\ えぬすぴブログ

 #716  <<アニメ>>

「けんぷファー」 第1話

“ある日起きたら、女の人になっている”…なんて。

本当に、「夢」じゃなかったらいいのに。

元に戻らないで、そのままずっと続いたらいいのに。

ボクにとっては、本当の「夢」にならないで欲しいお話です。

以前だったら、毎日のように朝起きた直後から憂鬱でした…。

起きたら「男性の生理現象」があって、トイレに行って、顔を洗って、手触りだけで分かるくらい伸びたひげを確かめて、1日の中で唯一自分で鏡を見るのはひげを剃らないといけない時で…。

当たり前のように繰り返されて、おそらく数十年続くことになって「終わり」がなくて…。 頭の中も「ケモノ」みたいになって…。 そんな風に毎日、自分の体の性別を思い知るのが「日課」でした。

当然、自分のことを「女の人」だと考えることなんて、思い付くはずがありません。

それでも、ずっと先まで続くことだとあきらめていたことが一応止まっていますので、以前と比べれば「憂鬱度」はかなり少なくなっています。

今もお薬で抑えているだけなのですけれども、本当に戻りたくないです…。

ぬいぐるみ(ハラキリトラ)の声ですが、本当にあの「しずかちゃん」(ワカメちゃん)のような声でした。 と言うか、正真正銘のご本人なのですから当たり前ですw 

でも、いくらぬいぐるみとは言っても、あの「内臓」は…痛そうです。(≧-≦; 

第4回のウェブラジオによると、商品化される予定まであるみたいですが(汗)。

新井素子さんみたいに「ぬいさん」と会話することまでできる方だったら、きっと見ていられないんじゃないかと思います…(汗)。

そう言えば、「変身した後も声が変わらないので、なるべくしゃべらないようにしている」という設定ですが。 アニメの方では男の子の方も女の子の方も同じ女性声優さん(井上麻里奈さん)で、女の子の声です。

「いいなー、うらやましいな…」と思ってしまいます(苦笑)。

声に関しては、自分の意志で出さないようにもできますし、この文章にだってボクの「声」まで付くわけではありませんから、何とかなりますけれども…w 

「けんぷファー」(ドイツ語で戦士)というタイトル通り、バトルが中心のお話ということもあって「らんま1/2」に似たような印象です。

少し(?)エッチな言葉遣いなどもありますが、コメディータッチなお話で、性別のことで深刻な展開になる様子もありません。 普通の気持ちで見て行けそうです。

「男の子が女の子に」という要素のある作品はアニメでも多くなっていますので、寛容になっている人も多いんだろうなーと思えます。 もちろん、見た目がほとんど女の子で「かわいい」というのもあるからなのでしょうが。

「けんぷファー」も10巻以上も続いているシリーズということも分かりました。 「気持ち悪い…」と感じる人ばかりではないと思えますので、ボクも少しだけ心強くもなれます。

FC2ブログ > ジャンル:アニメ・コミック > テーマ:けんぷファー

▼ 同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

※ 「名前」と「本文」以外は省略できます。

  • ※ 必須
  • ※ 必須
  •  → 確認ページ (メールアドレスの記入があっても公開されません)
10 ← 2019年11月 → 12
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)