\ えぬすぴブログ

 #353  <<友だち>>

友だちと…♪ (その2) 〈◎〉

とても時間がかかってしまった、「その2」を。

「その1」の方は、もう1ヶ月以上前になる5月11日に「友だちと…♪ (その1)」として書いてあるので、そちらからどうぞ…。(*_ _)″

友だちの家を出てからお店までの距離は、歩いてすぐの所なんだけど、ずっと緊張してて、とても長くも感じられて。

とりあえずお店に入ってしまえば安心だと何となく思っていて。 それで、ほかのお客さんもいるかも知れないと言うか、きっといるはずだということはなぜか抜けていた。 ちょっと考えればすぐに気付くはずなんだけど…w 

お店に入ると、お客さんが3人。 常連さんのようだと分かったけど、ボクはと言えば、また引き続き緊張することになって、気づかなくて店長さんにあいさつするということもうっかりしてしまった…。(-ω-; 

自分の服装も気になって、どんな風に思われてるんだろうということばかり考えてたけど…。 でも、特に何も言われずで…w 

それから、友だちと楽しくおしゃべりしたり、お客さんや店長さんの会話を聞いているうちに、だんだんと気持ちもほぐれてきたので。

思い切って自分から話すなんてことまでしてしまった!  ほんの一言二言だけど…w  知らない人にそんなことができるなんて、その時まで考えられなかった…。

その後も何度かお客さんたちが入れ替わったけど、みなさんとてもいい感じの人だったということもあって、次第に気にならなくなって大丈夫になっていった。

ほかのお客さんということで、印象に残ってるのは…。(*- -)゜゜゜ 

近くのお客さんから「男の人だと思ってたけど女の人だったんだ。ごめんね」みたいに言われて、ちょっと変だと思ったけど、男の人に見えるのは仕方ないと思って聞き流してしまって。 そうしたら、そういう意味じゃなくて女の人に思われたんだということを友だちから教えてもらって、それでようやく気が付いた…ということがw 

話し声もよく聞こえるくらい近くの席だったし、ボクの声は女の人に間違えられるはずがないものなので…。 失礼なこととは思うけど、たぶんお酒のせいでもあったんじゃないかと…。(*- -*)  とにかく、そういう‘初めて’のこともw 

その後、友だちと一緒にお寿司をご馳走になることまであった♪

それから、ちょっと「下」の方の話をしていたお客さんもいて、その時にボクは「まだ経験がないです」「女の人の体だったら、できたかも知れません」ということまで言ってみてしまったり…。(*- -*;  知らない人を目の前にして自分のことを話すのはとても久しぶりのことだったけど、けっこう話せるということを改めて確かめられたり…w 

その後、優しくされたり励まされたりした時に、つい涙が出てきてしまって心配されると言うか、驚かれることもあって…(友だちはよく知ってることなんだけどw)。 ボクにとってはよくあることで、心の底ではけっこう冷静でもあるので。(*- -)  悲しいというよりもうれしいという気持ちで涙が出てくるものなので、「大丈夫なので」と繰り返し説明もした…。(* ̄  ̄; 

お寿司屋さんだから当たり前だけど、食べるのは‘魚系’がメインになる訳で(笑)。

苦手なのが多い上に、回転寿司のお店にも一度も行ったことがないというボクが、いきなり専門のお店でご馳走になっている…。 それこそ“猫に小判”や“豚に真珠”と言ったことわざが当てはまりそうで、自分でもかなり無謀というか、分不相応にも思えたんだけど。

友だちと一緒に‘挑戦’してみたら、お寿司も‘素人’のボクでもとても新鮮でおいしく食べられて、これが本当の「お寿司」というものなんだと思いもした。Σ(・o・*)″  ボクにとっては初めての味も多かったんだけど…w 

「初めて食べたけど‘けっこう’おいしい♪」「とても‘新鮮な感じ’がしておいしい♪」と言ったりしながら食べていった♪w  あと「貝なのに魚の味だよー」と、訳の分からないことを言ったりも…w 

特にホタルイカのような、ボクにとってはかなり‘レベルが高い’苦手な味もあって…。(+_+;  前に一度だけ食べてみたことがあって、それで「イカのはずなのに魚の味がするもの」と脳に強くインプットされてたんだけど。 今回食べた後も、同じようにインプットされる結果に…(笑)。

今に始まったことじゃないけど、思ったことをそのまま口に出してばかりで、ご馳走してもらってるのに、かなり失礼なことだったのではと…(汗)。

名指ししちゃったホタルイカはともかく(笑)、そういうのは一部で。 タコ、イカ、タマゴみたいな魚じゃないものなどは、‘得意’なので安心して食べられた。(*⌒-⌒)″ もちろん、今まで食べたのよりもずっとおいしかった♪ 

あと、お酒もたくさん飲んだ♪

こういう特別な時だけで普段はほとんど飲まないのに、今回も意識ははっきりしたまま(笑)。(*・ω・)″ 途中で日本酒を飲み始めたころからは、少しぼーっとした感じもあったけど。(〃∇〃)゜゜゜ 

それから、「升に入れたお酒を置いたままにして自分の方から口を近づけて飲む」なんてやり方があるのも初めて知って、ボクもやってみた♪  それで味が変わるということではなさそうだけど、なかなか斬新な飲み方もあるんだなーと思った(笑)。

食べたり飲んだりしながら、友だちともたくさん話したよ♪ (*^ ^)″(^ ^*) 

実際にそばで話せる、ということも単純にうれしかったし♪ (*≧∇≦*) 離れた場所にいてもそばに感じられるけど、余計に近くなれるようにも感じられて。

友だちもこの日は自分の思うとおりに食べたり飲んだりできたということで、‘野望’を達成できたということだったよ♪(笑)。

ボクの方はと言えば、お店に来るまでと言うか、ここにいるだけで既に充分過ぎるほど達成できたように思えていた。 ‘野望’というよりは、‘切望’や‘悲願’いう言葉の方がより近い感じもするけど。

外に出るときに身につける物と言えばシンプルなヘアゴムだけ、ヘアピンなどの小さなものでも躊躇(ちゅうちょ)する…というくらいだったので。 それと比べればメイクした時点で、既に大きなことで…。

「本当の願い」はこうした身に着けるもののような外見のことではないけど。 こうしてここにいるだけで、たくさんの願い事が達成されているんだと思ってた…。(*-ω-)゜゜゜ 

気が付いたら遅い時間になっていて、楽しい時間であればあるほど本当に早く過ぎると思った。

お店からの帰り道は、暗くて人通りもまばらだったので、行きの時よりは全然緊張しなかった。(*-v-)″ 

そして、家に着いて、ゆっくり…♪ 

一緒にPCを見て、だいぶ前に友だちが自分で書いたのを読んだんだけど、そうしたら全然覚えてないって言い出したので「えっ!」と思って…。Σ( ̄∇ ̄;  ボクはとても印象に残って今でもはっきり覚えてる言葉なのにってw  でも、そんな心に残る言葉を、無意識に近い状態(?)で思いつくなんて、かえって本当にすごいと思うことにもなったよ!w 

ボクはまとめるのに時間がかかる方で、とてもそういう状態では書けないので…(この日記がものすごく遅れたということでも分かってしまうけど…w)。

あと、友だちにとって大きく気持ちが動かされるようなこともあったんだけど、ボクにできることと言えば、話を聞くことくらいで。

上手く言えないけど、「理解」することと「実感」することはやっぱり違う気持ちなんだと強く思えて…。

でも、そういう大事な時に実際にそばにいることができたのも巡り合わせというもので、本当に大きなことでもあって。 ボクがいたことで少しでも役に立ててたらいいなーという風にも思えた。

別れる時間になって、途中まで一緒に歩いて送ってもらって。 駅が近づくにつれて淋しい気持ちもいっぱいになってきたんだけど、以前よりは落ち着いていられたかも。 また話せるし、会うこともできるという気持ちもあるので。

帰りの電車は、着く時間を気にしなくても良いという気楽さがあったけど。 離れるのがもったいないという気持ちが大きかった。 それから、家に着くまでがとても長く、行きの時の何倍にも感じられた。 頭の中で何度も思い返しながら過ごしていた。

駅に着いて、電車から降りて、自分の家に向かって歩き始めて、改めて疲れも感じた。 でも、頭の中はずっと冴えていて、ずっとフル回転していた。

家に着いて、すぐに日記帳に印象に残っていることを全部書き出して、それでようやく…という感じだった。

今回も様々な‘初めて’を体験させてもらえて、楽しいと言うか‘スリリング’な時間も過ごせて…♪ (*⌒ ⌒*;  洋服やご馳走だけじゃなくて、楽しい時間や目に見えない大切なものまで、本当にたくさんの‘プレゼント’をしてもらえて…♪ 

本当に、うれしかった♪ 

今までもそうだったけど、とても心が近づいた感じがした。

…という訳で、時間がかかり過ぎですが、完結です。

プライベートなことで自分だけのことでもないので簡単に触れておくだけにする‘計画’もあったのですが。 ボクの心にとっても大きなことで‘成長記録’としてここにも書いておきたかったので、“感じたことを思うまま”という風にしようと思いました。

「夢ではなくて現実」というのがとても大きな力にもなっていて、今でも心の底の方からとても支えられているのを感じます。 本当に、良かったです…。

▼ 同じカテゴリーの記事

コメント

ホタルイカw :
私だけ名指しするなんてひどいわww(*≧m≦*)ぷぷっ
確かに、一個食べてもう無理って感じだったけど(笑)
まぁ、かわりに友達がおいしそうに全部食べてくれたからいっかww

あれから時間がたったけど、
こうして日記をみていると、昨日のことのように思えてくるよね。
たった数時間のことが、一生の宝物になったんじゃないかな^^
目に見えるものや見えないもの・・色々あったと思うけど
一番大切なのは、ユイが楽しいとか嬉しいって思うことだよ。
それが私からのプレゼントでもあり、
ユイから私へのプレゼントでもあるんだから☆

不可能に感じることって、ユイにとってはたくさんあると思う。
でも、「可能にできる」ものもたくさんあるんだよ。
だからそれを一緒にこれからたくさんしていこうね。
好きな気持ちを”理解”できなくても”実感”することはできるでしょ♪
それでじゅうぶんだと思います。
まだまだ野望があるからね(笑)
これからも安心して楽しみながら近くにいてね。
ユイ : >謎のホタルイカさんへ(笑)
名指しなんて悪いと思ったんだけど…ごめんね♪w (*⌒v⌒)ヾ 
大好物ということだったので、あとはみんな食べてもらっちゃった(笑)。


それから…。
読んだときから、ずっとうれしくて。本当にどうもありがとう…♪


本当にはできないと思ってきていて。これからも、一人ではずっとできなかったと思うので…。
うれしいと思わない訳がなくて…。もちろん今でも、この時の気持ちをはっきり思い出せるよ。

変えられるものと変えられないものがあるのは、ちゃんと分かってるつもりで、“可能にできる”ことを大切に考えようとしても…。頭の中は変えられないものでいっぱいで、変えられるものを見失いそうになって…。

それを本当に見せてもらえるのが、こんなにうれしいことなんだということ、それから、大切で好きだと思える気持ちがどんなものなのかも、本当に“実感”できました…。(今回に限らず、いつもなんだけどね♪)

ボクの中にそういう気持ちがあると分かるだけでも、充分で…。

それから、これからももっと野望を叶えられますように…♪w

支えられているので、本当に安心できるよ。
こちらこそ、これからもそばにいようね♪
おりりん : いいお友達❤
ユイちゃが時々お話してくれるお友達が
なぞのホタルイカさんなのね♪

そういえばこのブログのコメント書いたつもりだったけど
書けてなかった><

いっぱい書いたんだけど、また~な感じ><
途中でメッセしてたからかな?

これは届きますように(-人-)

ホタルイカさんの野望が楽しみ( *´艸`)
ユイ : >おりりん
消えちゃって、残念だね。(>_<; ボクも読んでみたかったな。
ブラウザの調子が悪いと、そうなりやすいかも知れないので…。欄に直接書き込むよりもメモ帳などを使って保存しながらの方が安全なので、その習慣を付けるといいかも。前に知らせたやり方を思い出してね♪


ここに出てくる友だちは、その人のことだよ♪ もちろん、本当にホタルイカじゃないので!(笑)。
これからもお互いに「野望」を達成していきたいです♪ (*^ ^)″

コメントの投稿

※ 「名前」と「本文」以外は省略できます。

  • ※ 必須
  • ※ 必須
  •  → 確認ページ (メールアドレスの記入があっても公開されません)
10 ← 2019年11月 → 12
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)