\ えぬすぴブログ

 #683  <<ニュース>>

覚せい剤密輸、850,000錠!

大量の覚せい剤の密輸事件がありました。

日本人4人とイラン人8人で、イランからトルコに5回にわたって85万錠(!)のメタンフェタミン(覚せい剤)を密輸したという容疑です。

メタンフェタミン(Methamphetamine) は Meth という略語でも使われています。 “Faces of Meth”などの言葉で検索すると、海外のサイトなどで薬物使用後の顔の画像もたくさん見つかります。

まだ副作用が知られていなかった戦前、日本では「ヒロポン」と呼ばれて使われていたこともありましたが、実際には「最も危険なドラッグ」と言われるくらいの薬物です。 「顔」の画像を一目見るだけでも、よく分かります…。

日本の末端価格で計算すると1錠50ドル(約4,700円)ということなので、85万錠では40億円(!)以上にもなります。

850,000(錠)を365(日)で割ると約2,328になるので、毎日1錠の使用ということで計算すると。 1人では2300年(!)分以上、入れ替えると2300人で1年分以上の量ということになります。

今まで何度も報道されていた「0.008g」といった小数点の数字とは次元が違い過ぎて、想像が難しいです。

ここまでの量と金額になると、「得」というだけでは済まないくらいで、ほとんど“死の商人”に近いくらい、とても悪質な犯罪だと思います。

今回の事件でも、イランからトルコに持ち込まれた後に、イスタンブールから日本やアメリカへ運ばれる物もあるということです。

売れなければ密輸することもなくなるはずですから、きっと世界中に「さばけてしまえる」ルートが広がっているのでしょう。

そして、世界中でたくさんの人が危険にさらされて苦しむことにつながってしまいます…。

本当に、非道いことだと思います。 薬物が少しでもなくなっていっていくとよいと思います。

▼ 同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

※ 「名前」と「本文」以外は省略できます。

  • ※ 必須
  • ※ 必須
  •  → 確認ページ (メールアドレスの記入があっても公開されません)
10 ← 2019年11月 → 12
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)