\ えぬすぴブログ

 #712  <<アニメ>>

アニメ新番組(2009年秋)

もうすぐ10月になると思って、秋に始まるアニメ新番組を少しずつ調べてきましたが、時間がかかりました(苦笑)。

その中から、気になるものを取り上げました。 また、たくさんありましたw 

リンク先はしょぼいカレンダーさんのページです。

▽「けんぷファー」

ケンプファーはドイツ語で「戦士」(kaempfer)の意味ということです。

キャストの方では、大ベテランの内海賢二さん(内海賢二 - Wikipedia)と野村道子さん(野村道子 - Wikipedia)のご夫妻が登場するなど、なかなかすごいことになっていますw  お名前は知らなくても、声は日本中の老若男女誰もが知っている、というような方々です。

ラジオ けんぷファー 賢二と愛のわくわく臓物ランド」という、どこかで聞いたことのあるようなタイトルのラジオ番組もあります(苦笑)。 楽しく聴いています。

パーソナリティは内海賢二さんと中島愛さんです。 年の差(52)ということでは、たぶん最高記録ではないかと思いますw 

臓物なんて、ちょっと驚きますけれども、ぬいぐるみたちのことです。 田村ゆかりさんが「クロウサギ」とか、何かラジオ番組そのままという感じですw 

一番気になる理由というのは、もちろん、男の子が女の子に…という性別の変化があることです。

見てみたいけれども、同時に「負の気持ち」でいっぱいになる…というジレンマみたいな感じになります。 お話のことだと分かっていても「できたらいいのにな…うらやましいな…」という嫉妬の気持ちでいっぱいになってしまうことが多いです。

まりあ†ほりっく」みたいに体は男の子のままでお話もコメディーっぽいものなら、それほどでもないのですが。

「かしまし」みたいにダイレクトでストレートなお話になると、充分な「心構え」が必要になってきます…。 実は、アニメは一度見たきりで全然見直していなくて、マンガは最初の1章分くらいまでしか読んでいなくて、今でも「心構え」ができていないような状況です…。 それでも、見ないはずがないですけれども…w 

▽「おんたま!」

ニコニコアニメチャンネルのおんたま!の方でアニメを見てラジオも聴きました。 アニメの方はコメント非表示がいいかも…です。 どうしても「ケロちゃん」を思い出しますw 

久川綾さんのトーク、とてもお久しぶりです。

「シャイニー」(久川綾のSHINY NIGHT - Wikipedia)も毎週楽しく聴いていました。 色々とすごくて、ボクの気持ちの方も色々ときたえられて、苦手意識が少なくなったように思います…w 

あいさつや笑い声も変わらず、そのままという感じです(笑)。

▽「あにゃまる探偵 キルミンずぅ」

キャストの中に丹下桜さんのお名前を見つけました!  ゲームの「ラブプラス」に出演されたことを知ってとても久しぶりと思っていましたが、アニメの方も本当に久しぶりです。

ラジオの方でも、文化放送のデジタルラジオ(超ラジ!)で新番組が始まるそうです。

時々ブログの日記も読ませていただくことがあって、お元気な様子は伝わってきていましたが、これからも“心がほっと和んで元気になれる”ように…と思います。

あと、「カードキャプターさくら」ではお父さん役だった田中秀幸さんもいらっしゃいます。 いつも敬語で、呼ぶときも「さくらさん」と言っていたのが印象的でした。

▽「こばと。」

NHK BS で、CLAMPさん原作です。 「カードキャプターさくら」「ツバサクロニクル」に引き続きという感じです。

“傷ついた心、癒させてください!”ということで、優しいお話のようです。

▽「ささめきこと」

ガールズラブのお話です。

ラジオ「彩陽・めぐみのささめきらじお」も間もなく始まります。  → (第1回配信 9月30日)

▽「にゃんこい!」

ラジオ「にゃんこい!ラジオ ~常高陸上部~」も聞いてみました。

パーソナリティは、小林ゆうさんと井口裕香さんです。 小林ゆうさん、キャラの役柄のせいか、いつもよりももっとハイテンションな感じですw  キャラが入っている時と素の時との話し方の落差が激しいですw  動物の声にもなる「KOBAYASHI ZOO」も、おもしろいですw 

▽ 「しゅごキャラパーティー!」

「しゅごキャラ!」シリーズ、3年目に入ります。 今度は「パーティー!」です。

きけばい~じゃん!しゅごキャラ!じお」もいつも楽しく聴いています♪  こちらもまだまだ続きますね(笑)。

…ということで、アニメのことよりも、声優さんとラジオのことばかりになってしまいました…(苦笑)。 今度もまた、良い作品にめぐりあいそうです♪ 

最終回になった作品の中では「化物語」が特に心に残るお話になりました。 ほかにも、「青い花」、「東京マグニチュード8.0」、「シャングリ・ラ」、「うみものがたり」などが印象に残りました。

▼ 同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

※ 「名前」と「本文」以外は省略できます。

  • ※ 必須
  • ※ 必須
  •  → 確認ページ (メールアドレスの記入があっても公開されません)
10 ← 2019年11月 → 12
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)