\ えぬすぴブログ

 #369  <<テレビ>>

「ハートをつなごう」を見て思ったこと 〈◎〉

7月3日と4日、「ハートをつなごう」の性同一性障害第4弾を見ました。

番組のことで感想などを書こうと思ってメモをしていたのですが、いつものようにいつの間にか関係のない方に行ってしまいました。

ボクにとっては予想通りの結果と言えてしまうのですが、分かりづらい内容になっていると思います(汗)。 

出てきた言葉がキーワードとなって、以前の自分のことを思い出してそればかりになりました。

最初にお断りしておきますが、番組とは関係ないものだと思って下さい。(*_ _)″ 

▼ 7月3日(水)

▽ 男らしさ・女らしさ

男らしさや女らしさにはあまり興味がなくて、昔からほとんど考えてきていません。

ボクの場合、見た目と体が男だからそう思うしかないという感じでした。 また、女の子のことでは知らないことばかりになります。

自分の体や外見はもちろんのこと、精神的に100%嫌だとしか思えない生理現象が毎日のように続く中では、「これでどうやって自分を女の人だと考えられるの?」としか思えないのが正直な気持ちです。

▽ 写真

子供の頃は、女の子の服がかわいいと思ってすごくうらやましかったです。 でも、もちろん似合わないのも分かっていましたし、自分が着られるものではないと思っていました。 今でももちろん似合いませんが…w 

写真を撮られるのが嫌だという気持ちはよく分かります。 ボク自身の写真は、運転免許の更新用にセルフサービスで撮ったものしかありません。 それ以前と言うことになると卒業写真までさかのぼることになりますので。 もちろん、プリクラも撮ったことがありませんw 

▽ 高校

高校は男子高だったです…w  とても近かったですし、学力と場所を考えるとそこになるという感じでした。 どこの学校に行きたいという気持ちもなかったので、あまり深く考えなかったです。

特に緊張しませんでした。 それから、男性も恋愛対象ではないということをはっきり確認できましたw 

そのころは特に精神的なことばかりに集中していて、なるべく体のことは考えないようにしていました。 体の性別は変えられないから、男とか女とか関係なく人間として‘中身’のことを考えればよいと思ってばかりでした。

と言うか、中学で第二次性徴期を突破してしまったのは分かったのでもうあきらめるしかなかったという方が正しいかも知れません。

自分の中で男性ホルモンが確実に活動していると考えるだけでも嫌になっていて、自分の体が汚れている感じが常につきまとっていました。

▽ 女性として

「女性として生きるのは怖い」という言葉がありました。

ボク自身、女の人の気持ちが分かるという訳ではないと思いますので、未知(無知)の怖さみたいなのもあります。 男の人の気持ちもよく分からないのは同じなのですが…w 

小学校、中学校の時も、女子とはほとんど話したことがなかったです(男子とも特に話した訳ではありませんが)。 と言うか、友だちを作ろうと思うこともなかったのですが…。

それから、外に出るのはすごく抵抗があるということも分かります。

ボクの場合、顔を見られれば一目で分かってしまいます。 ひげは数日ごとに抜けるのは全部抜いていますが、その状態でも充分黒いくらいなので…。

普段から着ている物は一応全部レディース(主にユニクロ)ですが、「女の人らしい服」で外に出ることはありません。

最近友だちの家に遊びに行った時に一緒に出かけた、あの時がすべてです。 それも、普通のシャツで半分隠れていた状態だったのですが…w 

そして、「達成感」を感じるどころでもなくて、戻った後はグッタリした感じにもなりました。 もちろんうれしさもありましたが、やっぱり恥ずかしく感じる気持ちが大きかったです…。

一人で出かけるということになったとしたら…。 もしもボク一人のことで済むものなら、たとえ家の近所だったとしても人通りがある場所だったとしてもできるような気がしますが(爆)。 実際はそうならないと思いますし、見たいと思う人もまずいないと思います…w  何も問題なくそんなことができたとしたら、本当に夢のような話です。

「本来あったものに近づいていくイメージ」という言葉もありました。 ボクの場合は、自分のことを女の人だと思える要素が分からないので、そのイメージが出てきません。

▽ 感覚

特に最近は、精神的なもの以外の恋愛もしてみたいと思う気持ちが強くなったようにも思えます。 女性ホルモンの作用かも知れないです…w  だとしても、嫌な気持ちというのではないです。

「男とか女とか関係なく人間として生きればいい」ということはずっと考えてきているテーマなのですが、感覚的には難しいです。 感覚にとらわれないようにするのも大切な目標だと思っています。 でも、「暑いと感じるのと同じ種類の不快感」なので、経験を積めば慣れるということはできそうもありませんし、その暑さを意識しないでいるようにすることも難しいです…。

気を紛らわしたりほかのことに集中したりすることで、少しは大丈夫になるのですが。 単に怠け者なだけかも知れません…。

ただ、なくなることはないとしても減らすことならできるはずだと思いますので、それが良い目標になります。

長い間ずっと、不快感は変わらずに一生続くものだとしか考えられませんでした。 生理現象が不快なので、それを軽くする手段はほかにないとも思いました。

ボクの場合は、女性ホルモンの薬の力を借りて、体の中から変えるしかないと思いました。 結果として生理現象を少なくすることもできて、以前よりは楽に過ごせるようになれました。 不快感がなくなった訳ではありませんが100%ではなくなったということは、ボクにとっては革命的なことでした。

それまでの長い年月と、その後の数年を比べれば、気持ちの面でも明らかに違っています。 家族からは特に何も言われていませんが、実際に両方のボクを知ってる人からも性格が変わったと言われていますw 

▼ 7月4日(木)

“自分の性に悩む高校生” “16歳・性の悩み ゆれるココロとカラダ”

体は女の人で自分の性に悩む16歳の方のお話が中心でした。 ここからの文章も、やはりそれとはあまり関係ないです…。

▽ いじめ

幸か不幸か、ボク自身は男の子にしか見えなかったと思うので、性別のことでのいじめには遭いませんでしたが。 泣き虫だったこともあって、小学校から中学校のころはよくからかわれることもありました。 たくさんの人に見られたのとかとても痛かったのとかはさすがに覚えていますが、すぐに忘れてしまう性分でしたので細かいことは思い出せません…w 

自分から友だちを作ろうとはしていませんでしたし、特に学校に行きたいという気持ちはありませんでしたが、「休むのは悪いこと」という気持ちが強かったので漠然と行っていただけという感じでした。

▽ 学生服

セーラー服を着ないといけないのが嫌だという言葉がありました。

ボクの場合は逆で、中学の学ランということになりますが、もちろん着るのは嫌でした。 詰め襟がきつくて、それ以上に心まで締め付けられるような感じがしました。

絶対無理だと思っていましたが、女子の制服の方がいいなーとも思っていました。 と言うか、今でも「いいなー♪」と思っているのですが(爆w)。

寒くて仕方がない時以外は着て行きませんでした。 始業式の時もワイシャツだけで出ていましたので、終わってから出口の所で生活指導の先生に注意されたと言うか、理由をたずねられたこともありました。 たぶんボク一人だったと思いますし、黒の中の白なので確かに目立ちまくりでしょうw  正直に「あまり寒くなかったので…」とか何とか答えて、それで終わったように記憶していますw 

それから、男子は坊主頭というきまりでしたので、もちろんそれも嫌でした。 と言うか、みんなが嫌だったでしょうが…w 

外見は関係なくて中身が大切だということは理解していましたので、そう思うようにしていました。 このころからますます気持ちが自分の内側に向くようになったようにも思えます。

▽ 言葉か体か?

世間的にも言葉がなかったと思いますし、接する機会がありませんでしたので、ボクは「体で覚えてきた世代」ということになるのでしょう。 ボクが中学のころは、「ニューハーフ」や「ミスターレディー」という言葉もまだなかったようです。

小学生の時にカルーセル麻紀さんをテレビで見たのが初めて知った時だったと思います。 本当にそんなことができるんだと思って驚きました。 その時からずっと、性別を変えるようなことはテレビに出られるような有名人しかできないもの、というイメージが染みついています。

子供のころでボクの知っていたことと言えば「オカマ」という言葉くらいで「女っぽい男の人で、男の人が好き」ということでしか分かっていませんでした。 なので、「自分のことを女の人とも思えなくて、男の人も好きではない」自分は、違うタイプの変な人、一言で言えば「変態」なのだろうと…w 

性同一性障害という言葉を知ったのも、体の性・心の性・社会的な性という風に色々な性があるのを知ったのも、女性ホルモンの薬を実際に手に入れられることを知ったのも…。 ネットを始められるようになったほんの数年前(30代半ば)のことでした。

性別のことが詳しく分かるようにもなって、孤独感も少なくなっていきました。 友だちにも出会えましたし、本当に良かったと思います。

今の自分があるのは本当にたくさんふれあうことができたおかげなんだなーと改めて思いました。

…以上です。

今考えていることがあって、そっちにばかり結びついてしまいましたが…w 

色々考えることができて、良かったです。 また時間がかかりそうですが、整理してまとめておこうと思います。

FC2ブログ > ジャンル:心と身体 > テーマ:性同一性障害

▼ 同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

※ 「名前」と「本文」以外は省略できます。

  • ※ 必須
  • ※ 必須
  •  → 確認ページ (メールアドレスの記入があっても公開されません)
10 ← 2019年11月 → 12
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)