\ えぬすぴブログ

 #880  <<アニメ>>

見たアニメの感想(続き) ※注意※

( ※ アニメの感想の続きですが、ここからはエッチなのがあるので前のと分けました。苦手な方は全部読み飛ばして下さいね。)

ボク自身のことで、意外に思われそうなことだけれど。

実際のこととしてではなく「お話」として感じられるものなら…という条件付きだけれど、エッチな表現があってもあまり気にしないでいられる。

もうあまりないけれど、気持ちを紛らわせるようにそういうマンガも読んだりゲームでも遊んだりしていたし、今でもアニメなら見ているわけだし(笑)。

恋愛の経験もないし実際に考えられないけれど、架空のことだとして「もしも自分が女の人の体だったらふれあう恋愛もできる」みたいには考えられるから、ふれあうこと自体を毛嫌いしているわけでもないと思うし。

ただ、嫌いとか苦手とかに関係なくて感性が鈍いだけだから割と大丈夫なのかも…と思える今日この頃でもあるんだけれど…(苦笑)。

▼「B型H系」

エッチなお話なのは事前にわかっていた。 公式サイトのあの「…100人できるかなっ」のプロモーションもインパクトがあったから(苦笑)。

でも、「実際の恋愛経験はない」というところに、近い気持ちを勝手に感じて興味を持つようになっていた(照笑)。

アニメを見てみると、笑いどころも多いお話だった(笑)。 時々出てくるエロ神もおもしろいし(笑)。

エッチなことに興味があるのもおおっぴらにしていて、とんでもない「妄想力」まで持っている山田(名前は不明)。 相手のことはおかまいなしに、勝手な思い込みだけで突っ走る行動力がすごすぎ(笑)。

ごく平凡のタイプということで「とりあえず」のターゲットとしてロックオンされてしまった小須田くんが気の毒(ラッキー?)に思えてしまうくらい(苦笑)。 ただ、実際の恋愛経験は全然ともなっていないこともあって、いざとなるとあたふたしてとんでもないことばかりしてしまう山田の様子がおもしろくてかわいい感じもした。

あと、田村ゆかりさん(山田役)が歌っている OP と ED、どちらもかわいい歌で合っている感じがした。

▼「聖痕のクェイサー」

OP と ED がまたかっこいい感じの新曲になっていた。

内容の方は相変わらずで、放送版は規制が入っているとは言っても R-18 的な要素も多いので、苦手な人には向いていない。 テレビだけでなくネットでも公開されて見られるようになっているけれど。

特に今回の「#13 含鉄泉の夜」では舞台が温泉ということもあって、予想通りいつもより「おふざけ」がひどすぎな感じ(照)。

それから、「ツンドラ坊主」なサーシャの性格が一変して女の子っぽくなっていて、更にややこしいことに。 悪い魔女に「呪い」をかけられているとか、「病気」とか、ボクまで何かドキッとさせられた…。 もうそんな風に、誰かの意志がはたらいているみたいには思っていないはずだけれど、まだ色々なことを考えてしまうから…(苦笑)。

史伽さんにはショックなこともあって、ちょっとかわいそう。 大きさなんて関係ないのに、自分を卑下しすぎだし…(苦笑)。

このごろは、ボクの中にも「ソーマ」みたいなのがあれば役に立てるのに…みたいに考えてしまう(爆)。 お莫迦なことで無理なのはもちろん分かっているけれど(苦笑)。

アニメの中でエッチだったり痛そうだったりして、ちゃんと見ていられなくなるようなシーンもあるから、演じている声優のみなさんも大変そう。 いつも迫力があってすごいと思っているけれど、心に負担がかかり過ぎるようなことがなかったらいいな…。

▼ 同じカテゴリーの記事

コメント

コメントの投稿

※ 「名前」と「本文」以外は省略できます。

  • ※ 必須
  • ※ 必須
  •  → 確認ページ (メールアドレスの記入があっても公開されません)
10 ← 2019年11月 → 12
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)