\ えぬすぴブログ

 #745  <<日記>>

同窓会の連絡

ごく限られた友だち以外で、ボクへの用事で電話が来ることは‘まれ’なことなので、いつものように電話に出た。 最初は気づかなかったけれど、中学の時の同級生からで、同窓会の連絡だった。

突然のことで、いっぺんに気持ちが動いた。 20年ぶりくらいになるから、とても久しぶり。

数年前に高校の同窓会に出たのは、そのころの気持ちの行き詰まり、と言うか勢いみたいなのもあったからできたことで、共通のお話もなかなかないから難しいこともあって。 と言うか、それまでは同窓会みたいなのがあったら出席するものという感じで、あまり深く考えていないようなところがあった。

中学のころも友だちらしいことをしていなかったから、共通のお話もできなくて困ることになるとも思ったのだけれど…。 出席する返事をした。

知っている人ももちろんいるから人見知りするだけではないし、今度はいつになるかも分からないし、出ないよりも出てみた方が良いとも思うし…っていうのは、後から落ち着いて考えた理由(苦笑)。

それから「ちょっと、びっくりするかも…」みたいに話して、その後どうしようかと思ったけれど、隠すこともないかなと思ったので、自分の「性別」のことも打ち明けちゃった(笑)。

学校でみんなと話すこともほとんどなかったので、ボクの内心の気持ちのことなんて誰にも分からなかったというのも当然のはず。 何よりもボク自身が自分の気持ちをよく分からなかったくらいなんだから(苦笑)。

一度話してからは、たくさん言葉が出てくるような感じになって、細かいことまで話してしまって「女の人の服は着ているけれど、女の人には見えないから」ということも…(苦笑)。

お話を聞いてもらえて、気遣ってももらえて、良かった…♪ 

今の方が体が楽な感じで過ごせているのは確かなことでもあるから。

昨日のテレビを見て、中学のころのことも思い出しながら…という時だったので、とても不思議なタイミング。 日記の続きを書いた後に、改めて今日のことも書いた。

昨日と今日と続けてとても寒かったけれど、そういう日ばかりでなくて暖かい日もあるから大丈夫、と思える。

中学のころよりは今の方が、体のことでははるかに楽な感じで過ごせるのは確かなこと。

「体」のこと「性別」のこととして考えるとイヤだったという意味なので、それ以外のことではもちろん、良いことが何もなかったと思っているわけじゃない。

イヤなことがそのままずっと続くわけではなくて、少しでも少なくすることができると感じられて、良いと思えることもあるから。

▼ 同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

※ 「名前」と「本文」以外は省略できます。

  • ※ 必須
  • ※ 必須
  •  → 確認ページ (メールアドレスの記入があっても公開されません)
10 ← 2019年11月 → 12
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)