\ えぬすぴブログ

 #762  <<>>

友だちとの「距離感」

君に届け」のアニメを見てきて、あんな風にあたたかくお互いに好きで大切に思える気持ちがあったらいいなと、よく考えます。 とても好きになれるお話なのは確かなのですけれども、恋愛ということもあるので複雑にもなります…。

それは置いておいて、共感できることもあります。

爽子の感じる「友だちとの距離感」と言えそうなものです。 どういうことで「友だち」になるのか、そのことで色々と考えてしまうようなところが、痛いほど伝わってきます。

もっと親しそうにしているのが友だちだから、自分とでは「友だちじゃない」というようなことを言って大きく誤解させてしまったりとか、何となく他人行儀で呼び方を変えるのも一苦労だったりとか、ボクにも心当たりがあり過ぎて他人事とは思えません。

ボクの場合、子供の頃は「友だちを作りたい」というようなことは考えなくて、「自分に友だちができることを思い付かなかった」という感じでした。 今になってもずっと、その感じが残っていますけれども。

一人でいて考えている方が楽なような気持ちにもなっていました。 ペースを合わせるのも苦手で、一言で言えば自己中心的です。

そんな感じで長い間過ごして…。

友だちがいるという感覚」を最初に感じ取れたのは、まだ6年ほど前のことです。 ネットを通じて友だちができて、気持ちを伝え合うことができてからでした。 最初はセクシャルマイノリティということから知り合えた人たち、それからコミュニティサイトを通して知り合えた人たち…という感じでした。 「初めて」と思えるようなこともたくさんありました。

お話しすることもできるようになっていって、友だちとのチャットでも丁寧語になっていたのを‘普段語’にして話せるようになったのも、今でもよく覚えています。

ただ、「友だちの範囲」がよく分からなくもなっていきました。 どういうことを知って、どういうことが分かって、どういうことを話せるようになれたら「友だち」になるのか、その辺りがとてもあやふやでした。 今でも同じような感じです。

あと、「自分の体(性別)のことばかりになっていて、本当は友だちのことを大切に思っていない」という気持ちがはっきりするようになりました。 それから、お話することもできなくなって、自然に連絡も途絶えるような形になりました…。 心の底で裏切っているのと同じように感じられて、ボクの方から「友だちになって欲しい」という風には考えられなくなっていきました。

受け身なのに、わがままでごめんなさい。 今でも根深く残っていて、「性別」のことばかりなのは変わりません…。 そして、これからも続いていくと思います。

ボクのことをよく知っている人ほど、色々なことで戸惑わせたり困らせたりしているはずなのですが、それでも依然として「友だち」と思ってくれている人――そういう「大切な友だち」のことは、さすがに分かります。

はっきりとした形で知らせてもらえないと、気付けないことも多いのですが…。 それで気持ちを支えられていると感じることもできます。 うれしいことです…。

「体で感じること(性別のことで嫌なこと)よりも、心で感じること(気持ちを思うこと)を大切に…」というのは、これからも心がけるようにしていきたいです。

▼ 同じカテゴリーの記事

コメント

かのん :
愛情とか友情とかに定義なんてないから、
自分が大切な友達って思えるのなら
もうその人はユイにとって友達なんだと思うよd(*ゝ∀・*)b
どこまでが友達・・なんて範囲もないしね♪
友達がいるって思えることが幸せなことなんじゃないかな^^

ユイははっきり言わないと気づかないことが多いからね(笑)
わがままでいいと思うよ。
性別のことばっかり思ってしまったり、とてもマイペースだったり、そういうのがユイの個性だと思うから^^
心で感じることが大切だよね(≧▽≦)ノ
ユイ : >かのん
メッセージ、どうもありがとう♪ 
(*^-^*) 

本当なら友だちになるのを「考える」なんてことはしないで、心で「感じる」ことが自然なのかも知れないけれど。
ボクは何でも考えちゃうので…。

特に人の気持ちのことになると、距離感がよく分からなくて、ぶつかったり離れたりってことになりそう。
(;- -)゜゜゜ 

本当にはっきり言われないと気付かなくて、とても困らせてしまうこともばかりで、ごめんなさい。わざわざ言わなくてもよく分かっているはずだよね。
(; ̄∇ ̄)″ 

でも、後になってからでも気付けるようにもなれたのが、少しは成長したことかも。本当にたくさんのことを教えてもらえているおかげだよ♪ 
いつもとても助かっているよ。
(*・ ・) 

ボクが「性別」のことばかりなのも分かっているのにそんな風に良く思ってもらえているのが、とても幸せでうれしいことだよ…♪ 
いつも、ありがとう。
(*- -)″ 

コメントの投稿

※ 「名前」と「本文」以外は省略できます。

  • ※ 必須
  • ※ 必須
  •  → 確認ページ (メールアドレスの記入があっても公開されません)
10 ← 2019年11月 → 12
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)