\ えぬすぴブログ

 #613  <<ニュース>>

足利事件、DNA再鑑定で釈放へ

「足利事件」で服役中だった菅谷さんが釈放されたというニュースを見ました。 それまでは「容疑者」や「受刑者」でしたが、普通に「さん」付けになっていたのも印象に残りました。

17年半という時間、あまりにも長すぎます。

事件のあったころ、周辺の地域では同じような殺害事件が連続して起こっていて、いずれも未解決です。

逮捕された直後に父親を、2年前には母親を亡くされてもいます。 もう戻ってこない、失われた時間の重みを感じます…。

今までに関連するニュース番組を何度か見たことがありますが、DNA鑑定の結果以外に証拠と言えるものがないような状況で、矛盾ばかり多かったように思いました。

そして、その大きな証拠とされていたDNA鑑定も、当時はまだ始まったばかりの技術で精度は約800人に1人の割合で一致してしまうくらい低いものでした。 技術が進んだ現在では、何兆分の1とも言われるくらいに精度が高いものになっているということです。

それなのに、再鑑定がおこなわれるまで、あまりにも遅すぎです。 前には、最高裁に却下されてしまったことさえありました。 もっと早くできていたら…と思います。

これまでの間に気持ちがどれだけ傷ついてしまったか、想像をはるかに超えるものです…。

会見では、両親のお墓参りをしたいということ、それから「えん罪で苦しんでいる人たちの支援をしていきたい」ともおっしゃっていました。 本当に、悲しい思いをする人が少なくなっていけばよいと思います。

 ▼ 「足利事件」について 《 6月5日 追加 》

▼ 同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

※ 「名前」と「本文」以外は省略できます。

  • ※ 必須
  • ※ 必須
  •  → 確認ページ (メールアドレスの記入があっても公開されません)
10 ← 2019年11月 → 12
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)