\ えぬすぴブログ

 #646  <<ニュース>>

改正臓器移植法(A案)可決、成立

7月13日、改正臓器移植法(A案)が参議院でも可決されて成立しました。 施行されるのは1年後ということです。

15歳以上という制限がなくなったこと、本人の拒否がなければ家族の同意で提供できるようになったことなどが変わりました。 もちろん拒否することも自由で、同じように治療を受けることもできます。

法律が決まっただけで、環境や設備のことでもまだこれからということになります。

臓器移植をする人も、しない人も、される人も、おこなう人も、みんなが「助けられる」ようになっていくと良いと思います。 提供に直接関係する方のほかに、受け入れる病院の方々も、色々な負担が少なくなって安心できるようにもなっていくと良いです。

特に小さなお子さんの場合、病院の外に出るだけでも大変という状態では海外にまで行くことなどとても考えられないことですから、年齢制限がなくなったのは良いことだと思います。

それから、提供はまわりから強制するものではなく、安心して一緒に過ごすこともできると良いです。

今までは国内での移植例がとても少なかった上に、例えば「意思表示カードの選択肢の番号に○(丸)が付いていなかった」ということだけで、生前のご本人もご家族も提供する希望をしっかりと持っていらっしゃったのに、臓器提供することができなかったということまでありましたから…。

案が提出されてから議論される時間が短かいように思えたこと、また項目ごとに決定するのではなくて候補になった案を丸ごと順番に採決していく方法など、疑問に思えることもたくさんありました。 例えば、“脳死の位置付け:一般的に人の死”、“親族優先提供:あり”という項目です。 「人の死」ということについての考え方は色々ありますし、どこまで親族を優先するかというのもとても難しそうです。

ただ、最初の臓器移植法ができてから何一つ改正されないままで12年も過ぎていることを考えると、時間が充分なかったということにはならないはずです。 それに、世界で初めてということを決めるのではなくて、既に国際的な基準も決まってきていることでもあります。

ボク自身は、死んだ後にすぐ焼かれて灰になるよりも、必要だと思ってもらえる人のお役に立ててもらえた方が良いという気持ちが強いです。 意思表示カードはいつも財布に入れています。 薬の影響などで充分ではないかも知れませんが、全然役立てないということはないと思いたいです…。

FC2ブログ > ジャンル:ニュース > テーマ:医療ニュース

▼ 同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

※ 「名前」と「本文」以外は省略できます。

  • ※ 必須
  • ※ 必須
  •  → 確認ページ (メールアドレスの記入があっても公開されません)
10 ← 2019年11月 → 12
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)