\ えぬすぴブログ

 #670  <<>>

依存…ではなくて、必要に思えるもの

気持ちが下がり気味だったけれど、昨日はよく眠れて少しすっきりできて。 それから、自分の気持ちの“特技”も思い出すことができて、だいぶ回復♪ 

“依存”ということについて考えると、そんなに危険なものはないと思えるので。

タバコは全然吸わない。

お酒は、友だちと会うときみたいな特別な時と、スーパーなどのキャンペーンで試供品をもらった時くらいにしか飲まない(笑)。 だから、長い間ずっと、年に数回というペース。 ついでに言うと、お酒を飲んでも少しぼんやりして眠くなるくらいにしかならないしw 

しばらく離れていると困った感じになるものというと、お話を読んだりアニメで見たりすることや、ラジオや音楽を聴いたりすること…などになるかな? 

あと、お菓子を食べるのも「大切」なことでw  このごろはキャラメルコーンをチョコペーストに付けながら食べるのが好きになってしまって…w  とりあえず、食べ過ぎないように少しずつにしているので、一袋で何日も美味しく楽しめてお得な感じがするのも良い♪w 

女性ホルモンの薬は毎日続けるようにはしているけれど、たまに飲み忘れることがあっても禁断症状みたいなのは起こらない。

お菓子を何日も食べないでいる方が、ずっとつらい感じ(苦笑)。

体に大きな影響(不可逆的な変化)はあるけれど、「害」というのとは違うと思う。

もちろん、本当はちゃんとお医者さんに診てもらいながらにしないといけないのは分かっているけれど。 ボクにとってはそのレベルのことができるようになるには、まだまだ分不相応なので。 今のままで続けられるようにして、自分で気を付けていって、なるべく体力が落ちないようにできればいいかな…。 このごろは前よりも疲れずに散歩できるようになってきているのが分かるし。

何もなくて“自然”に任すしかなかった時は、毎日のように頭の中が“ケモノ”みたいになってて、ほかのことに気持ちを向けていないとどうにかなりそうなくらいイヤだったので…。

自分で言うのも変だけれど、そのころの方が「危険」な精神状態だったかも知れない。

日記を書くようになったのは中学生のころだったけれど、たぶん、今と全然文体も違っていて激しかったはず…w 

と言うか、女性ホルモンの薬の効果で「男性の生理現象」を抑えられるようになれたほんの数年前から、やっと落ち着いて一息入れられて人心地付けられるようになれたように思えるよ。

これからも、元気に過ごせるようになっていきたいな。

▼ 同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

※ 「名前」と「本文」以外は省略できます。

  • ※ 必須
  • ※ 必須
  •  → 確認ページ (メールアドレスの記入があっても公開されません)
10 ← 2019年11月 → 12
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)