\ えぬすぴブログ

 #  [スポンサー広告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 #1789  [

トランスジェンダーへの医療サポート [ #トランスジェンダー ]

このごろはツイッターの方をよく見て書いている。 これからも、リアルタイム性の強いのはツイッター、色々まとめて書きたい時はブログという風に使い分けていくつもり。

オリンピックの方は、卓球もサッカーも終わったので観戦は一段落した。

友達と食事を一緒にすることがあっても、「性別」の話にはさっぱり関心がないので「難しい」とか「考えすぎ」とか言われておしまいになってしまう。 これは仕方のないところがあるかも。

結局はこうして一人静かにして書くことで気を済ませようということになる。

▽ トランスジェンダーへの医療サポート

今日は「LGBTの医療」という記事を見て、改めて考えてみた。

これまでにも色々な記事を見てきたけれど、トランスジェンダー向けの「医療サポート」がどういう状況なのか、よくわからない。 高額なSRSは無理なことだとしても、正式にホルモン療法できる所があるなら。 1本の注射が、とても遠く感じるので……。

LGBT関係の「心のサポート」や交流をするコミュニティは全国にたくさんあるみたい。 ただ、「体のサポート」のことはよくわからない。 「LGB」についてはあまり必要ないからというのがあるからかもしれない。

近くで「注射」できる所の病院を探しても見つからなかった。 専門クリニックが集中した都会に行くこと以外の方法もあったら良いのだけれど。

わたしが個人輸入しているところをずっと変えてない、これまで何のトラブルもない。 それでも、公的には色々な「警告」が出ている。 『わたぼく』でも、お医者さんの「幸せになりたいなら……」というセリフもあったし。

ざっと検索しただけでこんな感じ。

これくらい厳しい方が、軽い気持ちで手を出して後悔する人が減って良いかもしれない。 基本的に自己責任だし、継続的に服用すれば永久的に「不妊」になるみたいに後戻りできない作用もあるし。

わたしの場合、14年近くほぼ毎日服用してきているわけだけれど、女性化以外の目立った「副作用」はないので、危険という実感はない。 専門の検査などを全然していないのは良くないと自覚はしているけれど。

意志の力で女性ホルモンが出るんだったらいいけれど、それは無理な相談なので。

男性の生理現象がなくなるなど、体の不快感が減ったので、少しは人心地付くようになれたのがとても大きい。 こうして色々と話せるようになれたのもそのおかげ。 これからも続けたい。

※ 「体」のサポートをしてくれる所も欲しいです。 場所は栃木県、群馬県、埼玉県(北部)なら近いです。 高額になるのなら無理になるのですが、わたしの様な「女性」でない人でもホルモン補充療法などを受けられる病院やクリニックなどにお心当たりのある方がいらっしゃったら、教えていただけるととても助かりますのでお願い致します。

▼ 追記 (2016-08-23)

もしも注射などをする時に「自己責任」みたいな書類が必要なら全部サインするつもり。 それで、もしも体調が悪くなったとしても全部受け止める。

近くにあったとしても経済的に大変なのは同じでも、そういう場所があるとわかるだけでも心強い気持ちになれそう。

 #1788  [性別関連

一橋大で亡くなった学生の遺族が語る思い

遺族へのインタビューもあって、普通のニュースからではわからない、もっと「真実」に迫った生々しさも感じられた。

ゲイだということをアウティングされた後でも、授業を休めないというプレッシャーはとても大きかったはず。 出席すれば、その相手の顔を見ないわけにいかない。

授業に出るだけでも休み時間に吐いてしまうような状況。 “体が硬直し、息ができなくなって吐いた”というくらい。

そして、最後はとても怖かったはずで……。

記事を読んで、遺族の「もっとこうすれば良かった」という後悔もとても伝わってきた。

それから、亡くなった翌日の大学側の両親への説明が「ショックなことをお伝えします」「息子さんは、同性愛者でした」という風に始まったそうだ。

これだけでも、認識のひどさが伝わってくる。 そして、裁判では「人知の及ぶところではない」と責任を否定しているそうだ。

似たようなことはもっと起こっているはずで、そういうことを解決できる仕組みがしっかりできると良いと思う。

わたしの場合、初めて会った人にもカミングアウトするくらいだけれど、それでも「アウティング」は怖い。

もしも、ネットなどで不特定多数の人たちに本名などが広く知られることになってしまったら、と思う。 今までのように外に出かけることもできなくなって、また「逆戻り」してしまいそう。

本当の友達だったら、「大切なこと」を聞いたらしっかり考えていて欲しいと思う。

 #1787  [性別関連

インドネシアでの「LGBT危機」 #LGBT

記事をとても短く要約すると、インドネシアではLGBTの人々に対して次のようなことが行われているということだ。

  • 偏見に満ちた虚偽の発言。
  • 嫌がらせや暴力などがあっても、政府が基本的な保護策を怠っている。
  • 生活に関する「プロパガンダ」を禁止。
  • 身の安全や表現の自由の権利の侵害。
  • 権利運動を「核爆弾より危険」と言われる。
  • 強制的な「リハビリ」
  • 精神科医師会が、同性愛者やトランスジェンダーのアイデンティティーを「精神疾患」と公言。
  • LGBT連帯デモを暴力的に弾圧。
  • その一方で、LGBTの組織や人々への「殺人予告」を野放しにする。

何と言うか、ひどすぎる。 インドネシアだけでなく、特に中近東やアフリカなどでは今でもとても厳しい状況の所が多いのだけれど。

文化の違いがあっても、すぐ近くのタイと比べてもだいぶ違う。

「現在形」で語られることのように思えない。 いったいどのくらい昔まで時間を遡ってしまっているのか。

早く「世界標準」にまでは良くなって欲しい。

 #1786  [日記

タブレットをゲット

実は、Tabletをもう手に入れている。

他にも色々と使うつもりだけれど、一番の動機は Android版の「Deemo」を PLAY するため。 そして、「VOEZ」も。

 → Deemo - Google Play の Android アプリ

Vita版のバージョンアップが待てなかった。 あと、友達がPCを使っている時でも、Tabletがあれば不便じゃないだろう、という理由も。

「性別」のことと比べてお金を使う順位を目先のことに向けてしまっている気もするのだけれど……。

決して衝動買いではない(たぶん)。 「Amazon」や「価格.com」などでスペックの比較やレビューなどを参考にして、どれにするか考えた。

価格が高いのは最初から除外。 何しろ、このくらいの買い物は Vita 以来のことなので。

そして、「YOGA Tablet 2-830L」(8インチ) に決めた。 スマホもSIMカードも持っていないけれど、とりあえずのSIMフリー。

YOGA Tablet のモデルは 2 から 3 になって、なぜか画面解像度(1920x1200 → 1280x800)とメモリ容量(2GB → 1GB)が下がってしまったというのが気になったので。

 → 価格.com -タブレットPCの比較表(YOGA Tablet 2-830L 59428222 SIMフリー、YOGA TABLET 2-830F 59426326、YOGA Tab 3 8 ZA0A0004JP SIMフリー、YOGA Tab 3 8 ZA090019JP)

安かったのと、ユニークな形をしているところも気に入った。 縦に持つ時は安定してつかめる感じがする。 重さは429グラムなので、あまり重く感じない

microSDカードが使えてアプリを移すこともできたので、本体の容量(16GB)は大丈夫っぽい。

バッテリー容量は見かけ通り大きめ(6400mAh)なので、出先でも気にならないと思う。 

Android はバージョン4.4だったけれど、5.0(Lollipop)にバージョンアップできた。

DOLBY AUDIO があってサウンドも良いと思う。 これも大切なポイント。

本体にスタンド(真ん中に穴付き)が付いているので、本体だけで立てて置いたりフックに掛けたりもできる

スタンドを使わずに平らな所に置いた時でも微妙な傾斜ができるのが特徴。 Deemo や VOEZ などではかえって遊びやすいように感じる。

Vita よりもずっと画面が大きくなって、PLAY感覚が大きく変わった。 手や指をかなり自由に大きく動かせるようになったので、より演奏している感じになれる。

ピアノやキーボードがミニ鍵盤から標準鍵盤に変わったくらいの感じに近いのかも。 Vita の方に戻ってもすぐに慣れるので、感覚の違いが新鮮で良い。

あとは、電子書籍も気になる。 何しろ場所を取らない。 マンガや本が多くて、後片付けが苦手……。

これからも末永く活用していきたい。

07 ← 2017年08月 → 09
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--



 Google サイト内検索

▼タグ(抜粋)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。