がやっぱりね。Σd(ゝω・)
別に運動がすごいとかではないけれど、なんかこう、ワクワクするカンジ。

私もどこが駄洒落なのか考えちゃったよ。☆^∇゜)ニパッ!!
ユイ : >かえで
下手かどうかより好きかどうかの方が大切だと思うから、いいんじゃないかな?w

“お約束”になってるようなのでこれからもありそう(笑)。何か思い浮かんだ時だけでも大丈夫だけど。(* ̄ー ̄) ″
おりりん : ぴんぽんだっしゅw
最近はなくなったけど
小学生に毎日されてたw
学校に通う時間だから時差が15分以内w

ちなみに卓球はピンポンしか出来ません。
スマッシュとか絶対乂・д・)ムリっ
ボーリングもスコアは2桁(*゚∀゚)ゞデシ
ユイ : >おりりん
毎日だなんて、大変だったねー。(+_+; 

地面に90度くらいの角度にして、振るときはラケットをおでこに当てるくらいのつもりにすると「卓球」らしい打ち方になるので、挑戦してみるのも?(* ̄v ̄)″ 

ボーリングの方はとりあえずまっすぐ投げるくらいしか…w 

コメントの投稿

※ 「名前」と「本文」以外は省略できます。

  • ※ 必須
  • ※ 必須
  •  → 確認ページ (メールアドレスの記入があっても公開されません)
10 ← 2019年11月 → 12
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)